フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 谷の響 一の卷 十三 自串 | トップページ | 「崖」について   梅崎春生 »

2016/10/16

諸國百物語卷之三 十六 下總の國にて繼子をにくみてわが身にむくふ事

     十六 下總(しもふさ)の國にて繼子(まゝこ)をにくみてわが身にむくふ事

 

 下總のくにゝ、松本源八(まつもとげんはち)と云ふ人あり。十二、三になるむすめ有りけるが、母むなしくなりて、源八、また、のちの妻をよびむかへける。繼母、此むすめをにくみて、あるとき、あたりちかき沼へつれゆきて、

「此むすめを沼の主(ぬし)にしんじまいらせ、むこにとり奉らん」

といひてかへり、そのゝち、五、六度も、かくのごとくしけり。あるとき、又、沼のほとりへゆきければ、にわかにそらかきくもり、すさまじく風ふき、大雨しきりにふりければ、おそろしくて、親子ともにたちかゑり、むすめ、父にはじめをはりを物がたりしければ、父源八も、まゝ母の心ざしをにくみ、切りころさんとも、おもひゐける所へ、そのたけ四五町がほどもつゞきつらんとおぼしき大じやきたり、くびをあげ、くれなひのしたをうごかし、此むすめにむかふ。源八これを見て、

「いかに大蛇、此むすめは、わが實子也。たとい、繼母がゆるすとも、それがしがゆるしなくては、此むすめは、かなふまじ。そのかわりに繼母を、なんぢにまかするぞ」

といひければ、そのとき、大じや、繼母のはうにむかつて、したをうごかす。そのまに、源八はむすめをつれて、にげさりぬ。大じやは繼母を七ゑやへにまとい、大あめ、いなびかりして、沼のうちにつれかへりぬ。まゝ子をにくみて、かへつて、その身にむくいしと也。

 

[やぶちゃん注:「此むすめを沼の主(ぬし)にしんじまいらせ、むこにとり奉らん」「此(こ)の娘を沼の主(ぬし)に進(しん)じ參らせ、聟(むこ)に取り奉らん」。「進じ參らせ、聟に取り奉らん」は「生贄として献上し申し上げ、沼の主(ぬし)さまを婿(むこ)として迎え申し上げ、この娘めを嫁として――煮るなり焼くなり八つ裂きにするなりご自由に捌くものとして――差し上げまする」の謂いである。

「むすめ、父にはじめをはりを物がたりしければ」この時、娘は初めて実父に継母がつねづねより何度も何度も「此の娘を沼の主に進じ參らせ、聟に取り奉らん」ことを誓約したことを告白したのである。

「そのたけ四五町がほどもつゞきつらんとおぼしき大じや」その全長が、これ、四百三十七メートルから五百四十五メートルにもなんなんとするかと思われるずるずると長々しい大蛇。

「七ゑやへ」「七重八重(ななへやへ)」。歴史的仮名遣は誤り。同じ「重」と判っていて何故、前を「ゑ」とするのか、よく判らないが、蜷局(とぐろ)を巻いた様子は、「へ」より「ゑ」を(字面も「うぇ」って響きも)感性的には使いたくなる気はしないでも、ない。

「まとい」「纏ひ」。歴史的仮名遣は誤り。

「むくいし」「報ひし」歴史的仮名遣は誤り。]

« 谷の響 一の卷 十三 自串 | トップページ | 「崖」について   梅崎春生 »