フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 谷の響 四の卷 一 蛙 かじか | トップページ | 諸國百物語卷之五 十五 伊勢津にて金の執心ひかり物となりし事 »

2016/11/23

谷の響 四の卷 二 氷中の蟲

 

 二 氷中の蟲

 

 安政四丁巳の年の六月廿七日、己が少女(むすめ)雪を估ひて食ひたるが、その雪の中に蟲があるとて見せたるに、八九分ばかりの蟲の細き絹糸のこときなるが、さすがにかたき氷雪の中にありて、活動(はたらき)自在をなして氷面にとほれり。いと希しきものなれば茶碗に入れて置くに、少時(しばし)にして雪とけて水となるに、この蟲のびちゞみすることいとすくやかにしてしかも龍蛇の勢ひをなせり。色は少しくうすあかなれど、小さければ首尾も眼口も俱にあきらかならず。實(げ)に物の性の測るべからざること斯の如くなれば、雪に住める蠶、火に生れる鼠あるといふもむなしきことにはあらじかし。世の人自ら見ぬをもてうたがふべからず。

 

[やぶちゃん注:これはまず、昆虫類に高い頻度で寄生する虫として知られる、脱皮動物上門類線形動物門線形虫(ハリガネムシ)綱 Gordioidea の一種が疑われる。ウィキの「ハリガネムシ」によれば、『水生生物であるが、生活史の一部を昆虫類に寄生して過ご』し、『卵から孵化した幼生は川底で蠢き、濾過摂食者の水生昆虫が取り込む。幼生は身体の先端に付いたノコギリで腸管の中を進み、腹の中で「シスト」』(幼生が厚い膜を被って休眠状態に入ったような状態になることを指し、「被嚢」「嚢子」「包嚢」などと訳される)『の状態になる。「シスト」は自分で殻を作って休眠した状態』にあり、これだと摂氏マイナス三〇度の冷凍下でも死なない、とあり、さらに、『ヒトへの寄生例が数十例あるようだが、いずれも偶発的事象と見られている。ハリガネムシを手に乗せると、爪の間から体内に潜り込むと言われることがあるが、全くの俗説で、成虫があらためて寄生生活にはいることはない』とあり、仮に、誤飲したとしても危険度は低いと思われる。但し、吸血性の環形動物門ヒル綱顎ヒル目ヒルド科 Haemadipsa Haemadipsa zeylanica 亜種ヤマビル Haemadipsa zeylanica japonica の幼体の可能性も疑われる。同種は山地の森林に棲息し、特に湿潤な渓流沿いの苔の多いところなどに多数見られ、私も山でしばしば遭遇した(幸か不幸か、咬傷・吸血を受けたことはないが、引率していた山岳部の生徒が吸血されたことはある)。万一、ヤマビルを誤飲し、それを嚙み潰すことなく、口腔内で吸着されたりすれば、これは危険である。ただ、本種は分布域が岩手・秋田県以南の本州から四国、九州であり、本事例の現場はギリギリな感じはする。また、仮にこれがヤマビルであって、それを誤飲して嚥下した結果、体内で生き延び、吸血し続けることは考え難く、そのような事例も知られていないものと思われる。別に人体に寄生(主に鼻腔内)して長く生き延び、巨大化するまで寄生し続けることもままあるヒルド科 Dinobdella 属ハナビル Dinobdella ferox という厄介な人体寄生種がいるが、これは南方種で、本邦では奄美大島・九州南部・本州の一部に分布域が限られており、これは同定候補から外れる。なお、次の条の「三 水かけ蟲」も参照のこと。

「安政四丁巳の年の六月廿七日」安政四年は正しく「丁巳」(ひのとみ)。西暦一八五七年で、グレゴリオ暦では八月十六日(この年は前に閏五月があるため)。

「估ひて」「かひて」。以前の条に岩木山の雪渓の雪を採りに行き、雪崩(なだれて)て圧死する話が出た(「三の卷」の「三 壓死」)。市井で一般にも売られていたことがこれで判る。

「八九分」二・四~二・七センチメートル。

「雪に住める蠶」私の「和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 雪蠶」の本文及び迂遠な注を参照されたい。

「火に生れる鼠」「竹取物語」でも馴染みであるが、ウィキの「火鼠」から引いておく。『中国に伝わる怪物の一種。火光獣(かこうじゅう)とも呼ばれる』。『南方の果ての火山の炎の中にある、不尽木(ふじんぼく)という燃え尽きない木の中に棲んでいるとされる。一説に、崑崙に棲むとも言われる』。『日本の江戸時代の百科事典『和漢三才図会』では中国の『本草綱目』から引用し、中国西域および何息の火州(ひのしま)の山に、春夏に燃えて秋冬に消える野火があり、その中に生息すると述べられている』。体重は約二百五十キログラム(!)の大鼠で、毛の長さは五十センチメートルあり、絹糸よりも細いという。『火の中では身体が赤く、外に出ると白くなる。火の外に出ているときに水をかけると死んでしまうという』。『火鼠の毛から織って作った火浣布(かかんふ)は、火に燃えず、汚れても火に入れると真っ白になるという特別な布だったという』。この「火浣布」とは実際には、鉱物性繊維の「石綿」であると私も思う。「隋書西域志」によると、『史国に「火鼠毛」が産するという。史国とは昭武九姓の』一『つで、現在のウズベキスタンのシャフリサブスにあった都市国家である』。日本の「竹取物語」で、『かぐや姫が阿倍御主人に出した難題が「火鼠の皮衣(ひねずみのかはぎぬ、~のかはごろも)」である』が、「竹取物語」では、『火鼠の皮衣は天竺(インド)産であるとされている。「火鼠の皮衣、この国になき物なり」』と記す。このような生物は、無論、いない。平尾がこれを信じていたというのは、やや残念な気がする。]

« 谷の響 四の卷 一 蛙 かじか | トップページ | 諸國百物語卷之五 十五 伊勢津にて金の執心ひかり物となりし事 »