フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 二   リルケ 茅野蕭々譯(詩集「冠せられた夢」の「愛する」詩群の第二章) | トップページ | 譚海 卷之二 甲州栗・柹・ぶどう等の事 »

2016/12/30

譚海 卷之二 螢火丸まむしを療する事

螢火丸まむしを療する事

○官家(かんか)御鷹匠衆いへるは、遠國御用の節、まむしにさされなどする療治の用意には、螢火丸(けいくわぐわん)を所持し、そのまゝかみてつばにてぬりつくれば、よろしきもののよし物語り也。

[やぶちゃん注:「官家御鷹匠衆」ここの「宮家」は「高貴な家柄」で将軍家の代名詞。幕府の鷹匠衆は若年寄支配で、鷹の飼養・調練・鷹狩の一切を取り仕切った。

「遠国御用」狭義には、御庭番が幕臣の身分を隠して遠国の実情調査に出かけること、則ち、隠密行動をとることを指すが、ここは鷹調教のために、鷹を連れて地方の山野で訓練をさせることを指すのであろう。

「まむし」爬虫綱有鱗目ヘビ亜目クサリヘビ科マムシ亜科マムシ属ニホンマムシ Gloydius blomhoffii

「螢火丸」漢方サイトを縦覧する限りでは、「螢火」は実際の昆虫綱鞘翅(コウチュウ)目多食(カブトムシ)亜目コメツキムシ下目ホタル上科ホタル科 Lampyridae のホタル類を乾燥させた生薬のように読める。調べてみると、ホタル類にはヒキガエル(ガマ)が持つ強毒成分であるステロイド配糖体の強心配糖体ブファジエノライド(bufadienolide)が含まれるから、「毒を以って毒を制す」式の本草的理解では多少、腑には落ちぬこともない。]

« 二   リルケ 茅野蕭々譯(詩集「冠せられた夢」の「愛する」詩群の第二章) | トップページ | 譚海 卷之二 甲州栗・柹・ぶどう等の事 »