フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國百物語卷之二 二十 越前の國にて亡者よみがへりし事 | トップページ | 佐渡怪談藻鹽草 河原田町止宿の旅人怪異に逢事 »

2016/10/01

映画「硫黄島の砂」をみて   梅崎春生

 

 この映画は、アメリカ海軍陸戦隊の一分隊をとおして、タラワ、硫黄島攻略戦を描いている。物語の中心人物は、その分隊長、いわゆる鬼軍曹とでもいったような性格の人物で、これをジョン・ウェインが演じる。一応柄にはまった演技だ。こういう性格は、軍隊にはよく見られる型で、「北西への道」のスペンサー・トレイシーが演ずる主人公も、同じ型である。非情で、頑固で、全く戦闘向きの性格だが、こういう性格を設定することが、戦争映画、軍隊映画の、ひとつの定石なのであろう。

「硫黄島の砂」の構成方法は、日本の戦時中の映画「麦と兵隊」と同一である。つまり、一分隊を描くことによって、戦争そのものを描こうというやり方だ。米国版「鉄と兵隊」とでもいうところか。

 戦闘の描写は、私が今まで見た映画の中で、最も大がかりであり、また迫力をも持っている。実写とロケーションを巧妙に使いまぜて、実戦の凄惨さを髣髴(ほうふつ)とさせる。タラワのもそうだが、硫黄島のそれはことにいちじるしく、戦争というものは、巨大なる物量の費消だということを、はつきりと感じさせる。

 第一次大戦に取材した戦争映画にくらべて、ここには、戦争のロマンティシズムといったようなものはない。描かれているのは、非情な鉄の世界であり、大量的殺戮(さつりく)の状況である。私はこの映画を観ながら、楽しさというものを全然感じなかった。感じたのは、むしろ、生理的な苦痛のようなもの。

 ただし、この映画では、日本兵の姿は全然現われない。原版にはあるそうであるが、日本での封切にさいして削除した由である。そのせいで、この大がかりな攻撃も、単に一方的に力んでいるという印象は免れ難い。トーチカの中からひらめく日本軍の機関銃火、そういうものはあるけれども。

 分隊長の部下には、いろんな型の兵隊がいる。かつての日本製戦争映画みたいに、尽忠報国の人間ばかりではない。そういう点は、アメリカらしいがやはりそれらも型どおり、ひとつにまとめられている。だからこの映画は、見る人によって、いろいろ印象が異なるだろう。戦争の惨禍をまざまざとくみとる人もあろうし、その道の場合、つまり米海兵隊の勇猛さに感激して、戦意(?)を高揚する人もあるだろう。ある意味においては、よき反戦映画であり、別の意味においては、危険な映画である。後者のような観方は、厳に警戒さるべきである。

 

[やぶちゃん注:初出未詳。底本は沖積舎「梅崎春生全集 第七巻」に拠った。底本解題には執筆を昭和二五(一九五〇)年とするが、私はこれはおかしいと思う。何故なら如何に示すように「硫黄島の砂」の日本公開は昭和三七(一九六二)年だからである。同底本では「エッセイⅠ」の巻頭に本篇が配されてある。

「硫黄島の砂」Sands of Iwo Jimaは一九四九年(昭和二十四年)製作のアメリカ映画(公開も同年十二月十四日。日本公開は恐らくは敗戦した日本国民を考慮し、また梅崎春生の言っているような大幅な再編集作業もあって、大幅に遅れ、昭和三七(一九六二)年六月十九日であった。複数資料で確認済み)。監督はアメリカの映画監督で脚本家・映画プロデューサーでもあったアラン・ドワン(Allan Dwan 一八八五年~一九八一年:サイレント時代以来、実に四百三十本を超える作家的キャリアを持つ、アメリカ映画のパイオニアの一人(ウィキの「アラン・ドワン」に拠る)。原案はハリー・ブラウン(Harry Brown 一九一七年~一九八六年)。なお、残念なことに私はこの「硫黄島の砂」を含め、彼の作品は一本も見たことがない)。主人公軍曹ジョン・M・ストライカー(Sgt. John M. Stryker)を四十二歳のジョン・ウェイン(John Wayne 一九〇七年~一九七九年)が演じた。ウィキの「硫黄島の砂」によれば、『太平洋戦争末期の』「硫黄島の戦い」(太平洋戦争末期の昭和二〇(一九四五)年二月十九日から同年三月二十六日)に東京都小笠原諸島の硫黄島に於いて行われた日本軍とアメリカ軍と戦闘。アメリカ軍側の作戦名は「デタッチメント作戦」(Operation Detachment)。日本軍は二万百二十九名が戦死(或いは戦闘中行方不明)、アメリカ軍は戦死六千八百二十一名で大東亜戦争後期の上陸戦でのアメリカ軍攻略部隊の損害(戦死・戦傷者数等の合計人数)実数が日本軍を上回った稀有な戦いで、この硫黄島上陸後わずか三日間に行われたヨーロッパ西部戦線に於ける対ドイツ戦「史上最大の上陸作戦」こと「ノルマンディー上陸作戦」(「オーバー・ロード」作戦)における戦死傷者数を上回るなど、第二次世界大戦最激戦地の一つである。以上はウィキの「硫黄島の戦い」に拠る)『を題材としている。硫黄島の星条旗を実際に立てた兵士たちが出演していることでも有名。また、硫黄島の戦いで』第三海兵師団(3rd Marine Division)団長であったグレーブス・アースキングレーブス・ブランチャード・アースキン(Graves Blanchard Erskine 一八九七年~一九七三年)将軍が『アドバイザーとして撮影に参加している』。『ロケーション撮影は、カリフォルニア州ロサンゼルスのCBSスタジオセンター、同州サンディエゴ郡オーシャンサイドのアメリカ海兵隊キャンプペンドルトン基地、同州サウザンドオークス、同州サンタカタリナ島で行われた』。『主演のジョン・ウェインはアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、他にも脚色賞、編集賞、音響賞にノミネートされたが、いずれも受賞はしていない。ウェインは本作で、米国の雑誌『フォトプレイ』のフォトプレイ映画賞男優賞を受賞した』。以下、ウィキの「梗概」。『アメリカ海兵隊の軍曹であるストライカーは、ニュージーランドのパエカカリキ基地で部下たちを厳しく訓練していた。やがて、ストライカーの隊も前線への移動が決まり、タラワの戦い、次いで硫黄島の戦いに参加することとなる。しかし、日本軍の抵抗の前に1人また1人と隊の仲間たちは倒れていく。そして硫黄島で摺鉢山山頂への偵察を行った時、ついにストライカーも撃たれてしまい、仲間が駆け寄ったときには既に息が無かった。悲しみに暮れる仲間たちの後ろでは今まさに星条旗が掲げられようとしていた』。サイト「Movie Walker」の同映画のそれのほうがよい。以下に引く。一九四三(昭和十八)年、『ニュージーランドの基地で戦争訓練を行なっている米海兵隊のジョン・ストライカー軍曹(ジョン・ウェイン)は、その過酷さの故に鬼分隊長として部下の反感を買っていた。新兵のピーター・コンウェイ(ジョン・エイガー)は、戦死した父大佐のことを元部下のストライカーが誉めるだけ、一層彼を敬遠していた。コンウェイがストライカーの反対を押し切ってアリスン・ブロムウェイ(アデイル・メラ)と結婚する頃、分隊はタラワ上陸作戦に参加することになった。この戦闘で分隊は兵数名を失い、トーマス伍長は橋頭堡でコーヒーを飲んでいるうちに、戦友を日本兵に刺し殺される失策を演じた。そしてストライカーは、親友のベス(ジェームズ・ブラウン)が重傷を負って呻いているのにも耳を貸さず、コンウェイらを憤激させた。分隊はハワイへ帰り、ストライカーは街の女メリー(ジュリー・ビショップ)と知り合ったが、彼女に子供のあることを知って何事もなく別れた。ついで分隊は硫黄島作戦に参加、摺鉢山に星条旗を押し立てたが、一息ついたストライカーは日本兵に狙撃されて即死した。彼のポケットに残されていたのは、故国のいとし子に送るやさしい手紙であった』とある。

「タラワ」「タラワの戦い」。太平洋戦争に於いて昭和一八(一九四三)年十一月二十一日から同年十一月二十三日にかけて、当時、日本軍が占領していたギルバート諸島(Gilbert Islands)タラワ(Tarawa)環礁ベシオ(Betio)島(現在のキリバス共和国(Republic of Kiribati))で行われた日本軍守備隊とアメリカ海兵隊との戦闘。米軍は「ガルヴァニック作戦」(Operation Galvanic)の一環として実施した作戦で、近代戦史初の正面からの水陸両用強襲作戦とされる。参照したウィキの「タラワの戦い」によれば、『この戦いでアメリカ軍は少なからずの損害を出したため、恐怖のタラワterrible Tarawa)もしくは悲劇のタラワtragic Tarawa)と呼ばれた』とある。日本軍戦死者 四千七百十三名、米軍戦死者千九名。

「北西への道」(Northwest Passage)は、一九四〇年にアメリカで製作・公開された、私の好きなスペンサー・トレイシー(Spencer Tracy 一九〇〇年~一九六七年)主演の映画。勘違いしてはいけないのは、一七五〇年頃の英国統治下にあったアメリカを舞台とした開拓時代の戦争映画であることである。サイト「KINENOTE」の同作データにあるシノプシスを引く。当時、『新大陸に領土拡張を企図するフランスが凶悪なインディアンを手先として、英人開拓者に残虐な妨害を企てていたため紛争が絶えなかった。血の気の多い造船業者の息子の青年画家ランドン・タウン(ロバート・ヤング)はハーバード大学に在って教師を風刺したため放校されメイン州キタリイの我が家に帰ったが、婚約者エリザベス(ルース・ハッシー)の父のブロウン牧師と前途の職業のことで衝突し、婚約破棄を申渡され、憤懣の余り酒に勢をかりて植民地監察官ジョンスン卿の悪口をいい危うく逮捕されそうになった。ランドンはジョンスン卿を悪罵して捕らえられていた奮友のハンク・マリナア(ウォルタア・ブレナン)と街をのがれる途中の街道で、ロバート・ロジャース少佐(スペンサア・トレイシイ)と知り合った。フランス側のインデアンの根拠地の急襲を計画中のロジャース少佐は二人を説いて、自分の討伐隊に参加させる。討伐隊の目的地は聖フランシスのインデアン集落であったが、途中行程は言語に絶する困難なものであった。彼らは仏軍に発見されぬ様、夜間だけ水路を進んで行ったが、途中で道案内のインデアンの裏切りのため、負傷した四分の一の隊員を後送し、僅か200名足らずの部隊となったが、ロジャース少佐の強い意志の指揮よろしきを得、22日の行軍の末、ついに目的地に到着した。部隊は暁と共に聖フランシスの集落を奇襲し、イギリス人に暴虐行為をふるったインデアンを殲滅した。しかし、彼らが当にしていた食糧は焼けており、帰路は往路に勝る苦難なものとなった。戦闘で腹部に重傷を負ったランドンは幾度か落伍しかけたが、ロジャース少佐の激励と、集落で救われた白人の女ジエニー(イザベル・ジュウェル)に介抱されながら隊列を追って行った。食糧の欠乏のため、ロジャース少佐の指揮も徹底せず、食料を求めるため途中で四隊に分かれて分進し、集結点のウェントワースの砦に着いたのはロジャース少佐の率いる一隊のみであった。瀕死の隊員はようやく救援隊の到着に生気をとり戻し、喚起をあびてポーツマスに帰った。ロジャース少佐の指揮する討伐隊は英国王の新たなる命令により、北西の路を太平洋岸まで開拓するため、再び出発しなければならなくなった。エリザベスと結婚し、英国に絵画修業に行くことになったランドンは、一行を感慨ぶかく見送った』。

「麦と兵隊」火野葦平が昭和一三(一九三八)年に『改造』に発表した戦記小説。ウィキの「麦と兵隊」によれば、『本作品は火野の弁によると小説ではなく従軍記録であり、日中戦争開始翌年』、昭和十三年五月の『徐州会戦に於ける進軍中の旧日本軍の実情を、従軍民間マスコミの高慢な態度などとも併せて活写している』。『前年末の南京攻略戦参加(杭州湾に敵前上陸)の後、火野は招集直前に脱稿した政治的寓意小説『糞尿譚』によって3月に第六回芥川賞を受賞し、4月に中支那派遣軍報道部に転属されている3月、杭州で文芸評論家小林秀雄による陣中授与式が行われた。本作品の山場である孫圩(そんかん)』『での中国軍の強襲の最中、極限状況に陥る場面で、火野が小林との哲学的対話を想起しながら走馬燈体験をする箇所がある。この日の記述には、私は、今、廟の前の穴から出て来て、再び廟の中に入り、この日記を書きつけて居る。私は昨日まで一日終わって、その一日の日記を書きつける習慣であったけれども、今、私は、既に、一日終る迄私の生命があるかどうか判らなくなった。今は午後六時二〇分である。というような箇所があるように、『麦と兵隊』は「どんなに疲れていても遺書のつもりで書く」(本人談)という火野の強い意志の結実であると言える』。『小林は本作品を戦場における日本人の自然な心情の発露として賞賛している。抛棄された民家に残る現地中国人の生活感、進軍中果てることなく続く麦畑等自然の風物、戦闘で負傷し遺棄されて憔悴して草をはむ軍馬の姿などが印象的である』。『戦後、火野は当局に削除されていた捕虜の殺傷場面などを記憶を頼りに補筆し、これを以って「最終稿」とした』。「麦と兵隊」は、『捕虜の支那兵を日本軍の軍人が斬首するのを火野が反射的に目を背け、火野が自分自身のその当たり前の人間としての反応に自ら安堵する感想で終わる。前年末の南京攻略戦の折の百人斬り競争が本土および海外の紙面を賑わせた結果、国内では問題視されなかったが、海外では虐殺行為が国際的非難を呼び起こして軍部が対応に苦慮していた時期である』。『本作品は、発表翌年』に早くも英訳され、現在まで約二十ヶ国語に翻訳されており、『日本国内における記憶の低下に反して現在でも評価は高い』。『火野は本作品によって、いわば帝国軍人の規範としての役割を担わされ、戦時中は除隊帰還後も各地で講演などを行った。このため敗戦後間もなく』、『復員兵から罵声を浴びるなどもし』、昭和二二(一九四七)年の『「黄金部落」には戦後の希望に満ちた内容とは裏腹に、既に復員兵の戦時中の上官への復讐心を書いた逸話も見える』。翌一九四八年にはGHQによって『文筆家としての追放処分を受けた。これらのことは』、昭和三三(一九六〇)年の『新安保条約締結直後の自裁に至る戦後の火野の足取りに、暗い影を落としていると見られる』とある。なお、私は火野葦平の「河童曼陀羅」電子化注を手掛けている。未見の方は、御笑覧あれ。

『米国版「鉄と兵隊」』「麦と兵隊」を皮肉った謂いであって(「鉄」は物量戦で勝ったアメリカ、或いはアメリカ兵を鉄製の交換部品に「非情」に擬えたものでもあろう)、このような小説が実際にアメリカにある訳ではない。なお、ウィキの「麦と兵隊」の注に、六十年安保闘争『直後の火野の自裁後、間もなく米作家ジェームズ・ジョーンズ』(James Jones 一九二一年~一九七七年:第二次世界大戦とその戦後について探求した作品で知られ、私も好きな真珠湾攻撃前後を舞台とした兵隊映画「地上(ここ)より永遠(とわ)に」(From Here to Eternity)の原作者である)が上梓した小説「シン・レッド・ライン」(The Thin Red Line  一九六二年)は火野の「麦と兵隊」の『ガダルカナル戦における米兵視点からの書き直しとでも言うべきものである。テレンス・マリック』(Terrence Malick 一九四三年~)による同作の一九九八年の『映画化作品では、火野の原作を連想させる光景が頻出する』とある。]

« 諸國百物語卷之二 二十 越前の國にて亡者よみがへりし事 | トップページ | 佐渡怪談藻鹽草 河原田町止宿の旅人怪異に逢事 »