フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 谷の響 三の卷 八 異魚 | トップページ | 印   尾形龜之助 (附 初出復元 / 底本全集への疑義) »

2016/11/15

諸國百物語卷之五 六 紀州和歌山松本屋久兵衞が女ばうの事

     六 紀州和歌山松本屋久兵衞が女ばうの事

 

 紀州わか山に松本屋久兵衞と云ふもの有り。手まへもうとくにくらしけれども、ふりよにわづらひて、あひはてけり。そのあとへ入りむこをとりて、あとめとして、とし月をおくるとき、まゝむすめ有りしが、せいじんしてよきみめかたちなりければ、此入りむこ、しう心して、わりなくちぎりける。母、これを見つけて、せけんのぐはいぶんとおもひ、人にもかたらず、あさゆふ、むねをこがしけるが、此事、いつとなく所にもかくれなく、ちくしやうなりとて、みな人、あざけりけると也。母はこの事おもひくらし、氣やみになりて、あひはてけり。むすめ、よろこび、そうれいのいとなみ、とりつくろい、夜あけがた、野べにをくらんと、その夜は棺(くわん)を座敷にをきければ、夜半のころ、母、棺のうちよりたち出で、あたりを見まはし、むすめと男ふしたるねまにゆき、むすめがのどくびをくひちぎり、又、棺のうちへ、はいりける。人々、ぜひなき事也とて、をや子一どに葬禮しけると也。その家も、のちにはほろびけると也。そのとき、行きあはせ見たる、あき人、京にのぼりて物がたりしけると也。

 

[やぶちゃん注:「手まへもうとくにくらしけれども」「手前も有德に暮らしけれども」。暮し向きも裕福に過ごしていたけれども。

「ふりよにわづらひて」「不慮に患ひて」。

「入りむこ」「入り聟」であるが、この場合は、松本屋久兵衛の妻の後夫の謂い。

「あとめ」「跡目」。嗣子。

「まゝむすめ」「繼娘」。この場合は、松本屋久兵衛の実の娘。

「せいじんしてよきみめかたちなりければ」「成人して良き見目貌(みめかたち)なりければ」。「なりければ」は「成り」ではなく、であったので、の意であろう。

「しう心して」「執心して」。義理の娘に懸想したのである。

「せけんのぐはいぶんとおもひ」「世間の外聞と思ひ」。後添えの夫と実の娘が関係を持ってしまったことが世間に知れては、外聞がこれ、はなはだ悪しきこと極まりない、と思い。

「むねをこがしけるが」「胸を焦がしけるが」。母である前に女であるが故に、妬心を両者に持ったのである。

「いつとなく所にもかくれなく」何時からともなく、その秘していた後夫と娘の密通が世間にすっかり知れることとなって。

「ちくしやうなり」「畜生なり」。

「そうれいのいとなみ」「葬禮の營み」。

「とりつくろい」「取り繕ひ」。歴史的仮名遣は誤り。万端、定規(じょうぎ)通りに執り行い。

「野べにをくらんと」「野邊に送(おく)らんと」。野辺の送りをせんと。

「むすめと男ふしたるねまにゆき」「娘と男臥したる寢間に行き」。

「むすめがのどくびをくひちぎり」「娘が咽喉頸を喰ひ千切り」。

「をや子一どに」「親子(おやこ)一度に」。歴史的仮名遣は誤り。

「あき人」「商人(あきんど)」。]

« 谷の響 三の卷 八 異魚 | トップページ | 印   尾形龜之助 (附 初出復元 / 底本全集への疑義) »