フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之二 50 鷹司准后、關東下向のときの事 | トップページ | 甲子夜話卷之二 52 白川少將、元日、烏帽子の緒に元結を用らるゝ事 »

2016/11/16

甲子夜話卷之二 51 御坊主某、年老て松平乘邑の容貌を語る事

2―51 御坊主某、年老て松平乘邑の容貌を語る事

松平乘邑は述齋の實祖父なれば、その容儀等いかなる人にやと尋しに、述齋は實父晩年の子なれば、時世大に違ひ、聞傳ふる人さへ少かりしとぞ。西城御開のとき、政府の使令に供する坊主某【名忘】、年老て八十に餘れる者の有しが、是が申たるは、君は左近將監殿の御孫なるが、彼殿は御存も有まじ。某は少年にて御老中附を勤し故、左近將監殿の、正しく御容貌をも記臆せり。御長は常人より矮く御小袖のゆきもたけも短くして臂も見ゆべき計、御袴より足袋の間少し肉色見えけるとぞ。君は外に似玉ふ所なし。但御眼中のきらめく所、いかにも御孫よと存らるゝと云けるとなり。乘邑の人體はこれにて想像せらる。

■やぶちゃんの呟き

「松平乘邑」「まつだいらのりさと」老中。複数回既出既注。例えばを参照。

「述齋」昌平坂学問所長官林述斉(はやしじゅっさい)。複数回既出既注。例えばここを参照。

「實祖父」林述斉は林家への養子で、実父は美濃国岩村藩主松平乗薀(のりもり)であり、彼はその三男松平乗衡として生まれた。乗薀の実父が乗邑である。

「述齋は實父晩年の子」乗薀は享保元(一七一六)年生まれで、天明三(一七八三)年死去、林述斉は明和五(一七六八)年生まれであるから、乗薀満五十二の時の子である。

「西城御開のとき」不詳。大阪城の開城(慶長二〇(一六一五)年の「大坂夏の陣」)や江戸城西の丸(西城とも呼称する)を考えたが、その時に幕府伝令役を担当した茶坊主としても、林述斉が対面出来る「八十に餘れる者」ぐらいでは年齢が全く足りない。そもそもそれらでは直ぐ後の乗邑の老中附の「少年」と齟齬する。識者の御教授を乞うものである。

「左近將監」松平乗邑の官位。

「某は」「それがしは」。

「御長」「おんたけ」。

「矮く」「ひくく」。

「ゆきもたけも」「裄も丈も」着物の背縫いから肩先を経て袖口までの長さを言う「肩ゆき」もその袖の縦の長さも。

「臂」「ひじ」。

「計」「ばかり」。

「君は外に似玉ふ所なし」見た目、物理的には、このちんちくりん状態のみしか林述斉には似ていないというのである。事実としても如何にも無礼千万ではないか!? だからこそ次の眼光の鋭きことを述べて、帳消しとしているのかも知れぬ。

「存らるゝ」「ぞんじらるる」。

「乘邑の人體はこれにて想像せらる」寧ろ、述斉のそれだべ?!

« 甲子夜話卷之二 50 鷹司准后、關東下向のときの事 | トップページ | 甲子夜話卷之二 52 白川少將、元日、烏帽子の緒に元結を用らるゝ事 »