フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 佐野花子「芥川龍之介の思い出」 附やぶちゃん注 (六)~その1 | トップページ | 諸國百物語卷之四 十九 龍宮の乙姫五十嵐平右衞門が子にしう心せし事 »

2016/11/07

甲子夜話卷之二 44 松平越州、世子のとき識鑑の事

2―44 松平越州、世子のとき識鑑の事

松平樂翁、養子となりて今の家に適し後、一年養父の名代として領地え御暇のことあり。入部のうへ諸役人を一人づゝ居間に呼出し、治務の事など問れける。其中大目付某一人、御諚謹で承り候。然に殿樣え【養父木工頭】指上置候誓條に、御政治のことは殿樣の外口外仕間敷と申上候。未だ世子の御ことなれば、御答申上難しと云切りしとぞ。樂翁家督承繼、家中役替始て申付らるゝとき、此大目付を其日の第一魁に昇進せしめたりしとなり。

■やぶちゃんの呟き

「松平越州」老中で陸奥白河藩第三代藩主であった松平越中守定信。「樂翁」は隠居後の号。

「世子」「せいし」と読む。「世嗣」と同じい。諸侯の後継ぎ。嗣子。

「識鑑」「しきがん」。鑑識に同じい。物の真偽・価値などを見分ける能力に長けていること。

「養子となりて今の家に適し」「適し」は「ゆきし」(行し)と読む。松平定信は宝暦八(一七五九年に御三卿田安徳川家の初代当主徳川宗武の七男として生まれた。安永三(一七七四)年に幕命により、陸奥白河藩第二代藩主松平定邦の養子となった。定邦は翌安永四年の白河での花見の際、中風を発病、江戸に参府したものの、体調が優れなかったとされ、天明三(一七八三)年十月十六日、定信に家督を譲って隠居している。また同年十月十九日には通称を本文に出る「木工頭(もくのかみ)」に改めている(寛政二(一七九〇)年に江戸で死去した。定邦の部分はウィキの「松平定邦に拠った)。

「一年」一年間。

「養父の名代として」先に引いたように、養子として定信を迎えた翌年に中風となっているから、彼がお国入りの名代(みょうだい)となったのであろう。

「領地え」「領地へ」。歴史的仮名遣の誤り。「殿樣え」も同じ。

「御暇」「おいとま」。江戸の養父と別れての意。

「治務」「じむ」。領地管理の事務実務。

「御諚」「ごぢやう(ごじょう)」貴人・主君の命令。仰せ。問い質した幾つかについて、当時の養父の藩政の中で、定信なりに改めるべき箇所を指摘し、それを命じたのであろう。

「謹で」「つつしんで」。

「然に」しかるに」

「指上置候」「さしあげおきさふらふ」。

「誓條」「せいじやう」。君臣忠義の証しとして、藩主に捧げた誓状(せいじょう)。

「殿樣の外口外仕間敷と申上候」「とのさまのほか、こうぐわいつかまつりまじき、とまうしあげさふらふ」。「藩政に就きましての御事柄は、これ、御殿様(おとのさま)以外の者には決して口外致さざること、これ、誓い申し上げて御座る。」。

「御答申上難し」「(只今の藩政に附きましての御意見については良いも悪いとも、はたまたそれを実行に移すか、そのままと致しますかは、藩主御殿様の御意向にのみかかることなればこそ)「どうか?」と申されましても、それにお答え申し上げることは、これ、出来申さぬ。」。

「云切りし」「いひきりし」。

「承繼」「うけつぎ」。

「役替」「やくがへ」。人事刷新。

「其日の」その人事の下知の最初の日の始めに。

「第一魁」「だいいちのかしら」と訓じておく。留守居役或いは家老・用人・側用人の長としたということであろう(留守居役は後者三者の中の有能な者が兼務することもあった)。

« 佐野花子「芥川龍之介の思い出」 附やぶちゃん注 (六)~その1 | トップページ | 諸國百物語卷之四 十九 龍宮の乙姫五十嵐平右衞門が子にしう心せし事 »