フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之一 天文家世界彈丸の説の事 | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 鹿の耳(3) 村の爭ひ »

2016/09/09

甲子夜話卷之二 13 新金焚て色變じたる事

2―13 新金焚て色變じたる事

是も亦何れの時にか、十二月廿一日の曉前、村松町の裏坊失火し、賈屋士宅二町餘も焚亡す。此とき商家にて、貯し所の寶貨を多く燒しものあり。然るに、近き頃改鑄ありし新金は皆銀に變じ、銀は銅に變ぜしと。新貨の位、その工人は素より辨じたらんが、常人は此時に於て、始て其位の原貨より劣れるを知りぬとなり。

■やぶちゃんの呟き

 本条は明らかに前条「2―12   似銀つかひ御仕置のとき、途中にて老職を罵る事」の改悪鋳造の事実に添える形で、皮肉に語っている(静山は本話が都市伝説の類いと知っていて、である)ことが明白である。この火災は小規模なので資料としては見当たらない。

「焚て」「やけて」と訓じておく。

「村松町」現在の央区東日本橋浜町地区内。旧町域は中央区公式サイト内のこちらで判る。

「裏坊」基礎底本では「うらまち」とルビする。

「賈屋士」「うり、や、し」と読むか。「賈」(音は「カ・コ」であるが、どうもそれで読んでいるようには読めない)は商人(あきんど)のこと、「屋」は庶民の民屋(みんおく)、「士」は武家屋敷であろう。

「二町餘」凡そ九千九百十八平方メートル相当。

「焚亡」す「フンボウ」では硬過ぎるから、題名同様、「やけうす」と訓じておく。焼亡。

「貯し」「たくはへし」。

「燒し」「やきし」。

「新金」で注した文政小判(新金・新文字金)のこと。

「位」「あたい」と読みたい。実質価値としての実際の金銀の含有率。

「工人」実際に鋳造に従事した改鋳実務の鍛冶職人。

「辨じたらん」この「辨(弁)」は「弁(わきま)える」の意。粗悪な新金の実際の価値を理解していたであろう、の意。

« 譚海 卷之一 天文家世界彈丸の説の事 | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 鹿の耳(3) 村の爭ひ »