フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 文学青年について   梅崎春生 | トップページ | 佐渡怪談藻鹽草 高田備寛狸の火を見し事 »

2016/09/25

佐渡怪談藻鹽草 神鳴の銚子の事

     神鳴の銚子の事

 

 享保の末、相川壱丁目裏町に、庄助と言(いへ)るのみ掃買所有(あり)。生得(せうとく)實體なる男にして、佛庄助と呼びぬ。

 或時大床や町、寄床にて、人々申けるは、

「彌十郎町大願寺に、雷の銚子といふもの有。何故にかくは、呼(よび)習わし候哉(や)」

といふ。庄助言けるは、

「今大願寺の重寶にて有(ある)物を、かく申(まうす)も如何(いか)なれ共、右の壺は、元某(なにがし)が持(もち)て有しを、さる子細有て、天神へ奉納仕(つかへ)たりと也(なり)」

其故を問ふに、庄助がいわく、

「某親のときは、南澤に住(じゆう)して、富士權現の登り口に、畑を、四時の野菜を作りけるが、或(ある)初冬の頃、日和を伺ひ、其畑にて、大根を引(ひき)侍(はべり)しが、朝の氣色と替り、空かき曇り、神鳴頻りになれば、畑を捨て、宿に歸らんとするに、其内大きなる雷なりて、霰しきりに降(ふり)、又大きに電雷して、畑へ落(おつ)ると覺え、働のもの絶入(たちいり)たり。されど雷の落たるにあらざれば、各起立(おきたち)て見るに、二三間先の畑の中に、何やらんあれば、取て見るに、高さ五六寸斗りの壺なり。皆々奇異の思ひをなし、持(もち)歸りて、祕し置(おき)けるに、其後は、家内に病人抔(など)絶えず、仍(よつ)て占かたを聞(きく)に、

『家内に尊き物ありて、在家のけがれ、染(そむ)故、時ならぬ病難など有(ある)よし、是は必定(ひつじやう)、此壺の有(ある)故ならん』

とて、幸(さひはひ)に天滿宮を信じける程に、彼(かの)壺を奉納したりしが、夫より家内安穩にて、折節の祈願も、思ふ儘の有ける」

と語りぬ。今も、傳へてありやとふべし。

 

[やぶちゃん注:「享保の末」「享保」は一七一六年から一七三五年。

「相川壱丁目裏町」現在の相川地区の中心に相当する位置に今も「相川一丁目裏町」と言う行政区地名で残る。今までもそうだが、二百三十八年も前(「佐渡怪談藻鹽草」は安永七(一七七八)年の成立)の、それも怪談集に出る町名が完全に今も一致して残っているとうのは京都などを除くと、極めて珍しいことである。

「のみ掃買所」佐渡金山の直下であるから、これは「鑿の掃(はら)ひ買ひ所(どころ)」と訓じておき、使い込んで欠けたり、磨り減ってしまった使用不能となった鑿を買い取る(買い取ってそれをまた鑿の製造業者に鉄屑として売る)所(恐らくは佐渡奉行公認)と読んでおく。誤りであれば御指摘戴けると嬉しい。

「佛庄助」「ほとけしやうすけ」。

「大床や町」佐渡市相川大床屋町として現存。相川の金山寄り。

「寄床」「よせどこ」と訓ずるか。髪結い床で多人数の客を収容出来るようなキャパの大きなものか。識者の御教授を乞う。ともかくも以下のシチュエーションは客が二、三人の小さな床では写真がしょぼくなる。

「彌十郎町」相川大床屋町の少し北の方に相川弥十郎町として現存する。私も見た廃野球場と見紛う近代の佐渡金鉱場の、廃墟となった巨大な円形のシックナー(金の泥鉱濃縮装置)跡が残る。

「大願寺」当該地のそれは廃寺となって現存しない。時宗。開山は慶長一三(一六〇八)年。但し、この寺、佐渡市四日町(真野湾湾奧)に現存する、貞和五(一三五〇)年に開かれた同名の時宗満松山大願寺(佐渡国府の中にあって国府川の橋の近くにある道場という意から念仏道場「橋本道場」と称された。天正一七(一五八九)年の上杉景勝の佐渡攻めで兵火に寺堂を焼かれたものの、初代佐渡奉行大久保長安が帰依し、彼の助力によって慶長一三(一六〇八)年に再建されている)が相川に開いた支寺で、参照した現存する佐渡市四日町の方の本寺「大願寺」の公式サイトによれば、この相川の方の大願寺には鎮守天神社を祀っていたとある(天神社とは菅原道真を祭祀する社でるから本篇の「天滿宮」という記載と一致すると言ってよい)。旧相川地区の「寺社調査」(PDF)にはこの相川の大願寺の項には、悪名高き神仏分離令(以前にとある知られた大きな島の廃仏毀釈のケースを調べたことがあるが、特に島嶼部に於いては、寺を焼き打ちしたり、僧に暴行を働き島外へ追放するなど、凄惨を極めた事実はあまり知られているとは思われない)により明治元(一八六八)年に廃寺となり、神官に引き渡されたとし、その廃寺となった大願寺は『順光寺跡に建』っていたと「相川町誌」に書かれている旨の記載がある(順光寺というのは相川の大願寺の建っていた場所にかつてあった浄土真宗の寺であるが、同資料に寛永一〇(一六三三)年に退転(廃寺と区別しているので衰退して島外へ移転したものか)したとある)。

「雷の銚子」現在は所在不明(以下のリンク先記載に拠る)。実に真摯な隕石探究考証の個人サイト「TUNGUSKA」の「田野浦隕石探索の記」では、本篇に出るこの雷鳴とともに落下し来った壺状(お銚子形)の物体は隕石と推定され、享保一七(一七三二)年(冒頭の「享保の末」と一致)の十月九日(グレゴリオ暦十一月二十六日:本篇の「初冬の頃」と一致)に田浦に落ちたと、相川の人が書いたとされる「佐渡国略記」に載っているらしく、その隕石の大きさは直径三十センチメートルほどのものであったか、と述べられた上で以下のように述べておられる。かなりの分量の引用となるが、この一見、「たかが怪談」に見える話が、実は現実に起った、佐渡相川での「隕石落下事件の顛末を記録した稀有の事実記載関連資料」であるの可能性を強く示唆されているものなれば、敢えて引かさせて戴く(アラビア数字を漢数字に代えさせて頂いた)。

   《引用開始》

田野浦という地名は旧・小木町にあるが、旧・相川町には北田野浦がある。相川の北田野浦という地名は近世中期までは田野浦村と称し、享保二年から北田野浦の記載が見られ、文政年間(一八一八~三〇年)以降これが通例になったと言われる。したがって享保十七年には佐渡に田野浦村が少なくとも二村あったことになる。小木、相川ともはっきりした隕石の伝説は残っていない。しかし「佐渡国略記」を書いた人は相川の人であるし、北田野浦の「堂屋敷」(お寺の前身、約百三十年前に焼失、現在は再建されて「十王堂」となっている)には雷さんの伝説があったそうである。この伝説も現在では忘れられていて詳しい内容は分からないが、雷さんが落ちて地蔵さんになったというものらしい。隕石落下の際には閃光や大音響を伴うことが多く、そのため西欧でも長いあいだ雷と混同されたという。雷さんの伝説が隕石に関係あるかもしれないが、確認するのは難しいだろう。

「佐渡田野浦村の引臼石」の文献調査をしているときに、相川町史編纂事務局の方から「神鳴の銚子」の伝説を教えていただいた。「佐渡相川の歴史資料集」によると、弥十郎町(旧・相川町弥十郎町)の満松山大願寺の宝物に「神鳴の銚子」があった。この由来は、享保の末の初冬、富士権現に落雷のような現象が起きた。しかし雷が落ちたのではなく、人々が不思議に思い近づいてみると畑に何かあり、取り出してみると高さ五寸ほどの壺であった。この銚子に似た壺のようなものを拾い持ち帰った男の家ではその後病人などが絶えず、占いにみてもらったところ壺のせいだということで大願寺の天満宮に奉納したという。「神鳴の銚子」は現在行方不明だが、隕石落下の様子とよく似ているので隕石の可能性が高い。時期が享保の末の初冬ということから、「佐渡田野浦村の引臼石」との関係も考えられる。同じ隕石が分裂したのかもしれないが、北田野浦と富士権現とは距離が離れすぎているように思える。あるいは母天体が同じで、同じ軌道だったのかもしれない。

大願寺は天満宮の別当寺である。この天満宮は享保十七年十二月二十四日に焼失している。この頃すでに奉納してあったのか分からないが気になる出来事だ。また弥十郎町は寛保二年(一七四二年)、延享五年(一七四八年)、安政五年(一八五八年)に全町焼失の大火に見舞われている。これだけ火事があれば行方不明になるのも仕方ないことかもしれない。さらに天満宮は大正五年(一九一六年)に下戸町の北野神社に併合され、大願寺は明治元年に排仏毀釈により廃寺になっている。

文献調査だけをやっても埓が明かないので京都の篠田氏と現地調査をすることになった。

一九八五年五月四日、先ずは「神鳴の銚子」の落下地、富士権現へ。旧・相川町の中心部近くで、五郎左衛門町に羽田城址公園があり、その先である。伝説によると富士権現の登り口の畑に落下したことになっているが、この城址公園がやたらと広く、どのあたりが富士権現かよく分からず敗退……。大願寺は時宗のお寺であった。大願寺の宝物はどこかの時宗のお寺に引き取られているかもしれないと考えたが、手がかりも掴めなかった。

次に田野浦村は相川の北田野浦と断定して「十王堂」へ。堂の内外におびただしいお地蔵さんが安置されていた。隕石が紛れ込んでいるのではないかと必死で探したが見つからなかった。雷さんの伝説については民宿の人などに尋ねたが誰も知らなかった。

   《引用終了》

私は読みながら、震えるほどわくわくした。

「某(それがし)親のときは」私の親の代の頃は。以上の事実と照らし合わすと、ちょっと変この台詞は親も家もそこには、もういない、もうない、感じがするのである。隕石落下は享保一七(一七三二)年十月九日で享保は二十年で終りである。この作品内時制を享保末年としても三年しか経っていない。ということは三年前まで庄助は親の元と一緒に住んでおり、そこで隕石落下事件に遭遇し、三年のうちに隕石の祟りを受け、大願寺の天満宮に奉納、そうしたら福が来(きた)った。しかし二親はその直後に死に、家は人手に渡り、庄助は現在の生業(なりわい)をするために「相川壱丁目裏町」に移り住んだ、ということになる。何か、ヘンくね?(ここはこれでやめておくが、必ず注の最後を参照されたい)

「南澤」現在も相川南沢町があるが、この町、異様な形状を成す。相川地区中心部から東の山手(金山方向)に向かって頭の大きな腹の部分が管のようになった尾っぽもある四足獣が東を向いているような形を成しているのである。

「富士權現」正確な位置は不詳。検索すると、所在地不明の相川にあった富士権現は『相川浄水場の近くだったのではないか、という人も』おり、『冨士権現は、南沢の三寺家によって祀られていたとのこと』とあった(個人ブログ「けんぱの日記vol.2」の「両津梅津(北平沢) 冨士大権現神社」のコメント)。先の引用には『五郎左衛門町に羽田城址公園があり、その先』と記されてある。ここは現在の南沢町の南三百~四百メートル圏内にあり、比定地としてはおかしくはない。

「働のもの」「はたらきのもの」。畑で作業をしていた者。

「絶入(たちいり)たり」気絶してしまった。

「されど雷の落たるにあらざれば」落雷ではなかったと断言していることに注意されたい。電光一閃や身体への電撃などがなかったことを暗に示していると読める。ますます隕石であった可能性が高まるのである。

「二三間」三・七~五・五メートルほど。

「五六寸」十六~十八センチメートルほど。

「占かた」「うらかた」で「占形」「占象」などと書き、占い師によって行われた占いの結果。「かた」は、古くは亀の甲羅や鹿の肩甲骨などを焼いたりして(亀卜(きぼく)・鹿占(ろくぼく)などと称する)、そこに生じた亀裂の形象(「かた」ち)などを見て行ったことによる)。

「在家のけがれ、染(そむ)故」在俗の家の穢(けが)れが、その尊(たっと)い宝物を汚染している結果として。

「思ふ儘の有ける」願えば願ったそのまま、思うままに成就する。

「今も、傳へてありやとふべし」「今も伝えられて現存するか、寺に問うてみるがよかろう。」。この附言は意味深長である。何故なら、本書の成立当時(安永七(一七七八)年)には既に、大願寺にその「神鳴の銚子」が今もあるかどうかは不分明であることを意味しているからである。しかし、四十六年後にこの奇体な事件と「神鳴の銚子」という不思議な物体のことが忘れらているようだから、ここに記し、「神鳴の銚子」が現存するかどうかを確認した方がいい、という本「佐渡怪談藻鹽草」の筆者による額縁はおかしくはないものの、どうもこの話柄の細部には時制上の不審がある。そもそもが享保一七(一七三二)年十月九日に隕石と思しいものが落下し、それが持ち主に禍いを齎し、大願寺に納められたという事実があったのに、その直後(本文冒頭は「享保の末」で享保は二十年で終りである)、末年としても落下からたった三年後に、髪結い床に集った面々が、このすぐ近くに落ちたはずの、「神鳴の銚子」の名は知っていて大願寺の寺宝としてあることも知っているのに、事件そのものは全く知らない、というにはどう考えてもおかしいのである。]

« 文学青年について   梅崎春生 | トップページ | 佐渡怪談藻鹽草 高田備寛狸の火を見し事 »