フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國百物語卷之三 十一はりまの國池田三左衞門殿わづらひの事 | トップページ | 谷の響 一の卷 六 龍尾 »

2016/10/12

野間 宏   梅崎春生

 

 昨年木下順二が家を建てた時、ずいぶんかざりっ気のない無趣味な家を建てたんだってね、と私が言うと、木下はちょっと考えて、うん、無趣味だけれども野間君の家よりもかざりっ気があるよ、と返事した。

 そのかざりっ気のない野間邸に、私は昨日初めて訪問したのだが、なるほどあの家には全くかざりがない。実にさっぱりとして、剛直な感じがするくらいだ。そして家の機能だけは完全にフルに果たしているところが、いかにも野間式らしく、私は感服した。男の中の男という言葉があるが、これはある意味において、家の中の家である。

 家はこのようにして剛直だが、現在この家の主の健康はあまり剛直ではないようだ。

 私が野間君と初めて顔を合わせたのは、九年ほど前になるが、あの頃彼は筋肉質な身体で、むしろほっそりとしていた。ところが今ではずいぶん肥って、むくんでいるようにさえ見える。同じくあの頃ほっそりしていた椎名麟三、中村真一郎の両君もいつの間にか現今はすっかり肥り、肥らないのは私だけのような感じがして淋しい。肥った人と対座すると、私は何だか圧倒されるような気がするのだ。

 野間君は本や紙筆を出して、自分の病気を説明してくれた。現今彼をなやましているのほ、胆石であり、胆囊(たんのう)炎であり、肝臓肥大である。私も時々肝臓を悪くするから知っているが、この病気は身体がだるく、何もしたくない、何をする意欲も出ない、という特徴を持っている。それに胆石、胆囊炎が加わっては、これはたいへんなことだろうと私は同情し、そしてそういう状態で「地の翼」のような大きな作品を、着々と書き続けて行くことに、すっかり感服した。並たいていな精神力ではやれることでなかろう。

 「地の翼」は目下連載中だから論評出来ないけれども、この大作の筆致には、ゆるぎないものを摑(つか)んだという強い自信のようなものが感じられる。全部で七百枚ぐらいの予定で、一週間の間の事件を取り扱うつもりだとのことで、これが完結すると今度は「時計の眼」を書きつづけたいと彼は言う。ここしばらく沈黙していたのは、上述の病気のせいであるが、近頃は摂生によって徐々になおりつつある方向にむかい、目方もひところより一貫目減少した(と言ってもまだまだ肥っているが)というから、ようやく仕事のめどがついて来たのだろう。

 ビールを御馳走になり(彼もー緒に飲んだが、ビールは肝臓によくないのではないか)ゆるやかな坂道を表通りまで送ってくれる時、今度は量的に仕事をして行きたい、と彼は私に語った。これは皆が待ち望むことであるし、期待することでもある。早く健康を回復していい仕事をして貫いたいと、その時口には出さなかったけれども私はそう思い、今でも思っている。

 

[やぶちゃん注:昭和三〇(一九五五)年十二月号『文芸』初出。底本は沖積舎「梅崎春生全集 第七巻」に拠った。傍点「ヽ」は太字に代えた。

「野間 宏」野間宏(大正四(一九一五)年~平成三(一九九一)年)は梅崎春生にとって第一次戦後派の文学的戦友である。私は実質上の文壇デビュー作である「暗い絵」(昭和二一(一九四六)年『黄蜂』)を一番に薦す。春生と同年。

「木下順二」(大正三(一九一四)年~平成一八(二〇〇六)年)は春生より一つ年下であるが、熊本五高三年次を春生が落第したために春生と同級になっており、それ以来であるから、つき合いとしては長い。

「地の翼」は上巻が昭和三一(一九五六)年に河出書房より刊行されたが、書き継がれることなく未完に終わった。私は未読。

「時計の眼」昭和三二(一九五七)年以前の作品であるが、不詳。識者の御教授を乞う。]

« 諸國百物語卷之三 十一はりまの國池田三左衞門殿わづらひの事 | トップページ | 谷の響 一の卷 六 龍尾 »