フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國百物語卷之三 十三 慶長年中いがの國ばけ物の事 | トップページ | 谷の響 一の卷 八 蛇塚 »

2016/10/13

金史良のこと   梅崎春生

 

 私が保高さんのところにおうかがいしたのは、昭和十三年か十四年のことで、たしか金史良に連れられて行ったのだと思う。

 その金君と知合いになったのは、昭和十一年、大学に入った年で、彼は「堤防」という同人雑誌に属し、私は「寄港地」という同人雑誌に属していた。今「新日本文学」に「沖縄島」を連載している霜多正次が、やはり「寄港地」の同人で、その霜多がどこかで金君と知合いになり、そして私に紹介して呉れた。その頃金君は、まだ本名の金時昌を名乗っていて、金史良の筆名を持つようになったのは、その後のことだ。

 それで私たちはたちまち仲良くなり、金君は自分の下宿を引き払って、霜多が住んでいた本郷の角田館という下宿に引越して来た。私も角田館のすぐ近くに下宿していたので、毎日のように顔を合わせることになった。金君は体格も良く、背丈は五尺八寸ぐらいあり、酒も強かった。よく一緒に飲んだ。

 金君の実家は朝鮮の富豪で、仕送りも充分にあったらしい。こちらはぴいぴいしていたから、どうしてもこちらがたかるという傾向にあったと思う。

 しかし、金君は金持のくせに、妙なところがあった。気前はいいのだが、たとえば彼が外套なんかを質入れする場合に、質屋が三円しか貸せぬと言うのに、五円貸して呉れと一時間でも二時間でもねばるのである。もちろん彼はそれを流すつもりは毛頭なく、また酒代として三円あれば充分なのに、五円を借りるために何時間でもねばるのだ。ついに質屋の親爺や番頭が根負けして、五円出して呉れるまでねばる。

 そういう金君の気持が、私には判らなかった。自分の持物を低く評価されるのを嫌ったのか、あるいは借出しをスポーツのように考えて、それをたのしんでいたのか。

 それで迷惑するのは、質屋の親爺だけでなく、私たちもであった。その金君が借り出す金で、一緒に飲みに行くのは私たちだったから。金君のねばりにつき合って、質屋に一時間も二時間も立って待っているのは、楽なことでなかった。

 牛込の横寺町に飯塚というドブロクを飲ませる酒場があり、そこに私を連れて行ったのも金史良である。

 なんだかどっしりした重々しい古風な建物で、金君はもの慣れた調子でドブロクを注文したが、私はドブロクを飲むのがそれが初めてで、どうも舌になじめなかったから、すぐに清酒に切りかえたが、金君はうまそうにドブロクをおかわりして何本も飲んだ。朝鮮にドブロクがあるから、金君はそれで舌が慣れていたのだろうと思う。

 この飯塚酒場のドブロクの味が私にも判るようになったのは、戦争末期の酒が不足になって来てからで、私は毎晩のようにこの飯塚に行列して、ドブロクを飲んだ。飲みつけるとドブロクというやつはうまいものだが、その時は私にはひどく不味(まず)かった。

 今でも覚えているのだが、その飯塚に初訪問の帰り、タクシーの運転手と料金のことでいざこざが起き、運転手もむしゃくしゃ、私たちもむしゃくしゃして本郷で下車、そして私が自動車のうしろに廻り、腹立ちまぎれに自動車の背中をパタンと殴ったら、

「何をっ!」

 と運転手が顔色をかえ、スパナを片手につかんで、座席から飛び出して来た。

 そこまでは今でも覚えているが、あとの記憶がないところを見ると、別段殴(なぐ)られはしなかったのだろう。一目散に逃げ出したのかも知れないと思う。

 

[やぶちゃん注:昭和三二(一九五七)年五月号『文芸首都』初出。底本は沖積舎「梅崎春生全集 第七巻」に拠った。

「金史良」(キム・サリャン 一九一四年~昭和二五(一九五〇)年)は朝鮮(現在の北朝鮮)の小説家。本名は金時昌(キム・シチャン)。ウィキの「金史良によれば、日本統治時代の朝鮮平壌府陸路里で生まれた(大正三年)。日本語・朝鮮語両方で創作した「在日朝鮮人文学」の先駆的存在。日本に留学して東京帝国大学文学部独文科を卒業、在日中に書かれた「光の中に」(日本社会の中で自身の居場所を見つけようとして悩む朝鮮出身の学生を主人公とする作品。昭和一四(一九三九)年『文芸首都』初出)は芥川賞候補となってからは、「土城廊」「箕子林」「天馬」「草探し」などの作品を相次いで発表、『一年足らずの間に日本における民族主義作家としての地歩を固めた』。『プロレタリア文学が後退する時勢の中にあって、朝鮮文学は朝鮮語による表記がある程度統治権力の眼をくらませたことから、発展の道は確保されていたように思えたが』、昭和一四(一九三九)年十月二十九日、『朝鮮文人協会は「朝鮮文人報国会」として改編されるなど、金史良を含む朝鮮人作家らは』、『なしくずし的に「内鮮一体」を唱える統治権力への隷従を迫られた』。『日本文壇が朝鮮に対する植民地政策に関与するようになる文芸銃後運動も強くなり、金史良の直面していた状況は非常に厳しいものであった』。『太平洋戦争の開戦の翌日の』昭和一六(一九四一)年十二月九日朝には『鎌倉警察署に検挙され、翌年』一『月末に釈放されている』。『従軍作家になり時局に協力する「文章報国」、あるいは執筆そのものの禁止など、釈放の条件については不明であるが、この釈放の時点で思想的、政治的な後退があったことは否めない』。釈放直後の昭和昭和一七(一九四二)年二月、『金史良は旅費を調達して帰国した』。即ち、『日本における彼の著作活動は、この』一九三九年秋から一九四一年(昭和十四年から昭和十六年)秋までの、わずか二年間であった。『帰国後、金史良は郷里の平壌府仁興町に落ち着いたが、表立った活動は』せず、『沈黙の中で、日本統治下における彼の作品活動の集大成とも言うべき長編「太白山脈」を執筆』、一九四三年(昭和十八年)に発表、『李朝末期の激動期、火田民と呼ばれる最下層民衆が太白山脈に自由の新天地を求めて戦うというこの作品は、民族主義作家としての金史良が時局の中で選択したギリギリの抵抗の所産であった』。『「太白山脈」は『國民文學』に連載され』、一九四三年十月に完結しているが、『細かなエッセイを別とすれば、彼の日本語による最後の小説作品となった』。『バイリンガルの作家であった金史良の、伝奇的、通俗的な武侠小説の面白さをはらんだこの作品は、しかし、日本語で書かれる積極的な意味を見出すことができないとも言える』。『しかしこの作品以降、海軍見学団の一員として派遣が決定され、時局協力は差し迫ったものとなり、ルポルタージュ「海軍行」から長編小説「海への歌」に至るまで、激しい憤りと絶望感を内に秘めながら「宣伝小説」を書き、統治権力への協力の姿勢を強めていった』。『いずれも朝鮮語で書かれ、植民地朝鮮での御用新聞である朝鮮語版の総督府機関紙「毎日申報」にて連載され』ている。『日本語でならともかく、朝鮮語で国策便乗の親日的な文章を書いてしまったという強い挫折感』から、一九四四年(昭和十九年)に『入ると彼は著作活動を中止し、大同工業専門学校に勤めてドイツ語を教えた』。『この沈黙状態は、中国の抗日地区へ脱出する』一九四五年(昭和二十年)六月頃まで続いている。一九四五年二月のこと、『金史良は國民総力朝鮮聯盟兵士後援部から「在支朝鮮出身学徒兵慰問団」の一員として北京に派遣され』て北京のホテルに投宿したが、『ここで抗日解放区への脱出を模索』、五月二十九日『午前に北京駅から南下する列車に乗り彰徳へ向か』い、三十日夕刻、『順徳駅で下車し工作員に手引きされ、日本軍の封鎖線を突破し、徒歩や人力車で』翌未明『に華北朝鮮独立同盟の連絡地点に到着』、『めざした華北朝鮮独立同盟の本拠地、河南店に近い南庄村に到着したのはおよそ』一か月後のこととされる。『このころの作品として、脱出行から抗日陣営に身を投じるまでの経験を書いた』「駑馬万里」のほか、『「胡蝶」「ドボンイとベベンイ」といった徹底抗戦を呼びかけ』、『文化啓蒙と宣伝を目的とした戯曲を書い』ている。『日本の敗戦後、彼は張家口から熱河省承徳を経て京城に』戻り、一九四六年二月頃には『京城から再び平壌に戻った』。『解放後の新しい朝鮮の社会状況の中で、作家的情熱を作品活動に注いだ』。一九五〇年六月、『朝鮮戦争が』始まると、『北の軍隊に従軍』、『この従軍中に』金史良は『死亡した』。この『ことを日本に知らせたのは』、一九五二年三月二十二日附の中華人民共和国の新聞『光明日報』に掲載された『呉邁による記事で、のちに日本で発行されていた朝鮮語紙「解放新聞」に翻訳、転載された』。『この時期にプサンに近づいた記録「海が見える」と「われらかく勝てり」を執筆し、のちに刊行され』ている。『呉邁の記事によると、金史良は朝鮮人民軍の第一次撤退の』一九五〇年十月『に「生涯を絶った」とある』(『この撤退はアメリカ軍の仁川上陸に対応して行われた』もの)。霜多正次(後注参照)の『聞き書きによれば、撤退の途中、持病の心臓病により』『江原道原州付近で』、『落伍し行方不明になっ』たと推定され、以来、『今日まで消息は不明であ』る。三十六歳であった。彼の作品を私は読んだことがない。梅崎春生より一つ年上。

「保高」保高徳蔵(やすたかとくぞう 明治(一八八九)年~昭和四六(一九七一)年)は小説家。ウィキの「保高徳蔵によれば、『大阪市生まれ、早稲田大学英文科卒業。読売新聞記者、博文館編集者などをへて』、大正一〇(一九二一)年に『「棄てられたお豊」を発表し、正宗白鳥に認められる』。昭和八(一九三三)年、『同人誌『文藝首都』を創刊し、ここから半田義之、金史良、芝木好子、大原富枝、北杜夫、田辺聖子、佐藤愛子、なだいなだ、中上健次、勝目梓、林京子など数多くの作家を輩出した』とある。彼の作品を私は読んだことがない。梅崎春生より二十六歳年上。

「霜多正次」(しもたせいじ 大正二(一九一三)年~平成一五(二〇〇三)年)は小説家。ウィキの「霜多正次によれば、元日本共産党員。『沖縄県国頭郡今帰仁村に生まれた。沖縄県立第一中学校から旧制五高に進学。同級の梅崎春生と親交を結び、文学の道をめざす。東京帝国大学英文科卒業後』、昭和一五(一九四〇)年に『応召し、各地を転戦したあとブーゲンビル島に配属される。日本の敗色が濃厚となった』昭和二〇(一九四五)年五月、『オーストラリア軍に投降し、捕虜となる』。『復員後、故郷には戻らず、東京で文学をめざし、新日本文学会の事務局に勤務しながら』、『小説を書』き、昭和二五(一九五〇)年に雑誌『新日本文学』に『「木山一等兵と宣教師」を発表、作家として認められるようにな』った。『このころから、西野辰吉・窪田精・金達寿たちと交流を深めてい』き、昭和二八(一九五三)年、『初めて沖縄本島に帰郷し、米軍占領の実態を見聞し、沖縄本島を直接の題材にした作品を発表し始める』。昭和三一(一九五六)年に『新日本文学』に連載を開始した長編「沖縄島」で『毎日出版文化賞を受賞』、翌年には、『西野・窪田・金たちとリアリズム研究会を結成し、「現実変革の立場にたつリアリズム」を追求した。また、新日本文学会のなかでも幹事を歴任していたが、当時の会をリードしていた武井昭夫たちの文学方法との対立が激しくなり』、昭和三九(一九六四)年の第十一回大会に於いて、『幹事会の報告草案が部分的核実験禁止条約の支持を一方的に表明したり、アヴァンギャルドとリアリズムの統一という特定の創作方法を押しつけるようなものになろうとしたことに反対を表明し、同じく幹事であった江口渙と西野辰吉と共同して、相違点を保留して全体が合意できる一致点にしぼった対案を大会の場で提案しようとした。しかし、大会では対案の提出は認められず、大会の秩序を乱したという理由で、その後新日本文学会を除籍された。これは、新日本文学会と日本共産党との核兵器対策での路線対立も関係しており、日本共産党の意見に沿った霜多等は排除された』。昭和四〇(一九六五)年の『日本民主主義文学同盟創立の際には副議長に選出され、新日本文学会に代わる民主主義文学運動の団体として、運動の発展に貢献した』。昭和四六(一九七一)年には、一九六〇年代の『沖縄の現実を描いた長編』「明けもどろ」で日本共産党が設けていた『多喜二・百合子賞を受賞した。この時期を中心にして、多くの長編小説を書き、沖縄県や日本の現実の矛盾を深く追及する作品を書いた』。昭和五〇(一九七五)年には文学同盟議長に就任(昭和五八(一九八三)年まで)、それを『退任したあとは、主として同人誌『葦牙』に拠って活動し』、昭和六二(一九八七)年には『文学同盟も退会した。その後、日本共産党を除籍され、当時の自らの文学活動を省みる回想記』「ちゅらかさ」を発表している。梅崎春生より二歳年上。私は彼の作品なら幾つかを読んでいる。

「五尺八寸」百七十五センチメートル。なお、梅崎春生も身長は高かった。

「牛込の横寺町」現在の東京都新宿区横寺町(よこてらまち)。

「朝鮮にドブロクがある」朝鮮半島の伝統酒で米を主原料とするアルコール発酵飲料マッコリのこと。アルコール度数は六~八%程度。私も大好物である。]

« 諸國百物語卷之三 十三 慶長年中いがの國ばけ物の事 | トップページ | 谷の響 一の卷 八 蛇塚 »