フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ブログ・アクセス860000突破記念 火野葦平 蕎麥の花 | トップページ | 佐渡怪談藻鹽草 菅沼何某金北山權現の御影を拜せし事 »

2016/09/17

カテゴリ「怪談集」始動 / 佐渡怪談藻鹽草 眞木の五郎鰐に乘し事

 この際、自身で注しながら、ちっとも次の話柄へ進まないイラッとしてくる注をなるべく簡潔にした、未電子化の古典怪談を――何時でも幾らでも投げ込める――カテゴリ「怪談集」を作ることとした(今、「諸國百物語」を電子化注しているが、これは私自身が百物語形式に合わせると宣言してしまった結果、一日一話しかアップ出来ず、それが少々自身の仕儀乍ら、不完全燃焼の鬱憤となっているからでもある)。

 私がこういう仕儀を発動する理由は、昔からの怪談蒐集癖による、というのが第一義ではある(私藪野直史のオリジナルなそれは、芥川龍之介の「椒圖志異」(リンク先は私の作製した「芥川龍之介 椒圖志異(全) 附 斷簡ノート」)を真似た「淵藪志異 やぶちゃん作(copyright 2005-2007 Yabtyan)」を参照されたい)。しかし別の意志も働いている。ネット上にはこうした本邦の江戸以前の怪談を現代語訳しているサイトやメール・マガジンはかなり多い。実際に私が定期巡回して常に保存しているそうしたサイトも複数あり、そうした系統のメール・マガジンも購読してはいる。しかし、そうした中には、しばしば明らかな語訳が、時に致命的なものが多数、含まれているのである。また、中には難しい箇所をごっそり削って誤魔化して知らんぷりしているケースもまま見受ける。筆者は「専門家ではないので」なんどと断って、そうした誤訳の責任回避して平然としているケースが甚だ多いのであるが、それは多くの原文を披見出来ない読者には致命的である(私は専門家かと言えば、専門家では、ない。元高等学校の国語教師という前歴から言えば、一般人に毛が生えたぐらいのところだろう。また私の大学の専攻は近代文学であり、しかも俳句それも自由律俳句の尾崎放哉であるからである)。私は、せめても、怪談に限らず、オリジナル訳を示すなら、原文と現代語訳は並置すべきであると考えている。それは怪異の体感は圧倒的に原文の文語文の語り口(私の上記の「淵藪志異」もそれを確信犯で狙っている)にこそあると信じて疑わない人種だからでもある。

 先ずは、私の好きな佐渡に特化した伝奇伝説を渉猟した「佐渡怪談藻鹽草(さどくわいだんもしほぐさ)」を選ぶこととした。作者不詳で安永七(一七七八)年成立の怪談集である(第十代将軍徳川家治の治世)。

 基礎底本は二〇〇三年国書刊行会刊「江戸怪異綺想文芸大系 第五巻」(高田衛監修・堤邦彦/杉本好伸編)「近世民間異聞怪談集成」本間純一校訂「佐渡怪談藻塩草」を用いながら、私のポリシーによって、漢字を概ね正字化して示す。読みは難読或いは読みが振れると考えたものだけに留め(歴史的仮名遣の誤りがあるがママとし、ママ注記も附さない)、注は余程、多くの読者が意味が分らないと感ずるかも知れないと思われる箇所に限ってストイックに附すこととし、煩雑になり、時間のかかる人名の実在性や地名などの考証はなるべくしない(少し調べて時間がかかると考えられ、且つ、当該話柄の主題理解と強い連関を持たないと判断したものは之を注さないこととする。以上は本カテゴリ「怪談集」全部に適応する)。踊り字「〱」は正字化した。底本では脱字を補填するに丸括弧で校訂されているが五月蠅いので、括弧は除去した。直接話法は改行して読み易くした。同書には序と目録があるが、この電子化は最後に廻すことにする。【2016年9月17日始動】

 

佐渡怪談藻鹽草

 

     眞木の五郎鰐(わに)に乘し事

 

 往昔(わうじやく)、牧(まき)の五郎といへる強勢の若もの有。此者は、庄兵衞といへるものゝ子にして、河崎(かわざき)村の内、字(あざ)眞木村といふ處の住居なるが、夷(えびす)町へ居を移しての後も、在所を苗字の如く言ひはやせり。

 或年正月十五日、在所より知れるものども、獵船に乘て、夷湊へ來り歸る迚(とて)、幸(さひはひ)の便船なり。事に海洋も疊の上にひとし。いざや、在所へ年禮に行(ゆか)ん迚、右の船方に約し、箱肴酒樽(さかだる)など贈り、積乘て、一同に船にうち乘しより呑初(のみはじめ)て、下地の酒氣も照添(てりそへ)ぬ。舟は早五七丁も沖へ押出し、猶海上靜(しづか)にして、手池に浮(うか)めし如く成(なる)に、大きなる鰐、船に付(つき)て、謠ひ騷(さはぎ)し聲にも驚かず、折々浮みて、背にて船に障(さは)れば、人々見て、

「あなこわや、何事をか爲(なさ)んとて、此鰐の船を付(つけ)ねろふぞ」

と興ざめ顏になれば、五郎は物もいわず。みさほの竹に餌切庖丁のとぎすましたるを、繩にてようようからみ付(つけ)、取拵(あつかふ)るさまを人々見て

「また五郎何事をするにかあやし。鬼とざれ事とは是也。必(かならず)れうしし給な」

と口々になだむれば、五郎打うなずきながら、ねらひすまして、又浮み出て、背を以て船に障らんとする時、件(くだん)のもふけたる竿を以て、思ひ込てはたと突く。魚はつれて狂ひ出さまに念なくからみし繩を振切(ふりきり)て、沖の方へ行(ゆき)ぬ。船中のものどもどつと笑ひて

「いかに五郎仕留し(しとめ)や」

といへば、五郎かぶりを打振(うちふり)、心中には安からぬ事に思ひて、海底に心を配り、十丁餘漕行(こぎゆく)處に、彼(かの)鰐一の鰭(ひれ)の本に庖丁を突立(つきたて)ながら、船に添ふて行さま、五郎見て、

「すわや」

と帶をときて、飛入らん體(てい)なれば、人々留(とめ)て、

「いつになき醉(ゑひ)狂ひ、眼前一命を惡魚の腮(あぎと)にかけんは何事ぞ」

といへば、五郎

「さはとゞめ給ふな。庖丁さへ取返せば、魚にさして遺恨はなし」

迚、かつはと飛入ける。

「さあ今こそ」

とて、各見居たり。五郎は海中へ飛入て、鰐の背に立(たて)し庖丁に兩手をかけて、拔取(ぬきとら)んとすれども、かつて取られず、魚は走り行(ゆく)程に其柄(え)の元をしつかと取付(つき)、鰐にまたがりて行程に、さして大力といひ、水練の上手なれども、海中の事なれば、息もつゞかず、

「あわや此魚の爲に、命を捨るか」

と思ひし程に何とかしたりけん、鰐浮みあがりて、海つらへ出(いで)、日の光を見つ。岡よりは數十丁沖也。しばし息を繼て乘行に、又深く沈んで、漸(やうやく)にして浮み出、暫く有て沈む。此度(このたび)は大潮(おほしほ)通りへ出ぬと覺へて、至(いたつ)てつめたく、行汐(ゆきしほ)早き所へ出て、別世界の如く、此時五郎、心中に金北山(きんぽくざん)權現を念じ、猶庖丁の柄を引揚(ひきあげ)んとすれば、却(かへつ)て深く沈み、爰(ここ)にて急度工夫つきて、下へ強く押沈んとすれば却て浮む。

「是こそ、助(たすく)る神の御手引(おんてびき)ぞ」

と力を得、件(くだん)の潮早くつめたき方へ庖丁をねぢ付れば、陸とおぼしき方へ乘入るに、いとゞ勇み付(つき)て、ひたすらする程に、海上に浮み出たり。其時は、水津(すいつ)の龍王崎(りゆうおうざき)を見渡す程に沖へ出たり。されども、右の鹽梅を以て、段々と磯の方へ乘込(のりこみ)乘込する程に、折節沈めども、間もなく浮めば、次第に心安くなりて、其日の暮方、住吉村の磯際へ乘付(のりつき)たり。鰐の精力盡きしや、神力の添し故にや不思議の命拾ひて、濱に乘揚るやいな、庖丁を以、鰐の腮を切放して心能(こゝろよく)仕留たり。勇氣の丈夫、たとえんかたなし。

「新田の四郎が猪は嶮岨(けんそ)にもせよ、山野の事なり。彼は水中の強勇、察すべきにあらず」

と其世の人に稱美しぬ。

 

[やぶちゃん注:大鮫に跨っての格闘劇。完全な創作というより、そのシークエンスの描写力からも、相応に似通った実話をモデルとしていると私は思う。

「河崎(かわざき)村の内、字(あざ)眞木村」現在の佐渡市河崎(かわさき)。両津湾の小佐渡側の根の部分に内陸まで広がる地域。そのやや内陸に接して新潟県佐渡市真木が現存する。

「夷(えびす)町」現在の両津港ターミナルのある一帯、佐渡市両津夷。ここから河崎へ海上なら直線で四・三キロメートルほどである。

「下地」「したぢ」で、ここは実際の顏の酒を飲む前の下地の色の謂いでとっておく。

「五七丁」凡そ五百四十六~七百六十四メートル。

「手池」「ていけ」で、自分が持っている池或いは個人の生簀(いけす)。ここは後者。

「みさほ」「三竿」。

「拵(あつかふ)る」漢字はママ。

「鬼と戯れ言」鬼が親しげに冗談を言っても、その本心が分らず、却って不気味なこと。諺として、そこから転じて、「親しくされればされるほど、かえって気味悪く感じること」の譬えであるが、ここは如何にもな包丁一本で巨大な鮫を退治せんとする暴虎馮河の準備に空恐ろしく感じたのである。

「れうしし給な」底本には「れうし」の右に『(聊爾)』とある。「聊爾」は一般には「れうじ(りょうじ)」と読み、いいかげんであること。考えのないこと。又、そのさまを謂う語である。「そのような甲斐のない無体(むたい)なことをしなさるな。」の意。

「思ひ込て」「思ひ込む」には「そうだと固く信じる」という通常の意味以外に、必ずやり遂げると固く決心するの意があり、ここは後者。『必ず! 仕留めて殺(や)る!』。

「十丁」約一キロメートル強。

「腮(あぎと)」この場合は鮫の腮(えら)ではなく、顎(あご)の意。

「かつは」これは「且つは」(一方では)ではなく、副詞「かつぱと(かっぱと)」。急に伏したり、起きたりする様子を表すオノマトペイア、擬態語である。がばと・どうと・がばりと・どぶんと、である。

「各見居たり」「おのおのみゐたり」。

「さして」私は「さしもの」に読み換えて読み進める。

「數十丁」六・五キロメートル前後か。

「大潮(おほしほ)通り」沖の大きな海流域。対馬海流の小佐渡(佐渡の南側)と本土の間を廻り込んできた分流域であろう。対馬海流は暖流であるが、ロケーションは旧暦正月であるから、流動性の強い箇所では体感温度は極度に下がる。

「金北山(きんぽくざん)權現」現在の新潟県佐渡市の大佐渡山地(佐渡の北側)のほぼ中央の位置にある山。標高千百七十一・九メートルで島内の最高峰。それを神格化したもの。ウィキの「金北山」によれば、古くはただ『北山(ほくさん)と呼ばれていたが、江戸時代初期に佐渡金山が発見されてから現在の名で呼ばれるようになった』とある。

「急度工夫つきて、下へ強く押沈んとすれば却て浮む」「急度」は「きつと(きっと)」で、状況が厳しいさまを指し、「最早、是非もない状況、対応の手立ても、し尽くして万事休すなればこそ、鮫もろともに深海の藻屑とならんと、逆に刺さった包丁を強く押し込み、必死の鮫との心中を決意したところ、却って逆に鮫は浮上した、というのである。

「水津(すいつ)の龍王崎(りゆうおうざき)」小佐渡の北東端に当たる佐渡市水津に現存する龍王岩のことであろう。

「住吉村」現在の両津夷と河崎の中間点に当たる佐渡市住吉。

「濱に乘揚るやいな」ママ。感動詞「いなや」として読めばよい。

「新田の四郎」伊豆国仁田(にった)郷(現在の静岡県田方郡函南町(かんなみちょう))の出身で治承四(一一八〇)年の源頼朝挙兵に当初から従った直参の武士(出自は不詳)仁田四郎忠常(仁安二(一一六七)年~建仁三(一二〇三)年)のこと。彼の姓は「新田」「日田」とも表記する。忠常とウィキの「仁田忠常によれば、『源頼朝の頃に行われた富士の巻狩りにて、手負いの暴れる大猪を仕留めたとされている。源頼家の頃、富士の狩り場へ行った際、頼家の命令で静岡県富士宮市の人穴を探索した』ことでも知られる勇猛果敢にして死を恐れぬ武将であるが、リンク先にも記されている通り、比企能員の変では北条時政に従ったものの、謀反の疑いをかけられ(私は時政の謀略と思っている)、時政の命を受けた加藤景廉に殺害された。]

« ブログ・アクセス860000突破記念 火野葦平 蕎麥の花 | トップページ | 佐渡怪談藻鹽草 菅沼何某金北山權現の御影を拜せし事 »