フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國百物語卷之一 十三 越前の國永平寺の新發意が事 | トップページ | ダムでの感想   梅崎春生 »

2016/09/04

無事平穏の後味――今年のメーデー   梅崎春生

  無事平穏の後味

   
今年のメーデー

 

 今年のメーデーは、昨年のそれと違って、無事平穏裡に終ったようである。もちろん無事平穏ということは喜ぶべきことであり、日本人同士の流血騒ぎなどの不祥事は絶対に避くべきであるが、無事平穏の内容にもいろいろあって、今年のそれがお互いに単純に喜び合える性質のものかどうか、たいへん疑問である。

 もしああいうものものしい厳重な警戒がなくて、しかも無事平穏であったなら、これは喜ぶべきことであろうけれども。

 

 五月一日午後三時、所用があって日比谷におもむき、あの警戒の物々しさに私は一驚した。人民広場日比谷公園は、すっかりバリケードや鉄条網で防備され、数え切れないほどの青かぶとの警官が、警棒や六尺棒をたずさえて守っている。五六人ずつ組になって、右往左往している。

 歩道や安全地帯には群衆がうようよと立ち、警官隊を黙黙と見物している。これは見物したくもなるだろう。そのころデモ隊は予定のコースを行進中のはずだったから、見物のおおむねはやじ馬なのだろう。建物の壁にへばりついたりして、動こうとしない。こんなに厳重に警戒しているからには、何かきっと起るに違いない、そんな期待や好奇の気配すら感じられた。なかなか幕が上らない芝居を待っているような表情のもいる。大体において、彼等警官隊に対する信頼の表情は、群衆のなかにはほとんど見当らなかった。

 警官と群衆との間の歓語は全然見られないし、群衆はただ黙々とながめ、警官は黙々と右往左往し、その間にしらじらとした無気味な隔離があるのみである。

 こういう警官隊のあり方は、民衆にとっても不幸なことであるが、警官自身にとっても決して幸福なことではなかろう。その傷ましい不幸さが、青かぶとの下の鋳型(いがた)でつくられたような表情に、ありありと出ている。

 

 それから警官たちは、歩道上のやじ馬を邪魔と見たのだろう、順々に追っぱらい始めた。用事のない者は立ち止ってはいけない、ずんずん歩くようにと、放送車の拡声器で放送する。追っ立てられると、群衆はのろのろと消極的に移動する。ここは天下の公道で禁止地区ではないし、見るなと言っても、そんな盛大な警戒をしていれば、見ていたくなるに決っている。

 しかしとうとう群衆は歩道から全部追い出されてしまった。私も追われて新橋の方に歩く。その途中で、新聞にも出ていた、さっと引っぱれば細長い鉄条網になる仕掛けの新武器(?)も見た。とにかく大層大がかりな警戒ぶりだ。

 そんなに力んだり警戒したりしないで、人民広場をメーデーに使わせたらいいではないか。使って減るものではないし、あそこで式典を上げれば、あとは四散してゆくだけなのだから、こんな物々しい警戒も不必要となる。一昨年、一昨々年と、メーデーが人民広場を使用したが、何も実害なかったではないか。警官隊のあり方から民心が離反し、反撥することだけでも、今の状態の方がはるかに実害がある。

 日本の中だけでもいろんな裂け目がだんだん大きくなってゆく。それを私たちは皆してせき止めねばならないのに、実際は逆の方向に進行しつつあるのだ。

 

 メーデーというのは労働者の祭りである。祭りというものは、その感情の基底に解放感がなければ、成立しないものだ。監視されたり制限されたり警戒されたりして、何の祭りがあるものか。便所の中に押し込めてうなぎ飯を食べろというようなものである。現在の為政者は、祭りというものの意義を誤解している。うなぎ飯などというものは、正常な場所と雰囲気で食べてこそ、旨(うま)くもあり栄養になるものだ。今年は無事平穏裡に終ったといっても、手離しで喜び合えることではないし、また実行委員会の統制力を賞讃するだけでは、見当外れである。もっと根本的なところに、大きな歪みがある。

 その歪みがメーデー参加者(傍観者も)たちの胸に、何か割切れない、いやな後味を残したに違いない。新橋で解散してゆく諸団体の個々の表情に、私はそんなものをありありと感知した。

 

[やぶちゃん注:昭和二八(一九五三)年五月三日附『東京新聞』初出。底本は沖積舎「梅崎春生全集 第七巻」に拠った。「血のメーデー事件」の翌年のメーデーのルポルタージュである。冒頭「今年」の後には「(昭和二十八年)」とポイント落ち割注が入るが、これは底本全集編者の挿入と断じ、除去した。

「人民広場日比谷公園」皇居前広場と日比谷公園のこと。「血のメーデー」の際、皇居前広場へデモ隊が向かった際のシュプレヒコールの一つは「人民広場を取り戻そう」であったという。

「六尺」一メートル八十一センチ八ミリ。

「歓語」「かんご」。気色ばったところのない穏やかな楽しい語らい。歓談。

「新聞にも出ていた、さっと引っぱれば細長い鉄条網になる仕掛けの新武器」不詳。何となく想起は出来るが、実物写真などお持ちの方は御教授を乞う。]

« 諸國百物語卷之一 十三 越前の國永平寺の新發意が事 | トップページ | ダムでの感想   梅崎春生 »