フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之一 同國最上領山寺の事 | トップページ | 夏の朝は »

2016/08/15

好きな作家   梅崎春生

 

 配達される郵便に混って、毎日一つか二日に一つぐらい、アンケートの葉書がある。往復はがきで、その復の方に答をしたためて返送する仕組みだ。私はたいていそれに答えない。理由は二つある。一つはたいていその質問が答えにくくできている。もう一つは、返事をしても金をくれない(まれにはくれるところもある)からである。

 アンケートでも答えないが、面と向かっての質問で困らさせるのは、好きな作家、尊敬する作家はだれか、という問いだ。

 私には好きな作家はいない。きらいな作家はいる。もちろんその人間でなく、作品がきらいな作家のことだ。これは指を折って、次々に名前を上げることができる。そのきらいな作家をのぞいた残りが、好きな作家とならないか。それはならない。その残りの中で、私が関心を持たない作家がずいぶんいるからだ。関心がないことは、好きということとずいぶん違う。

 では、それをのぞくと、どうなるか。だんだん数は減ってくるが、それらの作家に私は関心を持っている。それも一様の関心ではなくて、関心の強弱がある。

 では、強い関心を持っている作家が、好きな作家といえないか。

 それはいえない。関心と好悪とは別ものである。

 好きな作家はいないぐらいだから、ましていわんや、尊敬する作家なんか、古今東西、一人もいない。尊敬という感情を、物心ついて私はだれにも持ったことはない。

 

[やぶちゃん注:本篇は昭和三三(一九五八)年一月十四日附『毎日新聞』掲載。底本は沖積舎「梅崎春生全集 第七巻」に拠った。

 底本では以下、「M式二十一箇条」まで、「宇宙線」という総標題パートにあるが、調べる限り、この「宇宙線」は『毎日新聞』のコラム欄の標題であって彼の附したそれではない(以下、この注は略す)。]

« 譚海 卷之一 同國最上領山寺の事 | トップページ | 夏の朝は »