フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 私は | トップページ | 甲子夜話卷之三 13 松平加賀右衛門家の事 »

2016/12/02

甲子夜話卷之三 12 松平加賀守辻番人、心入の事

 

3-12 松平加賀守辻番人、心入の事

或の話しは、松平加賀守家風は武邊を忘れぬことなり。一日かの辻番の前にて、白刃を拔て騷ぐものありしかば、番人一人出て、棒を以てこれを制す。時に餘の二人、其後に立て見て構はず。其中に一人の者、棒にて白刃を打落し、その者を搦め取たり。往來の人々不審に思て、立居し二人へ、いかに危きことなりしを助け玉はざりしやと問へば、答るには、敵は一人に候。それに多勢かゝりては、初に出し者の武邊に邪魔いたし候ゆへ、構申さずと云たりしとなり。

■やぶちゃんの呟き

「松平加賀守」加賀藩前田(松平)家。「甲子夜話」起筆当時(文政四(一八二一)年)なら、第十一代藩主前田斉広(なりなが)。

「辻番人」狭義には辻番(つじばん)は幕府によって江戸城下の武家屋敷周辺の辻々に置かれた辻番所詰めの警備隊を指す。ウィキの「辻番」によれば、『幕府の負担による公儀辻番(公儀御給金辻番)、大名によって設置される一手持辻番(大名辻番)、いくつかの大名や旗本が共同して設置する組合辻番(寄合辻番)があった。辻番はそれぞれの担当地域を巡回し、狼藉者などを捕らえた。辻番所には昼夜交代で勤務し、番所は夜中も開かれていた』とある。但し、ここは金沢城(現在の金沢市内)の城下の辻番所ともとれないことはないが、往来の庶民が不審がって問うところや、それを敢えてかく書いてこれを称揚するのであれば、やはり江戸のそれであろう。

「心入」心遣い。配慮。心得。

「或」「あるひと」。

「話しは」「はなせしは」。

「一日」ある日。

「白刃」「はくじん」。抜き身の刀。

「拔て」「ぬきて」。

「其後」「そのうしろ」。

「立て」「たちて」。

「構はず」手出しをしなかった。

「其中に一人の者」「そのうちに」最初に立ち向かった「一人の者」が、とうとう。

「打落し」「うちおとし」。

「搦め取たり」「からめとりたり」。

「思て」「おもひて」。

「初に」「はじめに」。

「構申さず」「かまひまうさず」。

「云たりし」「いひたりし」。

« 私は | トップページ | 甲子夜話卷之三 13 松平加賀右衛門家の事 »