フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 卷第九 山内御山莊に於いて喧嘩 | トップページ | 不当の犠牲者達 ――『あれから七年』 『壁あつき部屋』――   梅崎春生 »

2016/10/05

佐渡怪談藻鹽草 法螺貝の出しを見る事

      法螺(ほら)貝の出(いで)しを見る事

 

 眞如院文教法印、物語に、

「予八九才の頃、下黑山村に伯母の侍りて、折々遊びに罷りし。或年の五月ころ、明の氣色も、曇がちにて、外へも出ず。夕方より何とやらん、物音噪がしかりしに、翌日の朝、まだ日の闇(くら)きに、前なる稻場へ出て見れば、山などのかたぶきし所に、大き成(なる)割れの見へし。其あたりに、見なれぬ鷄の、二つつれ立(たち)て、あるき侍れば、珍(めづ)ら敷(しく)おぼへ、走り寄(よせ)て見れば、さはなくて、山伏のもてる、ほらの貝の中より、身の出て這(はひ)廻りしなん有ける。人にも見せなんとおもひて、急ぎ伯母にかくと語りいへば、人々いざなひ、かけ來りし。物音にや驚きけんやらん、二つともに、地の割(われ)たる所へ落入(おちいり)、二度出ざりし。此(この)所は海邊より三里斗りも侍(はべる)らん。山にもかゝる物の住(すみ)侍るにこそ、珍ら敷(しき)事に覺(おぼえ)し。其後、貝の出たる事も聞(きゝ)侍らず」

と語られし。

 

[やぶちゃん注:山に棲む法螺貝の怪は前条「堂の釜崩れの事」で詳しく注しておいた。そちらを必ず参照されたい。

「眞如院」「しんによゐん」。現在の佐渡市相川下寺町に現存する真言宗の医王山真如院。

「文教法印」不詳。

「下黑山村」現在の佐渡市下黒山は小佐渡の南の半島部の中央の殆んど平地のない山稜一帯の完全な内陸にある。後に「海邊より三里斗り」とあるように、現在の同地区の中心部から直線で計測すると、本土側の海岸線までは七キロ以上、真野湾方向の最短距離でも四・五キロを越える。

「明」「あけ」。曙。

「噪がしかり」「さはがしかり」。

「稻場」「いなば」。稲を刈り取った後に干すための場所。稲架(はざ/はさ)が普及以前に用いた。

「鷄」「とり」。鳥。

「二つつれ立(たち)て」二羽連れ立って。

「さはなくて」そうではなくて。鳥ではなくて。

「ほらの貝の中より、身の出て這(はひ)廻りしなん有ける」これは前後の描写から、完全に軟体部が抜け出たのではなくて、螺口から外套膜を張り出して貝殻をおっ立てるようにして、極めて活動的に移動していたことを示す。だからこそ鳥の地を歩くように見えたのである。]

« 北條九代記 卷第九 山内御山莊に於いて喧嘩 | トップページ | 不当の犠牲者達 ――『あれから七年』 『壁あつき部屋』――   梅崎春生 »