フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 人口が半減すれば   梅崎春生 | トップページ | 切手集め   梅崎春生 »

2016/08/17

クツの付属物   梅崎春生

 

 大体どんな商売でも、取引きが成立するまでに、その商売人と客との間に、どういう形でかの会話をともなう。たばこ屋に行けば、何というたばこを何個、肉屋に行けば、何肉を何グラム、と客がいい、毎度ありがとうございます、と物が渡される。

 ところが会話の不必要な商売もある。たとえばふろ屋。湯銭をぽんと番台に置けば、自動的に入湯の権利が得られるから、会話の必要がない。地下鉄の切符売りも、大体会話はいらない。

 街角の靴みがきもそうだ。台に靴を乗せることが、みがいてくれという意志表示である。だから靴みがきは、黙ってせっせとみがく。みがき終れば、みがき代はきまっているから「いかほど」なんて客も聞かない。黙って渡すだけだ。わずかな金だから靴みがきも、毎度ありい、なんていわない。

 ある靴みがき屋さんに聞いた話だが、長年靴みがきをやっていると、本来なら足に靴が付属しているのだが、それが逆に見えてくるという。つまり靴が本体で、足はその付属物で、台の上の靴が動かないようにつめ物の役目を果たしているだけだ、と見えてくるらしいのである。足が付属物だから、その足につながる胴体や頭も靴の付属品で、すなわち人間全部が靴の付録ということらしい。

 商売商売によって、人間の見方、評価のしかたが違うもんだと、私は感心した。

 

[やぶちゃん注:本篇は昭和三三(一九五八)年六月二十日附『毎日新聞』掲載。底本は沖積舎「梅崎春生全集 第七巻」に拠った。]

« 人口が半減すれば   梅崎春生 | トップページ | 切手集め   梅崎春生 »