フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 進化論講話 丘淺次郎 藪野直史附注 第五章 野生の動植物の變異(5) 五 習性の變異 | トップページ | 諸國百物語卷之三 十七 渡部新五郎が娘若宮の兒におもひそめし事 »

2016/10/17

蜂の夢

今曉の第一の夢――

 

「すがる」を放つ夢を見た……右手で軽く摘まんだ「すがる」をぱっと空に放つのだ…………

 

……タルコフスキイの「鏡」の射撃場の後の、ブリューゲル風の遠景のある、冬の木立と小鳥と少年のようだった……映像もあのシークエンスのようにハイ・スピード撮影である……僕はやはりあの「少年」のようである……それを「僕」が、あのシークエンスのカメラと同じような位置から見ているのである…………

 

[やぶちゃん注:「すがる」とは「須軽・酢軽・為軽・蜾蠃・蜂腰」或いは単に「蜂」などと書く、万葉以来の「似我蜂(じがばち:膜翅(ハチ)目細腰(ハチ)亜目アナバチ科ジガバチ亜科ジガバチ族 Ammophilini)の古名。或いは広義の蜂(膜翅(ハチ)目 Hymenopteraを総称する古称でもある。「似我蜂」の由来その他はよろしければ私の「和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 蠮螉」の注を参照されたい。]

 

第二の夢――

 

裏山の道にポリ袋の塵芥が山と積まれている。そこを通るとスズメバチの集団が「スター・ウォーズ」か「アバター」の軍用機のように、その上でゴマンとホバリングしている。そこを通らないと僕は家に帰れない。

『――僕は出掛けなければならない。――旅立ちが遅れてるんだ。――もう「その」時刻は過ぎてしまったんだ。……』

と焦る。

しかしスズメバチに刺されるのは怖い。

僕は右手のなだらかに広がる麦畑の方へ逸(そ)れて、麦の穂の間にしゃがんで身を潜める。

風と麦の香りがする。

結局、最後まで僕はスズメバチには刺されない。しかし同時に遂に「旅立ち」はやって来ないのであった…………

 

[やぶちゃん注:僕は小学校二年の夏、カブトムシを捕りに行ってアシナガバチ(細腰亜目スズメバチ上科スズメバチ科アシナガバチ亜科アシナガバチ族アシナガバチ属 Polistes の恐らくはフタモンアシナガバチ(二紋脚長蜂)Polistes chinensis)に太腿を刺されて大泣きしたことはあるが、スズメバチ科スズメバチ亜科 Vespinaeのスズメバチ類に刺されたことは幸いにして、ない。但し、最強のスズメバチ属オオスズメバチ Vespa mandarinia に危うく刺されかけたことは、ある。昔、自宅の庭樹にハンドボール大の巣を作られ、竹の棒の先に灯油を含ませた布を巻いて焼き払った際、右眼を狙われた。しかし、眼鏡のガラス面に毒液が噴射されただけで命拾いした。因みに、その毒液のために見事にガラスのコーティングが溶けた。]

« 進化論講話 丘淺次郎 藪野直史附注 第五章 野生の動植物の變異(5) 五 習性の變異 | トップページ | 諸國百物語卷之三 十七 渡部新五郎が娘若宮の兒におもひそめし事 »