フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 人間回復   梅崎春生 | トップページ | 日本的空白について   梅崎春生 »

2016/09/15

諸國百物語卷之二 四 仙臺にて侍の死靈の事

     四 仙臺にて侍(さぶらい)の死靈(しれう)の事

 

 奧州仙臺にて、あるさぶらひ、主人の命をそむき、東岸寺(とうがんじ)と云ふ寺にて腹をきりけるが、此さぶらひを、さうれいせんとて、棺(くはん)の中へいれ、まわりに僧十人ばかり、つきゐけるが、夜ふけて、僧たち、いづれもねぶられけるに、下座に僧二人、いまだねいらずゐけるに、死人(しにん)、かの棺のうちより、はひ出で、灯(ともしび)のもとにゆきて、紙をひきさき、紙燭(しそく)をこしらへ、まづ、かわらけなるあぶらをねぶり、そのゝち、上座なる僧の鼻へ紙燭を入れてねぶり、それより、しだいに、右のごとく、ねぶり來たるほどに、すでに下座なる僧のとなりまで、かくのごとくして來たる。二人の僧、おどろき、臺所へにげ入り、をのをのに、かくとかたれば、みなみな、ふしぎをなして行きてみれば、僧たちはいづれもねいりたるまゝにて、死してゐけり。棺ももとのごとくにして有りけれども、死人(しにん)はなし。ふしぎともなかなかたぐひなき事也。

 

[やぶちゃん注:本話も「曾呂利物語」巻二の「六 しやうぎたふしの事」(將棋倒しの事)とほぼ同話。

「東岸寺」不詳。一九八九年岩波文庫刊の高田衛編・校注「江戸怪談集 中」の「曾呂利物語」の方の「將棋倒しの事」の同寺の脚注に、『同名の寺は下野国都賀郡、下総国海上郡などにあったが、いずれも該当せず』とある。

「さうれい」「葬禮」。

「灯(ともしび)のもとにゆきて、紙をひきさき、紙燭(しそく)をこしらへ」ここは実際の「紙燭」を拵えたのではない。灯火の所へ行き、恐らくはその片覆いに使われてある紙を引き裂いて、それで紙燭様(よう)のもの、紙を縒った「紙縒(こよ)り」を拵えたというのが正確な表現となるのであるが、それでは話の先を見越した表現になってしまう。読者が何故、ゾンビが「紙燭」を? と不審に思わせるところ、ここが「怪談のキモ」となっているのである。実はここが語りの上手いところなのである。

「かわらけ」「土器(かはらけ)」。歴史的仮名遣は誤り。元来は「瓦(かわら)笥(け)」で、釉(うわぐすり)をかけていない素焼きの陶器。ここは油皿(あぶらざら)を指す。

「ねぶり」「舐り」舐(な)める。しゃぶる。

「鼻へ紙燭を入れてねぶり」同前「江戸怪談集 中」の『ねぶり』の脚注に、『鼻の穴へ、こよりをさして、生者の「気」をなめ取ることをいう』とある。諸妖怪談ではしばしば認められる奇っ怪な所作である。

「死してゐけり」残念ながら、これは完全に死んでしまっているのであって、気絶ではない。]

« 人間回復   梅崎春生 | トップページ | 日本的空白について   梅崎春生 »