フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 法師蟬に学ぶ   梅崎春生 | トップページ | 道路のことなど   梅崎春生 »

2016/09/21

諸國百物語卷之二 十 志摩の國雲松と云ふ僧毒蛇の難をのがれし事

     十 志摩の國雲松(うんしやう)と云ふ僧毒蛇の難をのがれし事


Unsyou

 雲松といふ僧、熊野より志摩のくにへ行脚しけるが、この國に、海をかゝゑたる、よき景なる洞(ほら)ありしが、雲松、このほらにしばらくすまいして、しゆぎやう、とくどうして、あさゆふ、念佛をこたらざりしが、此ほらのうち、すさまじくなまぐさき事、かぎりなし。雲松、おそろしくをもひ、經をよみ、ねんぶつ申してゐられける所へ、にわかに大蛇、ほらより出でて、雲松をのまんと、口をひらきてまちかまへしが、此經念佛のこゑをきゝて、かしらをうなだれ、口をとぢて、ほらのうちにかへりたりける。雲松なをなを、念佛、をこたらざりし所へ、たちまち、衣冠たゞしき人きたりて、雲松をらいはいし、しばらくありていわく、

「われはこれ、此ほらのぬし也。このほらにすまいする事數萬年也。つねに人けだものをゑじきとする事、そのかずをしらず。今、たつとき僧のこれにましまして、ねんぶつのこゑをきゝて、われらがあくしん、ことごとく、めつせり。こよひの雨は、われらがよろこびのなみだなり。わがかたちの大なる事、この雨にてしろしめすべし。今よりのち、いよいよ惡心をひるがへし、佛道にいらんことの有がたさよ」

とて、かうべを地につけ、らいはいしてうせさりぬ。

 

[やぶちゃん注:挿絵の右キャプションは「僧とくしやの難をのかるゝ」か。なお、この挿絵は雲松の顔面部分が頭部全面が痘瘡も痕のように無惨である。当初は毒龍の腥い息のために爛れているのかと思ったが、話柄から見ても、どうもただの著しい汚損としか思われない。原本を確認出来ないのでどうしようかとも思ったが、あまりにも雲松が哀れに感じ、恣意的に顔面部のみを拡大して、違和感のないように清拭処理を施した。大方の御批判は甘んじて受ける者である。

「しゆぎやうとくどうして」「修行得道」。歴史的仮名遣は誤り(正しくは「とくだう」)。「得道」は仏道修行して悟りを開くこと。「悟道」に同じい。

「をこたらざりしが」「怠らざりしが」。歴史的仮名遣は誤り。

「らいはい」「禮拜」。

「ゑじき」「餌食」。

「われらがあくしん」「我らが惡心」。

「めつせり」「滅せり」。]

« 法師蟬に学ぶ   梅崎春生 | トップページ | 道路のことなど   梅崎春生 »