フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之三 7 津輕領三馬屋渡の事 | トップページ | 本日閉店 »

2016/11/25

譚海 卷之二 雲州家士寺西文左衞門事

 

雲州家士寺西文左衞門事

○雲州の太守淨免院殿と申せし比(ころ)、寺西文左衞門といふ家士あり、弓術に勝(すぐれ)たるもの也。秋の比(ころ)松茸をとりに同僚と山に遊び、歸路に及(およん)で供の小者(こもの)角平(かくへい)と云(いふ)一人みへざるゆへ、いづれも聲を立(たて)角平が名を呼(よび)けるに、遙かなる山奧にて時々答(こたふ)るやうに聞(きき)なせり。又呼べは答る事なし、只(ただ)此(この)文左衞門聲をたてゝ呼(よぶ)とき斗(ばかり)答る聲のせしかば、漸(やうやう)みなみな不審を立(たて)、とかく文左一人呼(よび)みられよとて、外の人々はよばするに、文左衞門一人聲をつゞけて角平々々とよぶ時、段々答るこゑ近く成(なり)て、終に其所に出きたれり。扨もいかなる事にて、遠方には後れ居たるぞと尋(たづね)ければ、角平申けるは、御跡へさがり便用を達し候所へ、誰ともなく高貴の人數輩(すうはい)まいられ招き候ゆへ、其前へかしこまりたる時、我等あたまを牢(かた)く押へてうごかされず、色々詫(わび)候へども承引致されず候所、皆樣の御聲にて呼(よば)せられ候ゆへ、答へ申さんとすれば猶あたまをおさへて、答へせずに居よと申され候ゆへ、力無く居候内(うち)、文左衞門樣の御聲にて呼せられ候時、件(くだん)の貴人迷惑いたされ候樣子にて、答へいたせと申され候ゆへ、聲を立(たて)いらへ致(いたし)候。文左衞門樣きびしく呼せられ候時、此人申され候は、文左衞門が呼るゝにはこまりたり、答せよと申され、又申され候は扨々文左衞門がつる音は今も耳にあるやうにてこゝろよからぬ事哉(かな)、彼(か)れにかく呼るゝこそこまりたれとて、度々よばせられ候時、今は力およばずゆるし返すぞとて放され候ゆへ、うれしくてやうやう追付(おひつき)奉りぬとかたりぬ、不思議成(なる)事也(なり)。此人弓術勝れたるゆへ加樣(かやう)の妙もあり、狐狸などの此小者をたぶらかさんとはかりたる事にや。

[やぶちゃん注:「雲州の太守淨免院殿」底本の竹内利美氏の補註に、『「続藩翰譜」によると、天明以前の松前藩主にこの法名を持つものはいない』とある。

「寺西文左衞門」不詳。

「外の人々はよばするに」ママ。原典の「外の人々はよばずするに」の脱字か。

「便用」小便であろう。

「牢(かた)く」「堅く」。

「つる音」弓を射た際の弦(つる)音。]

« 甲子夜話卷之三 7 津輕領三馬屋渡の事 | トップページ | 本日閉店 »