フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之二 佐竹家醫師神保荷月事 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 蚱蟬(むまぜみ) »

2016/12/07

谷の響 序 (二種) / 全目録

 

   序

 

俗間有燈基暗之語。謂燈能照他而不能照其基也。今人稱宿學老儒而口徒誦讀西土之卷册。而目未曾見皇國之典籍者比有焉。是卽燈基暗之謂也。如吾蘆川畫伯則否。既能通覽西土之卷册亦能披閲皇國之古今。又能探討吾闔境之事實且記錄旃圖畫旃。若此撰亦一班耳。可謂不愧于世俗之所誹者矣。此予所喜以辨一言于篇端也。

 

  庚申仲秋下澣日  石居々士題於樂吾草盧

 

[やぶちゃん注:筆者「石居居士」(「せききよこじ(せきしょこじ)」)について、底本の森山泰太郎氏の補註には、『津軽藩幕末の儒者兼松誠。字は成言、号は石居。代々津軽藩江戸定府の士で、文化七年江戸本所の津軽藩上屋敷に生まる。長じて昌平黌に入り』、『佐藤一斉に学ぶ。和漢の学を兼ね、藩邸の子弟教育を命ぜらる。安政三年』、『弘前に帰って藩校稽古館督学となり、藩中に経史・風雅の交りを広めた。廃藩後』、『東奥義塾の創設にあずかって人材輩出に努め、また藩史編さんに従事した。明治十年没、六十八歳。魯僊と親交厚く、「魯仙小伝」を草している』とある。平尾より二歳年下である。

 以下、まず、我流で書き下す。自信はない。

 

   序

 

俗間、「燈臺、基(もと)暗し」なる語、有り。謂ふこころは、「燈、能く他を照らすも、其の基(もとい)を照らす能わず」となり。今人(きんじん)、宿學・老儒と稱するも、口、徒(いた)づらに西土(せいど)の卷册を誦讀するのみにして、目、未だ曾つて皇國の典籍を見ざる者、比(こ)れ、有るなり。是れ、卽ち、「燈臺、基暗し」の謂ひなり。吾が蘆川畫伯のごときは、則ち、否(いな)。既に、能(よ)く西土の卷册を通覽し、亦(また)、能く皇國の古今(ここん)を披閲(ひえつ)す。又、能く吾が闔境(かふきやう)の事實を探討(たんたう)し、且つ、旃(こ)れを記錄し、旃れを圖畫す。此の撰も亦、一班のごときのみ。世俗の誹(そし)る所の者に愧(は)ぢずと謂ふべし。此れ、予、一言を篇端に辨ずるを喜びとする所以(ゆゑん)なり。

 

  庚申(かのえさる)仲秋下澣(かかん)の日  石居々士、樂吾草盧にて題す

 

・「宿學」多年に亙って業績があるとされる学者。以前から名声高くして尊敬されている学者。

・「西土」「もろこし」と訓じてもよい。

・「闔境」総ての時空間。

・「一班」そうした広汎な著述考察の一つ。

・「下澣」月の二十日以降。下旬。

・「樂吾草盧」「らくごさう(そう)ろ」と音読みしておく。自邸の雅号。

 自信はないものの、まあ、それなりに自分では意味は採れたと思う。]

 

 

 

天地能内爾有常有流事物、一登而怪不有波無矣。凡人能智持弖伊加弖悉爾知可得劍。然有矣理乎究牟禮婆、阿夜志伎事無那登云閉流學風牛鳴有波、言布二毛不足痴言爾己曾。此爾我學徒平尾魯仙奴斯伊毛呂々々能書乎著波石花流中爾、其怪布架中能一際怪布事矣緊要跡、撰備目頰布事乎毛交兄弖如斯書整閉多流波、啻爾異布有事矣好牟庭有良傳、理乎究牟知布輩能幽事乎不辨、鬼神乎蔑如志神道能奇靈在事乎疎忽爾須流乎驚佐牟常、聞賀麻爾々々見賀麻爾々々鬼二二多流此能書爾社。其乎谷能毘伎跡霜託多流波、空谷能聲乎傳布登加言閉流如久、有賀中爾波不有空言毛交里多良牟加登、心志多流王邪爾己曾阿禮。歡伎加毛此書、勉志加毛此奴斯。

 

  萬延元庚申年九月十三日  鶴舍有節識

 

[やぶちゃん注:筆者「鶴舍有節」(「つるや・うせつ」)について、底本の森山泰太郎氏の補註には、『幕末津軽の俳人。弘前の商家に生まれ、本名武田乙吉、号』を有節、また、『千載庵。俳諧・和歌をよくし、また国学を好んで安政四年』、『江戸の平田鉄胤に入門し、篤胤没後の門人帳に名を連ねた。著書多く、魯儒とは青年時代から親交を重ね』、『誘掖』(ゆうえき:力を貸して導くこと。)『する点多く、魯僊の生涯に最も大きな影響を与えた人物である。明治四年没、六十四歳』とある。平尾と同い年である。

 さても、困った。万葉仮名は大学二年生以来、すっかり忘れている。それでもやらずんば得ず! 我流で書き下したが、どうしても読めない部分は□で囲って太字とし、不審な箇所は□や〈 ?〉で囲っておいた。正しい訓読がお判りの方、是非、御教授あれかし。

 

天地(あめつち)の内(うち)に有りと有る事物、一(ひとつ)として怪(くわい)有らざるは無し。凡そ、人の智もて、いかで悉(ことごと)くに知り得べけん。然か有る理(ことわり)を究(きは)むれば、あやしき事、無きなど云へる學風むあるは、言ふにも足らざる痴言(たはごと)にこそ。此こに、我が學徒平尾魯仙奴(やつばら)し、もろもろの書を著はせば、中に、其の怪しきが中の、一際(ひときは)、怪しき事、緊要(きんえう)と、撰(えら)び、目ぼしき事をも交えて、斯くのごとく書き整へたれば、啻(た)だに異(あや)しく有る事、好(この)むにはあらで、理を究むに、知しき〈=知識?〉の輩(うから)、幽(おくぶかき)事を不辨(わきま)へず、鬼神を蔑(さげす)むを志の如くし、神道の奇(く)しき靈(みたま)在(あ)る事を疎忽(そさう)にするを、驚かさむと、聞くがまにまに、見るがまにまに、鬼ににた〈=似た〉る、此の書にこそ。其れを「谷のひびき」としも託(たく)したるは、空谷(くうこく)の聲を傳ふとか言へる如く、有るが中には有らざる空言(そらごと)も交りたらむかと、心したる王邪(おに)にこそあれ。歡(よろこばし)きかも、此の書、勉(まさり)しかも、此の奴(やつばら)し。

 

  萬延元庚申(かのえさる)年九月十三日  鶴舍有節識(しる)す

 

前の序と同様、自信はないものの、やはりそれなりに自分では意味は採れたと思っている。

 以下、目次は全巻一括で示す。]

 

 

 

  谷の響 一之卷

    目錄

 一 沼中の管弦

 二 地中の管弦

 三 山女

 四 河媼

 五 怪獸

 六 龍尾

 七 蛇を播く

 八 蛇塚

 九 木簡淵の靈

 十 虻人を追ふ

十一 鬼祭を享く

十二 神靈

十三 自串

十四 子杼を脱れ鷹葉を貫く

十五 猫寸罅を脱る

十六 猫の怪猫恩を報ゆ

十七 猫讐を復す

十八 龜恩に謝す

   畢

 

  谷の響 二之卷

    目錄

 一 大章魚屍を攫ふ

 二 章魚猿を搦む

 三 蛇章魚に化す

 四 怪蚘

 五 蟹羽を生ず

 六 變化

 七 海仁草 海雲

 八 燕鳥繼子を殺す

 九 蝦蟇の智

 十 蜘珠の智

十一 夢魂人を嚙殺す

十二 神の擁護

十三 犬無形に吼ゆ

十四 蟇の妖魅

十五 山靈

十六 怪蟲

十七 兩頭蛇

   畢

 

  谷の響 二之卷

    目錄

 一 大骨

 二 壘跡の怪

 三 壓死

 四 震死

 五 天狗子を誘ふ

 六 踪跡を隱す

 七 死骸を隱す

 八 異魚

 九 奇石

 十 化石の奇

十一 巨薔薇

十二 ネケウ

十三 大躑躅

十四 大藤

十五 骨牌祠中にあり

十六 陰鳥

十七 樹血を流す

十八 落馬の地

十九 鬼火往來す

二十 妖魅人を惱す

廿一 妖魅

   畢

 

 谷の響 四の卷

   目錄

 一 蛙 かじか

 二 氷中の蟲

 三 水かけ蟲

 四 大毒蟲

 五 狂女寺中を騷かす

 六 鬼に假裝して市中を騷がす

 七 龍頭を忌みて鬪諍を釀す

 八 存生に荼毘桶を估ふ

 九 人をして不具に爲る

 十 戲謔長じて酒殽を奪はる

十一 題目を踏んで病を得

十二 賣僧髮を截らしむ

十三 祈禱の禍牢屋に繫がる

十四 閏のある年狂人となる

十五 半男女

十六 肛門不開

十七 骨髮膿水に交る

十八 奇病

十九 食物形を全ふして人を害す

二十 天狗人を攫ふ

廿一 一夜に家を造る

   畢

 

 谷の響 五の卷

   目錄

 一 羹肉己ら躍る

 二 羽交(はがひ)に雄の頸を匿す谷の響

 三 皮を剝ぎ肉を截れて聲を發てず谷の響

 四 狼の力量貒谷の響

 五 怪獸谷の響

 六 狢讐を報んとす

 七 メトチ

 八 河太郎

 九 沼中の主

 十 雩に不淨を用ふ

十一 大蝦蟇 怪獸

十二 石淵の怪 大蟹

十三 

十四 蛇皮

十五 龍まき

十六 旋風

十七 地を掘て物を得

十八 地中に希器を掘る

十九 假面

   畢

« 譚海 卷之二 佐竹家醫師神保荷月事 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十三 蟲部 蚱蟬(むまぜみ) »