フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之二 11 佐野肥後守發句の事 | トップページ | ヌード撮影場   梅崎春生 »

2016/09/07

諸國百物語卷之一 十六 栗田源八ばけ物を切る事

      十六 栗田源八(くりたげんはち)ばけ物を切る事


Kuritagenpati

 びんごの國艫(とも)と云ふ所に栗田源八郎と云ふ人あり。あるとき、屋敷のうしろに草ぶかき野ありけるが、行きてあそびゐられければ、大きなる栗の木のまたに、年のころ、六十ばかりなる女、かね、くろぐろとつけ、しらがなる髮を四方へみだし、源八をみてにこにこと、わらふ。源八、をどろき、立ちかへり、さらぬていにてゐけるが、その夜、月くまなくてりかゞやきてをもしろかりしに、源八、ゑんに出で、月をながめゐけるが、何とやらん、物すごくおぼへければ、障子をさして、内に入り、をきもせず、ねもせでゐければ、晝見たりし女のすがた、月かげに障子にうつろひみへけるが、すさまじき事云ふばかりなし。源八、おどろき、刀をぬきくつろげ、内へいらば、ひとうちにせん、とかまへゐければ、くだんの女、しやうじをあけて、すでに内にいらんとする所を、源八、心へたり、とて、刀をぬき、よこ切りにてふどきる。ばけ物きられて、すこしよわると見へしが、源八も氣をうしなひ、そのまゝ絶死(ぜつじ)しけるが、きりけるときに、

「あつ」

といふこゑにおどろき、をのをの出であひ、見ければ、源八、いきたへてゐける。をのをのおどろき、氣つけをあたへければ、やうやう氣つきて、はじめをわりをかたりけると也。

 

[やぶちゃん注:本話も「曾呂利物語」巻二の「四 足高蜘(あしだかぐも)の變化(へんげ)の事」とほぼ同話であるが、「曾呂里物語」では場所は「ある山里」、主人公は無名の男で、表題で判る通り(挿絵でも縁先で巨大な蜘蛛を斬る情景を描く)、「曾呂里物語」は最後に、「大(だい)なる蜘蛛の足ぞ切り散らしてぞ侍る」とあって、変化の正体を明かす。本篇でも初出出現時が「栗の木の」股であること、「かね、くろぐろとつけ」(蜘蛛の体色を暗示)、「しらが」(白髪)「なる髮を四方へ」乱している(蜘蛛の巣や吐く糸のシンボライズ)点では確かに考えてみれば蜘蛛の変化とは読めるようには書かれていることが判る。但し、私には「曾呂里物語」の挿絵は恐怖感減衰もいいところで、本篇の妖婆であり続けて終わる方が好ましい。挿絵の右キャプションは「栗田源八ばけ物にあふ事」。

「びんごの國艫(とも)」現在の広島県福山市鞆(とも)地区の沼隈(ぬまくま)半島南端にある鞆の浦(とものうら)であろう。

「栗田源八郎」底本では「郎」の右に編者によるママ注記が附されてある。

「かね」「鐡漿(かね)」。お歯黒。

「うつろひ」「移ろひ」で、これはこの語本来の原義で用いている。「移ろふ」は、自動詞ラ行四段活用の未然形「移ら」に、反復・継続を表わす上代の助動詞「ふ」が附いた「移らふ」が転じて自動詞ハ行四段活用動詞化したもので、「ある主体が場所を変える・移って行く」の意である。実にリアルに、実際に読者が源八となった怪奇映像を動的に見せているのである。

「くつろげ」「寛げ」(他動詞ガ行下二段活用「寛ぐ」の連用形)。(抜身の太刀を)力まずに、ゆるりと持って。

「心へたり」「心得(え)たり」。歴史的仮名遣は誤り。

「ふど」「すっぱりと(斬る)」の意の副詞「ふつと(ふっと)」か、或いは、物が切れる「ぶつと(ぶっと)」(前と合わせて孰れもオノマトペイア)の短縮強調形(前者は濁音化が強調形)であろう。

「あつ」源八が斬り込む際に叫んだ「タアッツ!」といった声であろう。]

« 甲子夜話卷之二 11 佐野肥後守發句の事 | トップページ | ヌード撮影場   梅崎春生 »