フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 現代風俗と小説   梅崎春生 | トップページ | 甲子夜話卷之二 13 新金焚て色變じたる事 »

2016/09/09

譚海 卷之一 天文家世界彈丸の説の事

天文家世界彈丸の説の事

〇天文家の説に、世界は彈丸のごとし、吾邦にていへば、和蘭等の國は、足と足とを合居(あはせを)るやうに地下にさかしまに付(つき)てゐる國也。萬里海に航(こう)しくるは、彈丸の地を下より乘上(のりあぐ)る也。海上にはじめてをらんだ船みゆる時、此邦の地形と均しき所、平圓の所へ乘出(のりいで)たるときみゆる也。遠州海上已に日本の地見へざる所あり、帆柱にのぼればみゆるとぞ。是圓形の平地にならんとするすりはらひの所なれば也。

[やぶちゃん注:地球の大きさからみても、この話は実は都市伝説の類いだとずっと思っていたのであるが、個人ブログ「小人さんの妄想」の「丸い地球のマスト伝説」で物理的に考察されており、それによれば限定条件下(夜、遠い洋上にある大きな帆船のマスト上に灯した火を陸から観察する)に於いてなら昔でも、非常に視力のよい人間が、非常に精度の高い望遠鏡で見たならば、あり得ないこととは言えないとある。眼から鱗。

「彈丸」当時の鉄砲の弾のように球体であることを指す。

「すりはらひ」「摩拂」か。「摩る」は「物を他の物に接触させたまま力を入れて動かす・擦(こす)る」の意、「拂う」は「それまで居た場所をあける・引き払う」の意があるから、ここは球体のこちら側の球面と反転する反対側の半分の部分の接触面を指す語のように私には思われる。]

« 現代風俗と小説   梅崎春生 | トップページ | 甲子夜話卷之二 13 新金焚て色變じたる事 »