フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國百物語卷之三 十六 下總の國にて繼子をにくみてわが身にむくふ事 | トップページ | 谷の響 一の卷 十五 猫寸罅を脱る »

2016/10/16

「崖」について   梅崎春生

 

 日記というものは、やはり努めて怠けずにつけるべきだと思う。

 終戦後も、気の向いた時だけつけていたが、今それを取出して読み直すと、書きつけた部分だけはぼんやり覚えているが、その他の部分は茫々として、夢の如きものがある。年齢のせいで記憶力がいくらか減退したせいもあるが、昔のことをあまり思い出したくないという力が、私の内ではたらいているためかも知れぬ。

 手元にある大判ノート日記帳、昭和二十一年十一月二十三日の日付けで、「『崖』四※枚まで書く」という記述がある。四※枚の「○」の真中にちょんがついているのは、海軍暗号兵の習慣がまだ抜けていないからで、海軍では零(ぜろ)とローマ字のOを区別するために、零にはチョンをつけていた。[やぶちゃん字注:「※」は「〇」の中央に「ヽ」が入った記号。]

「近代文学」が小説を書け(はがきだったが、名前は誰だったか忘れた)と言って来たのは、だから十一月中旬あたりかと思う。私は独身で、柿ノ木坂の友人宅の三畳間にころがり込んでいて、ひどく貧乏であった。

 同十一月二十七日の分に、

「左は借金表」

 とあり、いろいろ借金の表がある。実にさまざまな人に金を借りている。「自由堂、都書房の使い込み、四六一円」という項もある。当時私は某書店につとめていて、そこで金を使い込んだらしい。(らしいではなく、ちゃんと覚えているけれども、あまり思い出したくない)

 そのあとに「入るあてがあるもの」という項があり、一番最初に「『近代文学』より五百八十五円」と書いている。二十七日にはもう書き上げて、届けたものと見える。

 稿料は一枚十円という約束であった。五百八十五とは解せぬ数字だが、税金をこちらで引いて計算したのである。今逆算して見たら、一割五分引きでは、勘定に合わない。一割引きとすれば、ちゃんと合う。六十五枚。六百五十円。その九割が五百八十五円だ。あの頃源泉課税は一割だったようだが、その実感は今残っていない。

 その稿料は年内には入手出来ず、二十二年になって貰ったように思う。場所もぼんやりとしか覚えてないが、何か掘割に面したうすら寒いような部屋であった。稿料を渡して呉れたのは、本多秋五さんだったような気がする。今でもはっきり覚えているのは、その稿料は五百八十五円でなく、六百五十円であったことだ。私はたいへん儲けものをしたような気がして、うれしかった。今思うと近代文学社は、ちゃんとした企業体の出版社でなかったから、源泉徴収なんかをする必要がなかったのだろう。

「崖」は二十二年「近代文学」二・三月合併号にのった。

 でも、あの頃の六百五十円は、あまり使いでがなかった。同年一月二十五日の日記に「サーカスに行き、かえりお喜代にて二百円消費す」とあり、帰宅して非常にむなしがっている。お喜代というのは当時有楽町マーケットのカストリ屋で、カストリ一杯三十円か四十円だったと思う。つまりカストリ一杯飲むために、原稿を三枚か四枚書かねばならなかった。稿料一枚分でほんとの清酒一合飲めるような時代は来ないかなあ、というのが私の久しい嘆きであった。

 

[やぶちゃん注:昭和三五(一九四〇)年十二月号『近代文学』初出。底本は沖積舎「梅崎春生全集 第七巻」に拠った。傍点「ヽ」は太字に代えた。底本解題に初出『誌では「崖について」となっている』とある。ここでは「手元にある」昭和二一(一九四六)年の「日記帳」が引かれているが、底本には同年の抜粋版の同「日記」が載る。短いので、同年総てを以下に示す。梅崎春生が述べている十一月二十三日附のマルチョン記号は「十」にされてあり、十一月二十七日附の「借金表」は編集部がそれを説明しているだけで割愛されている(その編注は除去した)。

   *

 

   昭和二十一年

 

十月十四月

 辰野先生より来信。

 つまらぬ作品を注文者にわたすな。やせても朽(か)れても、片々たる作品を書くな、ということ。ダラダラしていた気持が、これでピンとスジガネ入る。

 行く道は一筋の外なし。此の自明のことが此の暫く判らなかったのだ。

 

十月二十九日

 「新生」の原稿「独楽」三十六枚まで書いた。これで良いような気もするし、またドダイ悪作で、かえされそうな気もする。自信はない。

 

十一月二十三日

 「崖」四十枚まで書く。

 

十一月二十七日

 吉田君より百円うけとる。之が全財産。

 石鹼を買う。

 左は借金表。

 

十二月十二日(木)

 ここには事実だけしかない。善悪はない。

 真実は一つしかない。それは内奥の声だ。

 自分のために生きるのが、真実だ。爾余(じよ)の行動は感傷にすぎない。

 

 皆が修羅である。

 独楽(こま)のようにひとりで廻り、そして廻りつくして倒れる他ない。

 

 勲章がより所である。

 

 俺は目の覚めるようなものを見たかったのだ。ただそれだけだ。

 

 自分が何を考えているか判らなくなった。

 おれは幽鬼のようにさまよい出たのだ。

 

   *

「崖」昭和二二(一九四七)年二・三月合併号『近代文学』に初出、後に単行本「桜島」(昭和二十三年三月大地書房刊)に再録された。近日、電子化する。

『近代文学』昭和二一(一九四六)年一月から昭和三九(一九六四)年八月まで続いた月刊文芸雑誌。第二次世界大戦中に大井広介の『現代文学』に拠っていた人々を中心に、敗戦後の 昭和二十年の秋に結成された近代文学社の機関誌。本多秋五(後注参照)・平野謙・山室静・埴谷雄高・荒正人・佐々木基一・小田切秀雄の七人を同人とし、文学者の戦争責任と転向問題、マルクス主義文学運動の批判などを軸に近代的自我の確立を唱え、荒正人「第二の青春」(昭和二一(一九四六)年)、平野謙「島崎藤村」(一九四七年)、本多秋五「小林秀雄論」(一九四八年)、佐々木基一「個性復興」(同年)の評論や、埴谷雄高の小説「死霊(しれい)」(一九四六年~一九四九年:初期部分)などを掲載した(以上は「ブリタニカ国際大百科事典」に拠る)。

「私は独身で、柿ノ木坂の友人宅の三畳間にころがり込んでいて、ひどく貧乏であった」昭和二一(一九四六)年の底本別巻の年譜を引く。二月、『目黒柿ノ木坂一五七松尾方(八匠衆一)に鬼頭恭而と三人で同宿生活』。三月から『赤坂書店編集部に勤務』(十二月に『退職)』。九月、『「桜島」が浅見淵の紹介によって「素直」創刊号に発表される』とある。

「本多秋五」(ほんだしゅうご 明治四一(一九〇八)年~平成一三(二〇〇一)年)は愛知県西加茂郡(現在の豊田市)出身の文芸評論家。名古屋の第八高等学校を経て、昭和七(一九三二)年、東京帝国大学国文学科卒業。同年、プロレタリア科学研究所に入り、検挙されたのち、『戦争と平和」論』の執筆に没頭した。戦後は先に示した『近代文学』創刊に参加、「芸術・歴史・人間」を発表。以後『「白樺派」の文学』「転向文学論」などで重厚な評論を展開した。明治大学大教授。

「同年一月二十五日の日記」底本の昭和二二(一九四七)年の「日記」には以下の記事は載らない(抜粋版のため)。]

« 諸國百物語卷之三 十六 下總の國にて繼子をにくみてわが身にむくふ事 | トップページ | 谷の響 一の卷 十五 猫寸罅を脱る »