フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國百物語卷之五 三 松村介之丞海豚魚にとられし事 | トップページ | 谷の響 三の卷 六 踪跡を隱す »

2016/11/12

谷の響 三の卷 五 天狗子を誘ふ

 五 天狗子を誘ふ

 

 嘉永七寅年四月にてありけん、本町金木屋庄七なるものゝ子、筆を買はんとて出たりしが午下(ひるすぎ)に迨(およ)ぶといへども皈り來らず。庄七あやしみ、黌(がくかう)及び彼が往くべき先々あまねく索(もとむ)れども不殘(みな)知らずといふ故、いたく愕き四方に人を走らして探(たづぬ)るに、未下(やつすぎ)とおぼしき頃和德の坊頭(まちはし)にて見出したるが、その尋る者を見ると擔々(ひしひし)と取り着き極太(いたく)泣けるから、奈何(いか)なりしことぞと問(たづ)ぬれども應(こたへ)も得せざるゆゑ、そのまゝ伴ひて内に歸りしかど、しばしの間(ほど)は正氣も無りけるが、稍々ありて言ひけるは、過刻(さき)に長屋の小路にてひとりの女に行會(あ)ひしが、その女吾を呼とめ汝(いまし)に好き處を見すべし、吾と俱に來よとて手を引くと見れば、かれはどふか認得(みしり)のある樣にて何心なく伴なはれしが、少時(わづか)の間に高岡・百澤に參詣し、嶽の温泉も觀(けんぶつ)したるが、是より猿賀へ連て往くべしとて復囘頭(ひきかへ)し來りしが、歩行(あるく)とも覺えずして數多の村々を過(よ)ぎり、程もなくして遂に猿賀に至りて參詣し、又池の中なる辨財天へも參詣せんと言へるから、水を漕ぐ事は否(いや)なりと言へば、ただ吾に隨ふべしとて立て行くに、陸地を步行(あるく)が如く足に少しの水も附(つか)ず。爾(しか)して又法峠を見すべしとて連行きしが、間もなく至り着て所々見物し、夫より黑磯に至り中野に𢌞り、板留温泉より黑石を通りて來りしなり。又猿賀へ往く途中、舊宮(もとみや)の林のもとに同坊(まち)の誰々憩(いこ)ひ、吉田の邑にて誰にあひしなど語りしゆえ、高岡・百澤迨び黑森・法嶺すべて過(すぐ)る處の狀勢を尋るに、そのこたへ一つとしてたがふことなく、又猿賀の街路にやすらひしといふもの、吉田の邑にて會しと言ふものを尋ぬるに、割符を合せたるが如くなれば僉々(みなみな)異の思ひをなし、世に言ふ天狗の所爲なるべしとて惶(かしこ)みあへりしとなり。こは庄七の話なりとて或人語りしなり。

 又、往ぬる丙辰の年の四月、貞昌寺に元祖の法會ありて參詣群聚なりしとき、土手町三内屋某なるもの兒子(こども)を連れて參詣(まゐり)たるが、その兒しばし外にて遊び來んとて出たりしに、法談果るといへども來らず。奈何せしやらんと安(あん)じてその邊(あたり)を索(たづね)れども見えざるから、裡(うち)に戾れる事もやと急忙(いそがは)しく歸りて見れど家にも居らず。そのうち日も返景(くれ)近くなりて思ひに耐へ兼、四方に人を走らして探れどもまた見る事なく其夜も過たるが、明る日の辰下(いつゝすぎ)久渡寺の僕(をとこ)なりとて來りて曰く、昨天(きのう)晡時(なゝつ)の頃觀音堂を見𢌞しに、一個(ひとり)の小兒玄關の柱を抱き潛然(さめざめ)と泣てありし故、何處の兒にて誰に伴はれて來りしと問(たづぬ)れども、答ふる事のあらざれば院主に告て衆々(みなみな)俱に來り、種々(いろいろ)和(なご)めて寺に伴なはんとするに、柱にひしととりつきていたく泣て應(したが)はざれど、萬般(いろいろ)すかしやうやうに連歸りて勞(いた)はれるに、半時ばかりにして泣きも心も安妥(おちつい)て言へりけるは、吾は土手町三内屋某の子なるが、過刻(さき)に親と俱に貞昌寺に參詣してありしに、餘りに人の多き故外にて少し遊ばんと、門の外に立出て餻(もち)沽(う)れる家の邊に徜徉(あそび)しに、何處の修驗(やまぶし)にかあらん、吾を抱いて奔走(はしる)よと覺しが、忽ち此の堂の内に來りてその人は見えずなりぬ。あまりの怕(おそろ)しさに又もや連れ行かれんかと、かたの如く柱にすがりてありしなりと言へる故、疾(はや)くも送り屆けんとすれど、他人に伴はるゝを甚(いた)く恐怕(おそ)れしと察(み)えて更に隨はざれば、特(わざ)に來りて告るなりとあるに、三内屋なる者いといと怡喜(よろこ)び、厚く謝儀してやがて寺より連歸り、有し始末(こと)どもを問ぬるにみな件のごとくなれば、聞く者奇(あや)しまざるはなし。こも又天狗の所爲らんと人々語りあひしなり。

 

[やぶちゃん注:「嘉永七寅年四月」嘉永七年は「甲寅」(きのえとら)で西暦一八五四年。同年四月は一日がグレゴリオ暦では四月二十七日に相当する(なお、嘉永七年は十一月二十七日(グレゴリオ暦では翌一八五五年一月十五日)に安政元年に改元している)。

「本町金木屋」底本の森山泰太郎氏の補註に『本町(ほんちょう)は藩政時代弘前城下の中心街で、商家が並んだ繁華な通りであった。金木屋は寛政十一年、本町一丁目に絹布木綿の正札店として開業、のちに津軽第一の豪商とまで言われた。明治三十七年閉店した』とある。「寛政十一年」は一七九九年、「正札店」は極めて近代的な正札販売(しょうふだはんばい)を行った店のこと。正規の値段を予め札に書いたものを「正札」といい、その正札を用いて商品を販売することを正札販売と称する。近代的販売方法の一つとされ、客の様子を塩梅して値段を告げる前近代的販売方法に比べて公正且つ店側が相応の責任を持たねばならないため、それまで根強かった商人に対する不安と懐疑を一掃した手法であった。「明治三十七年」は一九〇四年。現在の弘前市「本町」は弘前城の南方直近のここ(グーグル・マップ・データ)。

「午下(ひるすぎ)」午後一時頃。

「迨(およ)ぶ」「迨」(音は「タイ・ダイ」)は「至る」の意。

「皈り來らず」「かへりきたらず」。

「黌(がくかう)」音は「クワウ(コウ)」で「昌平黌」(昌平坂学問所)から判るように「学舎・学校・まなびや」の意。ここは商人の息子であるから、寺子屋のようなものを指すのであろう。

「未下(やつすぎ)」午後三時頃。

「和德」底本の森山氏の補註に『和徳町(わっとくまち)。城下の東北端。本町から遠距離の方角遠いである』とあるが、現在の弘前市和徳町はここ(グーグル・マップ・データ)で、同町の現在の東北の端(「坊頭(まちはし)」は町の端の意)は直線で本町からは二・五キロメートル圏内でと決して「遠距離」とは言えないように私は思う。私は小学校時代ずっと往復三・四キロを歩いて通った。

「その尋る者」彼(庄七の行方不明の子)を探しに来た、少年自身も見知っていた者。

「擔々(ひしひし)と取り着き」ぎゅっとその男の衣服をつかんで、ぴったりとしがみつき。

「極太(いたく)」二字へのルビ。なかなかいい和訓だ。

「泣けるから」泣きじゃくるので。

「稍々」「やや」。

「過刻(さき)に」二字へのルビ。

「かれはどふか認得(みしり)のある樣にて何心なく伴なはれしが」「どふか」は不詳だが、「その(親しげに軽く声をかけてきた)女は、なんだか、見知ったことのあるような感じもしたので、どうという用心や疑いも持たずに伴われて行ったのだけれど」の意でとっておく。

「高岡」底本の森山氏の補註に『中津軽郡岩木町高岡。津軽四代藩主信政を祭る高照』(たかてる)『神社があって領内に知られたところ。宝永七年信政没後、その遺命により神式でこの地に葬る。正徳二年霊社造営成り、同年からこの地を高岡と称し、享保ごろから集落ができたという』とある。現在は弘前市高岡。ここ(グーグル・マップ・データ)で、岩木山の南東麓に当たり、ここはとんでもなく遠い。

「百澤」底本の森山氏の補註に『岩木町百沢(ひゃくざわ)。高岡に隣接する部落。岩木山の東麓にあたり、津軽一の宮岩木山神社の所在地として知られる。室町時代岩木山神社が北麓の十腰内(とこしない)村から、大小』、『百の沢を越えていまの地に移ったといわれ、村名の由来を説明している』とある。現在は弘前市百沢。ここ(グーグル・マップ・データ)。則ち、高岡の更に岩木山を登った、山麓のほぼ東半分に当たる一帯で、これまた、とんでもない場所である。

「嶽の温泉」既出既注。現在、青森県弘前市の岩木山鳥海山の南西の麓にある嶽(だけ)温泉。ここ(グーグル・マップ・データ)。これだけでも、限界を超えた遠さである。

「猿賀」底本の森山氏の補註に『南津軽郡尾上町猿賀(さるか)。津軽の古社猿賀神社』『で知られる』とある。現在は青森県平川市猿賀。ここ(グーグル・マップ・データ)。嶽温泉からだと、東に二十五キロメートルも離れた、真逆の場所である!

「池の中なる辨財天」猿賀神社の公式サイトを見ると、境内には鏡ヶ池という池があり、その中の島に弁天宮(胸肩(むなかた)神社)がある。現在は橋が架かっているが、以下の叙述から恐らく当時はなかった(神域とするために遥拝したものか)ものと見える。

「法峠」「ほふとうげ(ほっとうげ)」。底本の森山氏の補註に『黒石市高館にある。古く小峠と呼んだが、ここに日蓮宗日持上人の題目石と伝える墓石信仰があり、法峠と呼ぶようになった。享保年間堂字建立、のち日蓮宗法嶺院と称し、奥身延といわれるまで信者』が『遠近から詣でた』とある。ここ(グーグル・マップ・データ)。猿賀神社からはまたまた東北へかなり離れる。

「黑森」底本の森山氏の補註に『黒石市黒森(くろもり)。次項の中野から四キロ入った約七百メートルの高地で、黒森山という。眺望よく、中腹に浄土宗浄仙寺がある。文政年間の開基である』とある。の附近(グーグル・マップ・データ)。

「中野」底本の森山氏の補註に『黒石市中野(なかの)。黒石の東方四キロ。麓を中野川が流れる高地で、中野山という。紅葉の名所として領内に知られる。中野神社がある』とある。の附近(グーグル・マップ・データ)。

「板留温泉」底本の森山氏の補註に『黒石市板留(いたどめ)。黒石の東方、浅瀬石川に臨む温泉場。中野より少しく東になり、土地高燥で野趣豊かな温泉宿が並ぶ』とある。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「黑石」現在の十和田八幡平国立公園北西の玄関口に当たる青森県黒石市の、黒石附近。こ周辺(グーグル・マップ・データ)。

「舊宮(もとみや)」これは推量だが、嶽温泉から猿賀に行く途中であるから、弘前城の西方に、現在、弘前市高屋本宮(たかやもとみや)という地名を見出せる。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「同坊(まち)の」「どうまちの」。同じ町内の。

「吉田の邑」「邑」は「むら」で「村」に同じい。底本の森山氏の補註に『中津軽郡岩木町賀田(よした)。弘前の西郊四キロ。この村の歴史』は『古く、津軽藩祖為信がこの地の大浦城(文亀二年、大浦光信築く)に拠って津軽を統一した。当時栄えた集落であり、今も岩木町の中心地である』とある。現在は弘前市賀田。ここ(グーグル・マップ・データ)。前の高屋の南に接する。

「迨び」「および」。及び。

「法嶺」「ほうみね」か。先の「法峠」のことであろう。

「過(すぐ)る處の狀勢」通過した地域の地勢・景色など。

「所爲」。「しよゐ(しょい)」。

「惶(かしこ)み」は「恐れる・恐れ多いと思う・謹んで承る」の意であるが、ここまあ、恐れ戦きながらも、無事に子は戻ったのだから、畏れ多い徳禄を得たものと謹んで承り、畏れ多く思った、とハイブリッドでよかろう。

「丙辰の年の四月」本書は幕末の万延元(一八六〇)年庚申(かのえさる)の成立であるから、丙「往ぬる」丙辰(ひのえたつ)「年」は安政三年となる。同年の旧暦四月一日はグレゴリオ暦では一八五六年五月一日である。

「貞昌寺」底本の森山氏の補註に『弘前市新寺町、浄土宗月窓山貞昌寺。永禄三年藩祖為信の命により開創。弘前築城と共に弘前に移る。寺領六十石、領内に末寺庵百余を支配した』とある。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「元祖の法會」森山氏はここに注していないから、これは前注の開創を命じた藩祖津軽為信の法会ととれる。但し、為信の墓は弘前市藤代(ふじしろ)にある革秀(かくしゅう)寺である。

「群聚りしとき」二字で「あつまりし」と訓じていよう。

「土手町」既出既注。底本の森山氏の補註に、『弘前城下の東部、土淵川を挾んでその土手に町並みを形成して、土手町(どでまち)という』今、『市内の中心街である』とある。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「三内屋」「さんないや」の読んでおく。姓ではなく屋号であろう。

「遊び來ん」「あそびこん」。

「果る」「はつる」。

「奈何せしやらん」「いかがせしやらん」。「一体、どこでどうしているものか?」。

「急忙(いそがは)しく」二字へのルビ。

「返景(くれ)」二字へのルビ。暮れ。当て読みで、「返景」(へんけい)は漢詩でもよく用いられるように、「夕日の照り返し・夕照・返照」の意。

「耐へ兼」「たへかね」。

「辰下(いつゝすぎ)」午前九時頃。

「久渡寺」底本の森山泰太郎氏の補註に、『弘前市の南郊坂元にある護国山久渡寺。津軽真言五山の一。慶長十八年ここに移し、二代藩主信枚が元和五年再興した。寺領百五十石。津軽三十三観音の第一番札所。現在は毎年五月十六日、津軽各地のオシラ神を祀る家でオシラ神を持ち寄り、集合祭祀が行なわれるので知られている』とある。ここ(グーグル・マップ・データ)。直線距離でも貞昌寺の南南西六・五キロメートルもある。

「僕(をとこ)」寺男。

「晡時(なゝつ)」午後四時頃。前に注したが、「晡」(音「ホ」)は申の刻の別称。

「潛然(さめざめ)と」「潛然」は正しくは「さんぜん」と読み(但し、慣用的に「せんぜん」とも読む)、涙を流して泣くさまを言う。

「半時」現在の一時間相当。

「安妥(おちつい)て」二字へのルビ。

「過刻(さき)に」二字へのルビ。

「餻(もち)沽(う)れる」「餠賣れる」。「餻」は音「カウ(コウ)」で「糕」と同義。但し、中国語の「糕」は米粉や小麦粉を練り、それに食材を加えたり、味付けしたりして調理した菓子や食べ物を広汎に指す。

「徜徉(あそび)しに」「遊びしに」。この熟語は「二の卷」の九 蝦蟇の智では「徜徉(ながめまはり)しに」と出た。そこで注したが、再掲しておくと、「徜」(ショウ/ジョウ)も「徉」(ヨウ)も「彷徨(さまよ)う」の意で、音も意味も「逍遙」と同系の単語のように見えるが、現代中国語を調べると「逍遥徜徉」という表現があり、訳して「のんびりとぶらつく」とあるから、音の近似性は偶然か。「あそぶ」の和訓は腑には落ちる。

「奔走(はしる)」二字へのルビ。

「覺しが」「おぼえが」。

「恐怕(おそ)れし」二字へのルビ。

「特(わざ)に來りて告るなり」「なんとも仕方がなく、特別に儂(わし)が知らせにここまでわざわざ告げに来たのじゃ。」。

「怡喜(よろこ)び」二字へのルビ。「怡」(音「イ」)も「喜ぶ・心が和(なご)む・打ち解けて喜び楽しむ」の意。

「始末(こと)ども」二字へのルビ。]

« 諸國百物語卷之五 三 松村介之丞海豚魚にとられし事 | トップページ | 谷の響 三の卷 六 踪跡を隱す »