フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« タルコフスキイの葬儀から埋葬までを見て | トップページ | 句集更新 »

2016/12/02

譚海 卷之二 隱岐國駒とりの事

 

隱岐國駒とりの事

○出雲より隱岐へは渡海七里程あり。隱岐に牧駒(まきごま)有(あり)、年々繁殖するを、春ごとに駒をとりて出雲へ牽來(ひききた)り遣ふ事也。その母馬(ははうま)を一疋取得(とりえ)て四蹄(してい)を縛(ばく)し舟に乘すれば、その子馬はみなみな跡に隨(したがひ)て舟に乘り來ると云(いふ)。

[やぶちゃん注:この話、そこはかとなく哀しくなってくる。

「出雲より隱岐へは渡海七里程」誤り。隠岐諸島は島根半島の北方約五〇キロメートルに位置する。

「牧駒」放牧されいた隠岐馬。島根大学の「汽水域研究センター」公式サイト内の隠岐によれば、『隠岐馬は、奇蹄目の日本馬の一種で、体高が低い隠岐在来の矮小馬である。足は細く、蹄が強いため蹄鉄を打たなくてもよく、首は太く、たてがみは直毛で弾力があり、毛色は鹿毛(茶褐色)や青色(純黒色)が多かった。また、神経質で性急にして怒りやすく、ややもすれば人を噛んだり、蹴ったりすることもあり、御しがたい性質の馬であった』が、明治三九(一八九九)年と昭和一一(一九三六)年の二回に『わたる日本馬政局の馬政計画の実施により、隠岐馬の雄はすべて去勢され、絶滅』させられてしまったとある。リンク先には現存する十二歳の雄馬の骨格標本の画像がある。]

« タルコフスキイの葬儀から埋葬までを見て | トップページ | 句集更新 »