フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 流感記   梅崎春生 | トップページ | ハゼ釣り記   梅崎春生 »

2016/08/23

未見の風景   梅崎春生

 

 実を言うと、私はあまり風景には興味がない。子供の時からそういう傾向があった。遠足などに行き、失しい景色に接すると、ああきれいだなあと眼を輝かしはするが、三十秒も見ていると、倦きてしまうのが常であった。人間と違って、変化がないから、倦きてしまうのである。

 だから現在の私の小説には、あまり風景は出て来ないし、出て来ても描写に生彩を欠いでいる。(といって、人間描写に生彩があると、威張っているわけではない)

 しかし、昭和二十二三年頃書いた小説には、大いに風景を取入れた。その頃私は戦争小説をいくつも書いたから、そして戦争というものは室内で行われるものでなく、大体風景の中で行われるものだから、小説の中に風景を取入れざるを得なかったのである。

 その頃私は、行ったことのない国々、たとえばフィリッピンやブーゲンビル、またはシベリアなどを舞台とした戦争小説を度々書いた。そういう異国の風物を叙述するのに、たいへん苦労した。いろいろと人に聞いたり本で調べたりして、苦心を重ねたが、そのかわり張り合いがあつた。眼で見ぬ風景の描写だから、張り合いがあったのだろう。これがこの眼で見た風景なら、さほどの情熱は湧かなかっただろうと思う。

 で、その未見の風景描写は成功したかというと、半分成功し、半分成功しなかった。たとえばフィリッピン小説の場合、私同様フィリッピンに行ったことのない読者からは、実に現地にいるようだとほめられたが、フィリッピン行きの経験のある読者からは、首をかしげられた。

「日の果て」を書いたあと、しばらくして野間宏に会ったので感想を訊ねると、「フィリッピンで人間はあんなに速く歩けるもんかねえ」と首をかしげられたので、私はたちまち狼狽、あとの感想を聞く元気をうしなった。いくら技巧をこらしたって、やはり体験者にはかなわない。すぐに見破られる。

 今度未見の風景描写をやるとすれば、火星小説でも書く他はない。火星に行った人はまだ誰もいないのだから、その小説における私の風景描写は、おおかたの好評を博するであろう。

 

[やぶちゃん注:昭和三三(一九五八)年四月号『群像』初出。底本は沖積舎「梅崎春生全集 第七巻」に拠った。私は結果的に梅崎春生の遺作となった畢生の名作「幻化」の風景描写は、どこも皆、飛び抜けて優れていると思っている(リンク先は私の『梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注』PDF一括縦書版。ブログ版分割がよろしければこちらで)。

「フィリッピンやブーゲンビル、またはシベリアなどを舞台とした戦争小説」例を挙げると、「フィリッピン」は「ルネタの市民兵」(昭和二四(一九四九)年八月『文芸春秋』初出)、「ブーゲンビル」は「B島風物誌」(昭和二三(一九四八)年八月刊『作品』(季刊誌)初出)、「シベリア」は「赤帯の話」(昭和二四(一九四九)年『文学界』初出。リンク先は私の電子テクスト)などである。

「日の果て」昭和二二(一九四七)年九月刊『思索』(季刊誌)初出。

『野間宏に会ったので感想を訊ねると、「フィリッピンで人間はあんなに速く歩けるもんかねえ」と首をかしげられた』野間は昭和一六(一九四一)年に応召し、中国やフィリピンを転戦している。野間と梅崎は同年齢で誕生日も、八日、梅崎の方が早いだけである。]

« 流感記   梅崎春生 | トップページ | ハゼ釣り記   梅崎春生 »