フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 卷第九 無量壽院法會 付 大雨洪水 | トップページ | 憤りと抗議の長詩――許南麒著『巨済島』――   梅崎春生 »

2016/10/04

諸國百物語卷之三 三 大石又之丞地神の惠にあひし事

     三 大石又之丞(をゝいしまたのぜう)地神(ちじん)の惠(めぐみ)にあひし事


Disinnomegumi

 關原(せきがはら)しゆつぢんのころ、大石又之丞と云ふ牢人(らうにん)ありけるが、武道はのこる所もなく、ことに文道(ぶんどう)に達し、じゆがくをもつはらとし、詩歌を心がけ、よく物の理(り)をわきまへしりたる、さぶらひ也。出雲へ、しんだいあひすみて、殿より屋敷を下されしが、此屋敷には、ばけ物、むかしよりすみて、いづれの人も一夜(や)もゐる事なし。たまたま居る人あれば、いづくとなくつかみゆく事あり。さるによつてほうばいしう、

「とかく此屋敷を御じたい候ひて、屋敷がへを御のぞみ候へ」

と申されければ、大石、申さるゝは、

「侍の身としてばけ物をおそれて、屋敷がへをのぞみがたし。さやうの屋敷へは、このみてもまいるこそ、侍の本意(ほんい)にて候へ」

とて、下々をつれ、かの屋敷へゆきて、さうぢをさせ、普請(ふしん)などして、吉日をえらび、屋うつりせん、と、もよほされけるが、まづこゝろみに、こよひ一夜それがしとまりて、ばけ物のやうだい見とゞけて、さて、そのゝち、妻子をうつさんとおもひ、その夜は大石一人(にん)、屋敷にうつり、門戸(もんこ)をかため、弓、鐵砲(てうはう)、鑓(やり)、長刀(なぎなた)のさやをはづし、ようじんして見臺(けんだい)にしよもつをひろげ、きんがくしてゐられけるに、夜半のころ、をもての門をたゝく。大石、あやしくおもひ、たちいでみれば、そのたけ、二丈ばかりなる大ぼうずなるが、

「こゝをあけよ」

と云ふ。さては、くだんのばけ物よ、と、おもひ、

「こゝをあけよと云ふはいかなる物ぞ。名をなのれ。さなくは、あくること、なるまじ」

と云ふ。ぼうず、きゝて、

「何ものにもせよ、あけよといわば、あけよ。あけずは、ふみやぶりて、はいるぞ。なんぢ、われを一うちにせんとおもふとも、太刀(たち)、かたなの、たつ身にては、なし。はやくあけよ」

と云ふ。大石、心もとなくおもへども、へんげの物ならば、あけずとも入るべきが、ふしぎなる事かな、と、おもひ、門をひらきてあけければ、十八、九なる小ぼうずとなり、をくにいり、

「なんぢ、われをへんげの物か、と、きづかいすると見へたり。かまへて、きづかふ事なかれ。われは此屋敷のいぬゐのすみ、しよえんさきにすむ地神(ちじん)也。いにしへより、此屋敷にすむもの、われをそまつにして、とりのけんとす。われ、これをにくみてたゝりをなせり。なんぢ、此屋敷に、はじめてきたり。まづ、われに禮拜(らいはい)をなし、遊々すへながく鎭主(ちんしゆ)とまもらん、とのしゆくぐはんをかけたるゆへ、うれしくおもひて、われ是れまで、きたりたり。今よりのちは、すへずへはんじやうにまもるべし。なかんづく丸が宮、大(たい)はにおよびたり。なんぢ、こんりういたすべし。わが宮のまへに松竹あり。これをほりかへ候はゞ、土の中にわう金(ごん)あるべし」

と、ねんごろにをしえて、けすがごとくにうせにけり。大石、ありがたくおもひ、三度らいはいし、程なくその夜もあけゝれば、下々、ほうばいしうまで見まいにゆきければ、別のしさいなしとて、ありのまゝにかたりければ、殿にもきこしめされ、神慮(しんりよ)にかなふ侍なりとて、はじめ三百石にて有りしを、五千石になし下され、家中(かちう)ならびなきしゆつとうにんとなりけると也。そのゝち、かの所をほりて見ければ、黃金百枚ありけるを、是れにて宮をこんりうし、いよいようやまひ奉りければ、家もはんじやういたしけると也。

 

[やぶちゃん注:挿絵の右キャプションは「地神の惠あひし事」。

 

「大石又之丞(をゝいしまたのぜう)」不詳。松江藩を支えた知られた家老の中に「大橋」なら、いる。「おおいし」と「おおはし」は一音違いではある。

「地神(ちじん)」地主神。私は体系化された記紀神話以前から存在したその地域を守護する古代神と考えている。

「關原(せきがはら)しゆつぢん」「關が原出陣」慶長五年九月十五日(西暦一六〇〇年十月二十一日)に東軍(徳川方)についた出雲国の元浪人であろう。ウィキの「松江藩」によれば、『豊臣政権時代、出雲は中国地方西部を領していた毛利氏の支配下で、一族の吉川広家がかつて尼子氏の居城だった月山富田城(現島根県安来市)を政庁として出雲及び隠岐の』二国支配していたが、『関ヶ原の戦いの後、毛利氏は周防・長門』の二国に『減封となり、吉川広家も岩国に移された。これにより』遠江国浜松で十二万石を『領していた堀尾忠氏が、この前年に隠居して越前国府中に』五万石の『隠居料を得ていた父・堀尾吉晴とともに、あらためて出雲・隠岐』二国二十四万石で『入部、ここに出雲富田藩(いずもとだはん)が立藩した』。忠氏は慶長九一六〇四)年に二十七歳で『早世、後を継いだ忠晴はまだ』五歳の『幼児だったことから、祖父・吉晴がその後見として事実上の藩主に返り咲いた。吉晴は月山富田城が山城で不便を感じたため』、慶長一二(一六〇七)年から足かけ五年を『かけて松江城を築城するとともにその城下町の建設を行った』。慶長一六(一六一一)年に『吉晴は松江城に移り、ここに松江藩が成立したが、吉晴はこれを見届けると間もなく死去した。忠晴は成人したものの男子に恵まれず』、寛永一〇(一六三三)年に三十三歳で『死去すると堀尾家は無嗣改易となったが、堀尾氏が築いた松江は以後も政治経済の中心として栄え、今日に至っている。ちなみに、忠晴が死亡し堀尾氏の無嗣改易が明確化した時、その後釜として美作津山藩主・森忠政の許に出雲・石見・隠岐の』三ヶ国への『加増転封の話が浮上』、『津山藩では藩士を巡検させて検討するも、肥沃でない土地も多く含まれていたことから、忠政も当初乗り気ではなかったが、老中・酒井忠勝より御内証が届けられたことによりこの話を受けた。しかし翌』寛永一一(一六三四)年七月七日に『忠政が京都で急死したため、将軍家との正式な会談が持たれる前でもあったことから』、この三ヶ国『加増の話は立ち消えとなった』とある。関ヶ原出陣から始まる以上、ここで登場する「殿」と呼ばれる人物は堀尾吉晴(天文一三(一五四四)年~慶長一六(一六一一)年)ととるのが自然である。

「じゆがくをもつはらとし」「儒學を專らとし」。

「しんだいあひすみて」「身代相住みて」か。当初、「親代」(親の代から)の意かとも思ったが、それでは「牢人」齟齬する感じがする。「身代」ならば、そこで相応の地位と仕事に就いて、則ち、「士官が叶って」そこに住まうようになり、の意でとれ、以下の「殿より屋敷を下されし」ともスムースに繋がる。

「いづくとなくつかみゆく事あり」「何處(いづく)(へ)と(も)なく、摑(つか)みゆくことあり」。何ものか目に見えないものによって摑まれた上、とんでもないところへ放り投げられるといった怪異などがあった。

「ほうばいしう」「朋輩衆」。

「御じたい」「御辭退」。

「屋敷がへ」「屋敷替へ」。

「このみてもまいるこそ」「好みても參るこそ」。

「さうぢ」「掃除」。

「普請」ここは家屋の修繕。

「屋うつり」「屋移り」。転居。

「もよほされけるが」「催されけるが」。準備をなさったが。

「やうだい」「樣態」或いは「容體」。姿形やその容貌風体(ふうてい)。

「きんがく」「勤學」。

「二丈」六メートル六センチ。

「さなくは」さもなくば。

「太刀(たち)、かたな」正しく飾った際、刃を下にするものを「太刀」と言い、刃を上にするものを刀、打刀(うちがたな)と称する。本来、太刀は馬上戦で使用するために作られたもの(従って一般的な後の刀(打刀)よりは長めとはなる)で腰から吊るして身体から離して「佩(は)く」もの(「佩刀」するもの)であり、室町時代以降に登場する打刀は徒戦(かちいく)さの白兵戦のため作られたもので、何時でも容易に抜いて、即、斬り込むことが出来るように腰の帯に「差し」た(「帯刀」した)刀を言う。原則的には長さや太さによる違いではないことに注意されたい。

「心もとなくおもへども」少し気掛かりには思ったけれども。

「へんげの物ならば、あけずとも入るべきが、ふしぎなる事かな、と、おもひ」ここがミソである。ここにはこの怪しい存在が必ずしも悪しきものではなく、尋常に語り合おうとしているのではないかと、大石は微かに感じているのである。

「いぬゐ」「戌亥」。乾。北西。

「しよえんさき」一九八九年岩波文庫刊の高田衛編・校注「江戸怪談集 下」の本話の本文では『書院さき』(書院の前・近く)とある。

「なんぢ、此屋敷に、はじめてきたり。まづ、われに禮拜(らいはい)をなし、遊々すへながく鎭主(ちんしゆ)とまもらん、とのしゆくぐはんをかけたるゆへ、うれしくおもひて、われ是れまで、きたりたり」「はじめてきたり。」の句点は読点とすべきところである。「遊々」「悠悠」の当て字。遙かにずっと先まで。「鎭主(ちんしゆ)とまもらん」は「鎮守として私めがお祀り申そう。」の意。「しゆくぐはん」は「宿願」。この叙述によって、この屋敷の乾の角には朽ちた社が存在していたのを大石は見出し、それに向かってこのような祈願をしたことが明らかにされるのである。

「すへずへ」「末々(すゑずゑ)」。歴史的仮名遣としては誤り。

「はんじやうにまもるべし」「繁盛に護るべし」。「家運の栄えるよう、しっかりと守ってやろう。」。

「なかんづく」「就中」。多くの物事の中から特に一つを取り立てるさま。「とりわけ」「中でも」「特に」の意。「中(なか)に就(つ)く」の転で漢文訓読に由来する。

「丸が宮」「まろがみや」。「麻呂が宮」。私の住まう祠(やしろ)。

「大(たい)は」「大破」。

「こんりう」「建立」。一から新しい社(やしろ)を建てること。

「これをほりかへ候はゞ」この木の根元を掘り返してて御座ったならば。

「わう金(ごん)」「黃金」。

「しゆつとうにん」「出頭人」。主君の寵愛を得て権勢を揮う者。狭義には室町から江戸初期にかけて幕府や大名家に於いて、主君の側にあって政務に参与した奉行や老臣などをも指した。

「うやまひ」「敬ひ」。]

« 北條九代記 卷第九 無量壽院法會 付 大雨洪水 | トップページ | 憤りと抗議の長詩――許南麒著『巨済島』――   梅崎春生 »