フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「新編相模國風土記稿卷之九十八 村里部 鎌倉郡卷之三十」 山之内庄 小袋谷村 | トップページ | 国会議事堂   梅崎春生 »

2016/09/06

諸國百物語卷之一 十五 敦賀の國亡靈の事

      十五 敦賀の國亡靈の事

 

 敦賀にて、あるたび人、宿にとまり、夜半のころ、せつちんへ行きて、まどより、ふと、そとを見ければ、おぼろ月夜に、うらの口に、白きかたびらをきたる女、すごすごとたゝずみゐたり。たび人、ふしんにおもひ、しばし、まほり見ゐたれども、内へもいらず。いよいよ、いぶかしくおもひて、せつちんより立ちいで、そばへよりてみれば、かきけすやうにうせにけり。いかさま、へんげの物とおもひけれども、人にもかたらず立ち歸りて、ねにけり。夜あけてみれば、ていしゆ、佛前に香華(かうはな)を手むけて、たび人にかたりけるは、

「けふはわが妻のめいにちにて候ふが、こよひのゆめにせど口(ぐち)へ妻きたりてたゝずみゐたりと、まざまざ見へ侍り」

と、かたりて、なみだをながしける。たび人、おそろしくおもひながら、ていしゆには、かたらずと云ひける。

 

[やぶちゃん注:本邦独特で、お馴染みの雪隠外(くどいが、当時の後架(厠・雪隠)は屋外に別個に建てられてあった)の怪異の連投であるが、こちらは「變化の物と思ひけれども、人にも語らず」「怖ろしく思ひながら、亭主には語らず」と徹底して言上げしなかったが故に変事が出来(しゅったい)せぬケースなのであって、この手の変化(へんげ)の物に出遇った際の、の「四 雪隱のばけ物とは対照的な、典型的な適切対応の事例の提示となっているのである。

「白きかたびら」「白き帷子」。死に装束。仏式で死者を葬る際に死者に着せる薄い白麻などで作った単衣(ひとえ)。

「すごすご」「悄悄」。気落ちして元気がなく、しょんぼりしているさま。

「しばし、まほり見ゐたれども」「暫し、守(まぼ)り見居たれども」。「まぼる」(見守る・見つめる)は濁音が普通であるが、原本は平仮名書きで濁音も清音で書いてある可能性が高い(原本は私は未見)ので問題はない。

「いかさま」「如何樣」。ここは副詞で、確かな推量を意味する「いかにも・きっと」の意。]

« 「新編相模國風土記稿卷之九十八 村里部 鎌倉郡卷之三十」 山之内庄 小袋谷村 | トップページ | 国会議事堂   梅崎春生 »