フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 谷の響 五の卷 十二 石淵の怪 大蟹 | トップページ | 谷の響 五の卷 十四 蚺蛇皮 »

2016/12/05

谷の響 五の卷 十三 蚺蛇

 

  十三 

 

 相澤村の長三郎と言へるもの、薪を採らんとて山路一里餘り登りしが、行く先の路にあたりて徑(わたり)三尺もあるべき松の古木橫はれり。これを踏み越えんとすれど足とゞかねば、如何かはせんとしたりけるに、其松樹おのづから動くやうに見得しかば、いとあやしみ目をとゝめて見やりたるに、松樹にはあらで蛇にてぞありける。松皮の如く見ゆるは皆鱗にて、一つ一つにおこれるがゆふゆふと動き出して紆(うね)り行く勢なるが、ひつかへされてはたまらずと其まゝ逃て反りしとなり。こは文政六七年のことなりと千葉某の話なりき。

 中村澤目橫澤村に嘉兵衞と言へるものあり。專ら直(なほ)く又強かる性質(さが)にして、假りにも僞のことあらず。ある日木樵(きこり)に出て岩木山の澤のうち芦の左の澤といへる處に休らひて、晝飯を喰ひ水を飮んと笹むらを押分け谷に下りて水を汲みたるに、風の林を吹きわたるが如き音あるから何事ならんと見あぐれば、頭の上僅(わづか)四五尺離れて徑(わたり)三尺もあるべき蛇の、兩山の谷合四五尺ばかりの間に蟠(わだか)まりて、恰も橋を架けたる如くなるに、見る見る其尾を谷中にひきおろし、するすると紆(うね)りて側なる山の高藪に入りぬ。この嘉兵衞なみなみの者なりせば其まゝ倒れもすべかりしを、生來強勇なるものから恐しとも知らで、かへりてこれが行先を見屆けんとそがゆける跡を傳へ行しに、の通りしあとは笹むら左右へ亂れ靡きて一條(すじ)の徑路(みち)をひらけり。かくて嘉兵衞は已に五六町も來つらんとおぼしきころ、俄に山鳴り谷へひゞきて、雲霧しきりに湧發(わきおこ)り山一杯にひろこりて、四面皆暗く咫尺間も分ち難きに、流石の嘉兵衞も進むことなし得で、道を索(もと)めて反りしとなり。こは、以前安永の末の年なるよし。芦萢村の孫左衞門と言へる老父の話なりき。

 

[やぶちゃん注:「蛇」は既出。「うはばみ」(蟒蛇)と読む。大蛇。

「相澤村」現在の青森市浪岡大字相沢。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「徑(わたり)三尺」直径九〇・九センチメートル。

「橫はれり」「よこたはれり」。

「如何かはせん」「いかにかはせん」。

「見得しかば」「みえしかば」。

「目をとゝめて」凝っと目をとめて。

「おこれるが」「起これるが」。立ち起きているのが。

「ゆふゆふと」ゆらゆらと。オノマトペイア(擬態語)。

「紆(うね)り行く」上下・左右に大きく波打つように蠕動しつつ動いてゆく。

「勢」「いきほひ」。

「ひつかへされては」その蟒蛇が長三郎に気がついて引っ返してこられたりしては。

「逃て反りし」「にげてかへりし」。

「文政六七年」一八二三年か一八二四年。

「中村澤目橫澤村」現在の西津軽郡鰺ヶ沢町浜横沢町(はまよこさわまち)と思われる。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「專ら直(なほ)く」すこぶる実直で。

「假りにも僞のことあらず」「かりにも」、「いつはりのこと」には「あらず」。

「木樵(きこり)」ここは木材伐採の作業の意。

「岩木山の」「芦の左の澤」不詳。識者の御教授を乞う。

「飮んと」「のまんと」。

「四五尺」一メートル二十一センチから一メートル五十二センチ弱。

「兩山」その沢の両方の尾根の謂いであろう。

「側」「そば」。

「傳へ行しに」後をつけて行ったところ。

「條(すじ)」ルビはママ。正しくは「すぢ」。

「五六町」五四六~六五五メートルほど。

「ひろこりて」ママ。「廣ごりて」。広がって。

「咫尺」「しせき」。「咫」は中国の周の制度で八寸(周代のそれの換算で十八センチメートル)、「尺」は十寸(同前で二十二・五センチメートル)を言い、距離が非常に近いことを指す。

「安永の末の年」安永十年で西暦一七八一年。但し、この旧暦四月二日(グレゴリオ暦一七八一年四月二十五日)に天明に改元している。

「芦萢村」「あしやちむら」は既出。現在の鯵ヶ沢町芦萢町(あしやちまち)。ここ(グーグル・マップ・データ)。]

« 谷の響 五の卷 十二 石淵の怪 大蟹 | トップページ | 谷の響 五の卷 十四 蚺蛇皮 »