フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 谷の響 五の卷 一 羹肉己ら躍る | トップページ | 譚海 卷之二 同國大社祭禮の事 »

2016/12/02

谷の響 五の卷 二 羽交(はがひ)に雄の頸を匿す

 

 二 羽交(はがひ)に雄の頸を匿す

 

 文政の年間なるよし、合田某と言へる人錢砲の名手なるが、ある日殺生打に出て八幡宮の林に至り、鴛鴦鴨(をしがも)のあるを見て一放に打とめ、卽(やが)て立よりその鳥を視るに咽首(のどくび)に中り、頸は斷切(ちぎれ)て其あたりに見えざれば、其まゝ打棄て歸られき。さるにあくる年のこの月日に、圖らず又八幡宮の林に至りて鳥や居ると看眺(ながむ)るに、又鴛鴦鴨のありければ否や打とめ摘擧(とりあげ)て見るに、こたびは雌鳥にてその羽がひに骨ばかりなる鴛鴦鴨の首を匿せり。合田氏不圖(ふと)去年のことを想像(おもひだし)、滿身(みうち)寒粟(ぞつ)として覺えず冷汗を流せしが、其肉を喫ふに忍び得で屍を埋みて歸りしなり。さてこのことを子供に語りて殺生打を禁令(いましめ)、今に此家にては殺生打は爲さぬよしなりと、水木某の語りしなり。

 

[やぶちゃん注:「羽交(はがひ)」単に鳥の羽の意味もあるが、狭義には鳥の左右の翼が重なる箇所を指す。ここも、話柄とその映像的イメージの哀感とともに、その狭義の方で採るべきである。

「匿す」「かくす」。

「文政の年間」一八一八年~一八三〇年。

「合田某」弘前藩の鉄砲組の者であろう。

「殺生打」「せつしやううち」。生きた獣を狙撃すること。

「八幡宮」単にかく言う場合は、現在の弘前市八幡町にある弘前八幡神宮であろう。弘前城の鬼門(北東)の押さえとして八幡村(旧岩木地区。原型の創建は、平安初期に坂上田村麻呂が東夷東征の際に岩木村に宇佐八幡宮の分霊を勧請、戦勝祈願をしたものとされる)から遷座されたもので、藩政時代は領内の総鎮守として筆頭の神格を持っていた。

「鴛鴦鴨(をしがも)」鳥綱カモ目カモ科オシドリ属オシドリ Aix galericulata。馴染みの鳥類では性的二型の際立つ種である。

「一放」一発。

「卽(やが)て」直ぐに。

「立より」「立ち寄り」。

「其まゝ打棄て歸られき」ここは首を打ち捨てて帰った、ととっておく。首尾一体でない獲物は狩りでは本来は忌み嫌われるから、本体も打ち捨ててとも採りたいのだが、そうすると、エンディングの雰囲気に微妙に上手くないと私は思うからである。

「あくる年のこの月日に、圖らず又八幡宮の林に至りて」共時的で共空間であることから、これ自体が共感呪術的現象であることに注意。

「看眺(ながむ)るに」二字へのルビ。

「否や」「や否や」と同義。即座に。

「摘擧(とりあげ)て」二字へのルビ。

「去年」「こぞ」と読みたい。

「想像(おもひだし)」二字へのルビ。動詞として訓じている。

「寒粟(ぞつ)として」二字へのルビ。

「冷汗」「ひやあせ」。

「喫ふ」「くらふ」。喰らう。

「屍」「かばね」であるが、私として「むくろ」と訓じておきたい。

「埋みて」「うづみて」。

「禁令(いましめ)」二字へのルビ。]

« 谷の響 五の卷 一 羹肉己ら躍る | トップページ | 譚海 卷之二 同國大社祭禮の事 »