フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 鹿の耳(11) 山神と琵琶 | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 鹿の耳(13) 蛇と盲目 / 鹿の耳~了 »

2016/12/19

柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 鹿の耳(12) 盲の效用

 

     盲の效用

 

 それにも拘らず、座頭が此話をすると人がさも有りなんと考へたのは、單に話術の巧妙ばかりでも無かつたと見えて、今では何處に行つても彼等だけで此話を持切つて居る。まだ他の府縣にもあるだらうと思ふが、自分の今知つて居るのは磐城の相馬にも一つ、堂房(ダイボ)の禪師堂樣といふ池の神が、或時信心の盲に目をあけて遣つて、斯んなことを教へたといふ話である。自分は近いうちに小高の一郷を湖水にする企てがある。それを人にいふと汝の命を取るぞと、堅く戒めて置いたが本人は身を捨てゝ里人に密告した。小高の陣屋では之を聞いて、領内に命じて澤山の四寸釘を打たせ、それを四寸置きに丘陵の周圍に差込ませた。蛇は鐡毒の爲に死して切れ切れとなり、それの落ち散つた故跡として、今に胴阪角落村耳谷などゝいふ地名がある。しかも折角目の開いた盲人は旋風に卷上げられて行方知れず、琵琶塚ばかりが後代に遺つて居る。此邊から實際鐡の屑が出るといふのは、或は此話が鍛冶屋との合作であつたことを語るものかも知れぬ。

 伊豆では又三島の宿の按摩の家へ、夜になると遊びに來る小僧があつた。後に來て言ふには、我は此山を七卷半卷いて居る大蛇である。毎日往來の人馬に踏まれる苦しさに、大雨を降らせて此邊を泥海にして出て行かうと思ふ。御身一人は遁れたまへ。人に語ると命を取ると謂つた。人助けの爲に其祕密を明かし、山に銕の杭を繁く打込んで終に大蛇を殺させたが、一村は難を逃れて按摩は死んだ。其石像を作つて香火永く絶えずといふのは、果して今もあるかどうか。兎に角に此山とは箱根のことであつたらしく、話が按摩になつてはもう關係も薄いが、實は水土の神の蛇體は、佛教の方では琵琶を持つ女神で、且つ夙くから琵琶を彈く者の保護者であつた。座頭の地神經は其神德をたゝへた詞である。農家が四季の土用に彼を招いて琵琶を奏せしめたのも、最初の目的は其仲介に由つて、神の御機嫌を取結ばう爲であつた。故に村民は言はゞどんな話を聽かされても、默つて承認せねばならぬ關係に在つたのである。

 盲人が此技藝に携はつてからの、歷史だけはもう大分わかつて居る。今更そんな事を述べて居れぱ只の編輯になつてしまふ。それよりも理由が知りたいのは、どうして日本に入つて琵琶が當道の業となつたかである。何故に盲が大蛇の神の神職を獨占したかである。此疑問に對しては耳切團一の話が、やはり有力なる一つの暗示であつた。自分の想像では生牲の耳を切つて、暫らく活かして置く慣習よりも今一つ以前に、わざと其目を拔いて世俗と引離して置く法則が、一度は行はれて居たことを意味するのではないかと思ふ。日向の生目八幡に惡七兵衞景淸を祭るといふなども、或は琵琶法師の元祖が自製の盲目であつたといふ幽かな記憶に、ローマンスの衣を著せたものとも解せられぬことは無い。兎に角に此徒が琵琶の神卽ち水底の神から、特別の恩顧を得た理由が、目の無いといふ點に在つたことだけは略確かであつた。

[やぶちゃん注:「磐城の相馬」福島県相馬市及び南相馬市。

「堂房(ダイボ)の禪師堂樣といふ池の神」不詳。識者の御教授を乞う。

「小高」「おだか」。旧福島県相馬郡小高町(おだかまち)。現在は南相馬市内の小高区北東部に相当する。太平洋に面した地区で阿武隈高地を町の西端とする。附近(グーグル・マップ・データ)。

「小高の陣屋」小高城。ウィキの「小高城を参照されたい。

「四寸」約十二センチメートル。

「胴阪」不詳。識者の御教授を乞う。

「角落村」不詳。識者の御教授を乞う。

「耳谷」ウィキの「行方郡 福島県(「行方」は「なめかた」と読む)に、陸奥中村藩領の「旧高旧領取調帳」(きゅうだかきゅうりょうとりしらべちょう:明治初期に政府が各府県に作成させた江戸時代に於ける日本全国の村落の実情を把握するための台帳)に「小高陣屋」内に「耳谷村」の名を確認出来、現在も南相馬市小高区耳谷(みみがい)として地名が残る。(グーグル・マップ・データ)。やはり「桃太郎の誕生」にも引用されているが、そこでは「みみがやつ」とルビされている。

「琵琶塚」不詳。関係があるかどうかは不明ながら、小高町には横穴式の浪岩(なみいわ)古墳群がある。(グーグル・マップ・データ)。

「三島の宿の按摩の家へ、夜になると遊びに來る小僧があつた。……」この話も「桃太郎の誕生」に出るが、そこでは出典を石井研堂著「國民童話」としている。石井研堂(慶応元(一八六五)年~昭和一八(一九四三)年)は民間の文化史家著。「明治文化研究会」の設立に関わり、錦絵の研究などでも知られた。同書は正しくは「日本全國國民童話」で同文館から明治四四(一九一一)年に刊行されている。国立国会図書館デジタルコレクションの画像で全篇が読めるが、その「」が当該箇所である「伊豆」「富士七卷の大蛇」がそれ()。

「銕」「てつ」。鉄。

「果して今もあるかどうか」不詳。検索では見当たらない。

「水土の神の蛇體は、佛教の方では琵琶を持つ女神で、且つ夙くから琵琶を彈く者の保護者であつた」「水土」に文庫版全集では『みずち』とルビするが、これは当て訓で、「蛟(みづち)」のことである。「夙くから」は「はやくから」。弁才天が、出自不明の蛇神である宇賀神と習合するのは中世以降のことである。

「地神經」を参照。

「四季の土用」四立(しりゅう:立夏・立秋・立冬・立春の総称)のそれぞれの直前約十八日間を指す。

「取結ばう」「とりむすばう」。取り結ぼうとする。予祝行事の中に組み入れられているから、それがどんな下らない荒唐無稽で馬鹿げたものであっても、或いは、その琵琶法師が人間的に厭な奴でったとしても「默つて承認せねばならぬ關係に在つた」というのである。

「當道」既注。ここは狭義のそれで、特に室町時代以降、幕府が公認した盲人たちによる自治組織を指す語。

「日向の生目八幡に惡七兵衞景淸を祭る」先行する生目八幡及び、その前の三月十八日の本文及び私の注を参照のこと。

「琵琶法師の元祖」既に出した、後に盲目となったとされる「惡七兵衞景淸」をそれに比定しているのである。頼朝暗殺や謡曲にもされた娘との関わりなど、悲劇の武将である彼の(一説に自ら目を抉ったともされるところが「自製の盲目」で、能のそれはまた「ローマンスの」香りとも言い得る。]

« 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 鹿の耳(11) 山神と琵琶 | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 鹿の耳(13) 蛇と盲目 / 鹿の耳~了 »