フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 本日閉店 | トップページ | 甲子夜話卷之三 8 御鷹匠頭内山七兵衞の事 »

2016/11/26

諸國百物語卷之五 十六 松ざか屋甚太夫が女ばううはなりうちの事

 

     十六 松ざか屋甚太夫(ぢんだゆふ)が女ばううはなりうちの事

 

 京むろ町、中立(なかだち)うり邊に、うとくなる後家ありけるが、子をもたざりけるゆへ、いもうとの子を養子してそだてけるに、せいじんして、みめかたち、うつくしかりければ、あなたこなたより、こいしのびける。そのあたりに、松ざかや甚太夫と云ふ人あり。此内儀、りんきふかき女ばうにて、甚太夫、ほかへいづれば、人をつけてあるかせける。甚太夫、あまりうるさくおもひて、いとまをいだしける。そのあとへ、かの後家のむすめをよびけるが、ほどなく、くはいにんして産所にゐけるに、七夜(しちや)のよの事なるに、座敷のつま戸、きりきりと二度なりしを、内儀は、おいち、と、いひけるが、ふしぎにおもひ、みければ、十八、九の女ぼう、白きかたびらに、しろき帶をして、かみをさばき、ほそまゆをして、かの、おいちを見て、にこにこと、わらふとおもへば、又、きつと、にらみける。おいち、おどろき、

「わつ」

といひてめをまわしければ、人々、おどろき、よびいけなどして、やうやう氣つきける。そのゝち、三十日ばかりすぎて、おいち、ねていられたる所へきて、

「いつぞやは、はじめて御めにかゝり候ふ。さても、うらめしき御人や、うらみを申しにまいりたり」

とて、せなかを、ほとほと、たゝき、うせけるが、それより、おいち、わづらひつきて、つゐに、あひはてけると也。はじめの女ばうのしうしんきたりけると也。

 

[やぶちゃん注:「うはなりうち」「後妻打(うはなりう)ち」。行動としては、中世から江戸時代にかけて行われた民俗風習の一種で、夫がそれまでの妻を離縁して後妻と結婚した際(一般には先妻との離別から一ヶ月以内に前夫が後妻を迎えた場合)、先妻が後妻に予告をした上、後妻の家を襲うものを指す。ウィキの「後妻打ち」に詳しい。但し、ここはその生霊版であり、このタイプは既に「卷之一 八 後妻(うはなり)うちの事付タリ法花經(ほけきやう)の功力(くりき)」で登場し、同系統の話柄は本「諸國百物語」の他の話柄にも多数、内包されている。

「松ざか屋甚太夫」不詳。現在の「松坂屋」は尾張名古屋が本拠地で、ルーツも伊勢商人であるから、無関係であろう。

「京むろ町、中立(なかだち)うり」現在の京都府京都市上京区中立売通。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「うとく」「有德」。裕福。

「りんき」「悋気」。嫉妬心。

「人をつけてあるかせける」見守り役をつけて歩かせ、女と接触しないように警戒させた。

「いとまをいだしける」「暇を出だしける」。離縁した。

「くはいにん」「懷妊」。

「産所」「さんじよ」。出産をするために拵えた場所。出産の際の血の穢れを忌んで特別に作った。産屋(うぶや)。

「七夜(しちや)」お七夜(おしちや)。子供が生まれて七日目の祝いの夜。

「つま戸」「褄戸」。開き戸。

「きりきり」枢(くるる)の軋るオノマトペイア。

「内儀は、おいち、と、いひけるが」内儀の名は「おいち」と言ったが。わざわざ名を挿入形で示すのは特異点。しかし、どうも流れが乱れてしまい、よろしくない。最初の一文で出しておくべきだった。

「白きかたびらに、しろき帶をして、かみをさばき、ほそまゆをして、かの、おいちを見て、にこにことわらふとおもへば、又、きつと、にらみける」一九八九年岩波文庫刊の高田衛編・校注「江戸怪談集 下」の脚注では「ほそまゆをして」(細眉をして)に注して、『細い眉を描いて、以上は、すべて呪詛する女の姿である』とある。『以上』とあるが、以下の表情を急激に変ずるのも、まさに、呪術のそれである。

「よびいけ」「呼び生け」。既出既注。気絶したり、仮死状態になったり、危篤の際に行う、民俗習慣としての名を叫んで離れ行こうとする霊魂を呼び返して蘇生させる「魂(たま)呼び」である。

「ねていられたる」「寢て居(ゐ)られたる」。歴史的仮名遣は誤りで、敬語があるのもおかしい。

「ほとほと」前出の「江戸怪談集 下」の脚注では、『打ち叩く音の形容。「丁々(ちょうちょう)ホトホト」(『書言字考用集』)』とある。「とんとん」ではなく、「パン! パパン!」ぐらいをイメージしたほうがよいオノマトペイアである。

「はじめの女ばうのしうしんきたりける」「初めの女房の執心、來りける」。冒頭に述べた通り、これは離別後に死んだとは書いてないから、先妻の妬心の強気によって生じた生霊による「後妻打ち」なのである。]

« 本日閉店 | トップページ | 甲子夜話卷之三 8 御鷹匠頭内山七兵衞の事 »