フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之二 7 中川氏幷鳥取侯家紋の事 | トップページ | 人の師表   梅崎春生 »

2016/08/17

推理小説   梅崎春生

 

 雑誌「宝石」が江戸川乱歩編集になって以来、毎号一人か二人かの文学畑の作家に、推理小説を書かせた。結果はどうであったかというと、雑誌評なんかではあまり好評でなかった。純文学の方では専門家でも、推理小説では素人だ。素人はやっぱりだめだ。乱歩編集長も道楽はもうやめた方がいい、というような批評が多かった。

 私も書いて不評だった一人であるが、なぜ私が書けといわれたかというと、私が推理小説好きだということになっていたからだろう。江戸川乱歩編集長が編集員を帯同、威風堂々とわが家に来訪、執筆を慫慂(しょうよう)した。乱歩先生じきじきの慫慂では、断るわけにはいかない。

 うちの子供たちなんかは、少年探偵団の団長が来たというので、大喜びであった。

 引き受けてはみたものの、さっぱり自信はない。結局一カ月延ばしてもらって、苦吟して書き上げて送ったが、あまり会心のできではなかった。その反対のできであった。果たして評判も良好でなかった。

 つまり私が推理小説が好きだということは、読むことが好きなのであって、書くことが好きなのではない。好きにも二種類あって、そこを誤解したのである。小説好きにも種類がある。

 おれは犬が好きだ、という場合、愛犬家の意味の犬好きと、犬の肉を食べるのが好きだ、という二種類がある。それとよく似ている。つまり私は愛玩(あいがん)すればよかったのに、ついあやまって肉を食べて、失敗したのである。

 

[やぶちゃん注:本篇は昭和三三(一九五八)年一月十六日附『毎日新聞』掲載。底本は沖積舎「梅崎春生全集 第七巻」に拠った。梅崎春生の推理(風)小説については「南風北風」の「多情多恨」に注したように、昭和三〇(一九五五)年九月号『小説新潮』発表の「十一郎会事件」、昭和三二(一九五七)年一月七日号『週刊新潮』発表の書簡体探偵物「尾行者」辺りがあるが、孰れも初出は『宝石』ではない。ところが、ネット上で調べてみると、彼の小説の中では本格物推理小説と言える「十一郎会事件」は昭和三一(一九五六)年十一月一日発行の『別冊宝石 文芸作家推理小説集』(第九巻八号通巻六十号)にも初出している。書き下ろし出ない以上、これを指しているとは思われない。今一つ、「カタツムリ」という推理小説(沖積舎版全集未収録で私は読んだことがない)が『別冊宝石エロティック・ミステリー 十八集』(第十一巻十号通巻八十二号)に載るが、これは昭和三十三年十二月十五日発行で、本記事後の発表である。不審。]

« 甲子夜話卷之二 7 中川氏幷鳥取侯家紋の事 | トップページ | 人の師表   梅崎春生 »