フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« (こんな夜々には、私の前に居て)    リルケ 茅野蕭々譯 | トップページ | 北條九代記 卷第十 龜山院御讓位 付 蒙古の賊船退去 竝 東宮立 »

2016/12/20

私の生家   リルケ 茅野蕭々譯

 

 私の生家

           リルケ 茅野蕭々譯

 

幼い日の至愛の家は

追憶から消えはしない。

私が碧い絹張りの客間で

繪本を見た處、

 

太い銀糸で豐かに

笹緣(ささべり)をつけた着物が

私の幸福であつた處、『計算』が

私に熱い淚を押出した處。

 

私が暗い呼聲に從つて、

詩に手を出したり、

窓の段の上で

電車や船の遊戲をした處。

 

向うの伯爵家から、いつも

一人の娘が私を差招いた處……

あの頃輝いてゐたあの宮殿が

今ではあんなに寐ぼけて見える。

 

それから男の子が接吻を投げると

笑つたブロンドの子供は

今は去つて、遠くに息(やす)んでゐる。

もう微笑(ほほゑ)むことも出來ない處に。

 

 

[やぶちゃん注:第三連三行目の「窓」は底本では「窗」であるが、校注によって、これは後の「リルケ詩集」で茅野蕭々が「窗」の字に書き換えたことが判るので、「窗」の字の嫌いな私は断然、「リルケ詩抄」の「窓」の戻した。

 「リルケ詩抄」の巻末には、「ライネル・マリア・リルケ」と題する訳者自身による解説文が載るが、その冒頭に近い一節で(詩篇同様、恣意的に漢字を正字化した。但し、ルビは詩篇本文と異なり、本文もルビも現代仮名遣を使用しており、非常な不審と疑義があるので(本底本の有意に残念な瑕疵と存ずる)、引用本文の総てを原則、歴史的仮名遣に変換し、ルビ(読み)は「フラウエン・ゼエレ」の一ヶ所を除いて総て除去した)、

   *

小さな時から孤獨と平靜とを好んだことは、彼の自敍傳とも云ふ可き小説『最終の人々』にも覗はれる名族の最終人としての自覺が疾うから彼の重荷となつてゐたやうである。彼の最も愛したものは、繪本、人形、銀糸、孔雀の羽根、靜に搖曳する白雲等であつたといふから、彼が如何にも女らしい小兒であつたかが想像される。或る批評家がリルケを名づけて婦人(フラウエン・ゼエレ)の所持者と云つたことも思ひ合はされる。

   *

と茅野は記している。

 ウィキの「ライナー・マリア・リルケによれば、リルケは『オーストリア=ハンガリー帝国領プラハにルネ(・カール・ヴィルヘルム・ヨーハン・ヨーゼフ)・マリア・リルケ(René Karl Wilhelm Johann Josef Maria Rilke)として生まれる。父ヨーゼフ・リルケは軍人であり、性格の面でも軍人向きの人物だったが、病気のために退職した後』、『プラハの鉄道会社に勤めていた。母ゾフィー(フィアと呼ばれていた)は枢密顧問官の娘でありユダヤ系の出自であった。二人は結婚後まもなく』、『女児をもうけたが早くに亡くなり、その後』、『一人息子のルネが生まれた。彼が生まれる頃には両親の仲はすでに冷え切っており、ルネが』九歳の『とき母は父のもとを去っている。母ゾフィーは娘を切望していたことから』、リルケを五歳まで『女の子として育てるなどし、その奇抜で虚栄的な振る舞いや夢想的で神経質な人柄によって』、『リルケの生と人格に複雑な陰影を落とすことになる。母に対するリルケの屈折した心情は』、後の『ルー・アンドレアス・ザロメやエレン・ケイに当てた手紙などに記されている。リルケは父の実直な人柄を好んだが、しかし父の意向で軍人向けの学校に入れられたことは重い心身の負担となった』(下線やぶちゃん)と、その「生い立ち」の冒頭に記す。

 第二連の二行目、「笹緣(ささべり)」は、衣服の縁や、袋物や茣蓙などの縁(へり)の部分を補強や装飾の目的から、布や扁平な組紐などで細く縁取(ふちど)ったものを指す。

 第二連の末尾、「『計算』が/私に熱い淚を押出した處。」とは、かの西の名句、

 

   算術の少年しのび泣けり夏

 

の謂いであろう(リンクは私の全句集一括テクスト)。]

« (こんな夜々には、私の前に居て)    リルケ 茅野蕭々譯 | トップページ | 北條九代記 卷第十 龜山院御讓位 付 蒙古の賊船退去 竝 東宮立 »