フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 合歓の花 | トップページ | 宗祇諸國物語 附やぶちゃん注   千變萬化 »

2016/08/21

あまり勉強するな   梅崎春生

 

 夏休みも終りに近づいて、うちの子供たちも、たまっている夏休みの宿題の整理に大わらわである。おやじも協力を要請されて、手つだったりしているが、どうもいまの子供たちの宿題の量は、私たちが子供の時のそれよりも、ずっと多いようだ。つまりいまの子供は、昔の子供より、ずっと多量の勉強を課せられているようである。そうなった一因は、戦後とみに激烈になった入試競争にたえて行かねばならぬことであろうが、しかしこの競争というやつは、とかく人間を非人間的に育てるものである。

 現今の大学の入試競争というのは、たいへんなものらしい。

 私が東大文科に入学したのは昭和十一年で、定員四百人に志望者が三百人そこそこで、もちろん無試験で、のんびりしていた。そのころ法科の方は、四倍か五倍の競争率で、四人か五人の同輩を蹴落して入学、さらにがりがりと猛勉強、同輩をぬきん出て役人の試験に合格したのが役人となる。

 官僚というものの非人間的なつめたさ。中にひそむいやな立身主義などの一因は、その構成分子の役人たちが、学生時代に凄惨(せいさん)な競争をしてきたからではないのか。勝つためには相手をおとしいれるのも辞さぬという、あまりにも非人間的な競争の場に、若い時からしょっちゅう臨んできたからではないか、と私は思っている。

 青年よ。あまり勉強をするな! 勉強が過ぎると、人間でなくなる。

 

[やぶちゃん注:本篇は昭和三三(一九五八)年八月二十九日附『毎日新聞』掲載。底本は沖積舎「梅崎春生全集 第七巻」に拠った。本篇を以って底本の「憂楽帳」パートは終わっている。]

« 合歓の花 | トップページ | 宗祇諸國物語 附やぶちゃん注   千變萬化 »