フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之三 19 樅板物音を阻る事 | トップページ | 譚海 卷之二 佐竹家醫師神保荷月事 »

2016/12/07

甲子夜話卷之三 20 木七、竹八、塀十郎

 

3-20 木七、竹八、塀十郎

木七竹入塀十郞と云諺ありとぞ。これは木は七月に伐り、竹は八月に截り、塀は十月に塗れば、久遠に耐るとの教なり。

■やぶちゃんの呟き

「木七、竹八、塀十郎」「きしち、たけはち、へいじふらう(へいじゅうろう)」。静山の述べているように、頻繁に採取される植物である木や竹の伐採及び塀を塗る最も適した時節を、人名に擬えて語調よく覚え易くした俚諺。言わずもがな、月は孰れも陰暦であるので注意されたい。木や竹は熱暑の夏から初秋頃にかけて生長の方を抑え始めるので、樹質が安定し、繁茂による伐採の難がやや楽になり、土や板塀はこの初冬の雨が少なく、空気もかなり乾燥した時期に塗ると、乾きが早いからであろう。但し、別に「木六竹八塀十郎」とも言うようである。

「と云諺あり」「といふことわざあり」。

「久遠に」「とはに」と訓じておく。

「耐る」「たゆる」。

「教」「おしへ」。

« 甲子夜話卷之三 19 樅板物音を阻る事 | トップページ | 譚海 卷之二 佐竹家醫師神保荷月事 »