フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之二 31 京大佛の巨鐘を動かせし人の事 | トップページ | 譚海 卷之一 同所ほひろひ幷蠟燭の事 »

2016/10/24

甲子夜話卷之二 32 紀州、奥州の地より象骨出し事

2-32 紀州、奥州の地より象骨出し事

先年多紀安長の話しは、佛氏彌勒の世と云ふことを説く。これ妄言とも謂れず。紀州熊野の山中にて大骨見出せり。全く獸骨なり。一は羽州最上川の水濱より、同き大骨出づ。共に象骨なるべしと評す。奈んとなれば、德廟の時、異邦より御取寄の象、死して後其骨を某の處某寺に納て在り【處、寺、共忘】。此骨全く紀羽の地より出し物と同じ。然ば吾國にも、上古此獸有りて、今は無くなりしものか。

■やぶちゃんの呟き

「多紀安長」「たきやすなが」。奥医師であった多紀元簡(もとやす 宝暦五(一七五五)年~文化七(一八一〇)年)。ウィキの「多紀元簡」によれば、『名は元簡、字は廉夫、幼名は金松、長じて安清、安長と改め』たとある。医師『多紀元徳(藍渓)の長子として生まれる。儒学を井上金峨に、医学を父について修め』、安永六(一七七七)年に第十代将軍『徳川家治にお目通りが許される』。寛政二(一七九〇)年、『老中の松平定信にその才を信任され奥医師に抜擢、法眼に叙せられ』、第十一代『徳川家斉の侍医となる』。寛政三(一七九一)年に『父の主宰する躋寿館が官立の医学館となると』、『その助教として医官の子弟の教育にあたった』。寛政六(一七九四)年に『御匙見習とな』寛政一一(一七九九)年に父が致仕し、家督を相続、同年八月には『同族の吉田沢庵とともに御匙役となった』が、享和元(一八〇一)年、『医官の選抜に関して不満を直言したため、奥医師を免ぜられて寄合医師に左遷された』。文化三(一八〇六)年に『医学館が類焼し、下谷新橋通(向柳原町)に再建し転居した』。文化七(一八一〇)年には『再び奥医師として召し出されたが、その年の』十二月に急死した。『考証学者などと交わり、古医学書の蒐集・校訂・覆刻につとめ、のちの伊沢蘭軒・多紀元堅・小島宝素・渋江抽斎・森立之らにみる考証医学を確立した』とある。静山より五歳年上。静山が「甲子夜話」の執筆に取り掛かったのは、文政四(一八二一)年であるから、かなり以前の本人からの聞き書きである。

「話しは」「はなししは」。

「佛氏」仏教。

「彌勒の世と云ふことを説く」「弥勒下生経」などでは、弥勒菩薩は現在、兜率天(とそつてん:欲界六天(天上界の内、未だ欲望に捉われる六つの天界。四王天・忉利天・夜摩天・兜率天・化楽天・他化自在天)の第四天)にあって説法しており、釈迦入滅後から五十六億七千万年後に我々のいる地上に下生(げしょう)し、釈迦の説法に漏れた無数の衆生を救済するとする。ここはその途方もない未来の時間を過去に敷衍した時間認識を指す。

「紀州熊野の山中にて大骨見出せり。全く獸骨なり」不詳。紀州からは現在、中生代ジュラ紀の放散虫化石などの産出が認められるから(和歌山県立日高高校教諭寺井一夫氏の化石層序(PDF)を参照されたい)、古代恐竜の骨などが見つかってもおかしくはないし、日本にはナウマンゾウ(哺乳綱獣亜綱真獣下綱アフリカ獣上目長鼻目ゾウ科パレオロクソドン属ナウマンゾウPalaeoloxodon naumanni)が棲息していた。ウィキの「ナウマンゾウ」によれば、『はっきりとした年代は不明だが遅くとも』六十五万年~二万年前頃には『すでに出現していたのではないかと思われ』約二万年前頃から衰退し、約一万五千年前の『新生代更新世後期まで』棲息していたとあるから、その化石とも考え得るが、学術上の出土と確認は近代以降で、江戸時代の「紀州熊野の山中」や「最上川の水濱より、同き大骨出づ。共に象骨なるべし」というような事例の実記録は確認出来なかった。但し、同ウィキに『ナウマンゾウなどのように大型の動物の歯や骨の化石は「龍骨」(または「竜骨」)と呼ばれ、古くから収斂薬、鎮静薬などとして用いられてきた。正倉院には「五色龍歯」(ごしきりゅうし)と呼ばれるナウマンゾウの臼歯の化石が宝物として保存されている』とあり、日本各地から大型爬虫類(恐竜)や哺乳類の化石は古くから出土していたことは間違いない。これらの紀伊半島や最上川からの江戸期の化石出土について詳しい知見をお持ちの方の御教授を乞うものである。

「奈んとなれば」「いかんとなれば」。どうしてそう断言出来るかというならば。

「德廟」徳川吉宗。

「異邦より御取寄の象、死して後其骨を某の處某寺に納て在り」この詳細は私の電子テクスト注耳嚢 巻之十 文化十酉年六月廿八日阿蘭陀一番舟渡來象正寫の事で詳細に注してある。是非、読んで頂きたい。

「共忘」「ともにわすれたり」。

「然ば」「しからば」。

「吾國にも、上古此獸有りて、今は無くなりしものか」そうなんですよ、静山先生!

« 甲子夜話卷之二 31 京大佛の巨鐘を動かせし人の事 | トップページ | 譚海 卷之一 同所ほひろひ幷蠟燭の事 »