フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 佐渡怪談藻鹽草 百地何某狸の諷を聞事 | トップページ | 映画「硫黄島の砂」をみて   梅崎春生 »

2016/10/01

諸國百物語卷之二 二十 越前の國にて亡者よみがへりし事

     二十 越前の國にて亡者(もうじや)よみがへりし事

 

 ゑちぜんの府中に法花寺(ほけでら)あり。あるとき、死人をつれきたりて、寺にてもくよくをさせ、髮をそりけるに、聖人(しやうにん)、手に腫物(しゆもつ)できたるゆへ、弟子にすらせければ、死人(しにん)の髮、にわかに鹿の毛のごとく、こわくなり、なかなか、そりあたらず。そろそろ、かみながくなりければ、弟子ぼうず、かみそりをすて、にげんとする所に、聖人、亡者にむかい、

「なんぢ、つねづね、心もちあしき故、死しても、まよふ、と見へたり」

とて、きやうくんし、經をよまれければ、死人の髮、しだいにやわらぎ、みじかくなりけると也。きく人、みな、聖人のしゆしやうなる事をかんじけると也。

 

[やぶちゃん注:底本のページ末には「諸國召物語卷之二終」とある。

「ゑちぜんの府中」福井県嶺北地方の中南部に位置する市越前市内か(国府遺構は発見されていない)。

「法花寺」これは天台宗の別称である天台法華宗である。日蓮宗ではない。後の「すらせければ」の注を必ず参照のこと。

「もくよく」「沐浴」。この場合は、清拭(せいしき)のための湯灌(ゆかん)・湯洗のこと。仏葬に於いて死体を棺に納める前に湯水で拭き清めること。

「聖人(しやうにん)」高僧の尊称。ここは当寺の住持と読み換えてよい。

「腫物(しゆもつ)」腫(は)れ物。

「すらせければ」「剃(す)らせければ」。「する」は「剃(そ)る」の音変化。死者の頭髪をこの弟子に剃らせているのである。通常、江戸時代までの浄土真宗及び日蓮宗を除く仏式葬儀に於いては、故人は死後になって「僧」になったと見做し、それを示す証(あかし)として、遺体の髪を完全に剃ったり、或いは一部を切ったりして埋葬する習慣が普通に行われていた。但し、浄土真宗と日蓮宗に於いては教義上の理由から、この儀式は行わなかった(と私は認識している)。されば、冒頭、「法花寺」とはあるものの、ここではこれは「日蓮宗」ではあり得ないことになるのである。

「こわくなり」「強(こは)くなり」。歴史的仮名遣は誤り。

「そりあたらず」「剃り當らず」。剃刀の刃が立たず、一向に髪が剃れず。

「そろそろ、かみながくなりければ」剃れないどころか、逆に妄執の蛇のように、みるみる、ぞろぞろと生き物の如くに髪が延びて長くなってくるのである。だから(「ば」)、弟子の僧が逃げ出すのである。

「心もちあしき故」心掛けが悪かった、現世へ未練を過剰に残しているから。

「きやうくん」「教訓」。

「しゆしやう」「殊勝」。神々しいまでに優れていること。]

« 佐渡怪談藻鹽草 百地何某狸の諷を聞事 | トップページ | 映画「硫黄島の砂」をみて   梅崎春生 »