フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 谷の響 五の卷 十八 地中に希器を掘る | トップページ | 甲子夜話卷之三 17 文祿二年禁中御能番組 »

2016/12/06

谷の響 五の卷 十九 假面 / 谷の響 ~ 全電子化注 完遂

 

 十九 假面

 

 又、この百澤寺の什物にいと古き面七枚あり。往古(むかし)延曆・大同の年間(ころ)、坂上田村麿東夷征伐の時、軍師にかむらしめ賊を威して、大いに勝利を得たるものと言ひ傳へたれど、これによれる書物もなく緣起もあらず。されば二百年三百年の古きものと見得ず。漆の色のさびたる、彫れるあとの俗をぬけ、ことに形の異相などいといと古く雅(みやび)にして、中々中古(むかし)や近き世の人の手に成れるものにはあらざるなり。又、常の物より大ぶりにて長は八寸又は九寸もありぬべし。材は桂のごとく見ゆるなり。こもいと珍しければその形をここに内(おさ)む。又いふ、荒川村の妙見堂の神體は同じく十二枚の古き假面なるよしなり。いとくすびなるものにて、これが宮をひらくとき、必ず風雨雷電すさまじくおこりぬるとて、かたく禁(いましめ)て人に見することなかりしとなり。

 

[やぶちゃん注:本条を以って「谷の響」全巻を終わる。

「この百澤寺」前条を受ける。岩木山神社の別当寺。述べた通り、おぞましき廃仏毀釈により廃寺。

「什物」「じふもつ(じゅうもつ)」。寺院の秘蔵する道具類。

「古き面七枚あり」底本の森山氏の補註に、『いま岩木山神社に古い舞楽面が三枚あり、年代・作者・伝来すべて不明であるが、坂上田村麿が奉納したと伝える。これをさすのであろう』とある。教え子から指摘があって、ブログ「ライター斎藤博之の仕事」の奥大道と平泉(3-2)岩木山神社の舞楽面を紹介された。まさに! これだ!!

「延曆・大同」七八二年から八一〇年まで。

「坂上田村麿」(さかのうえのたむらまろ 天平宝字二(七五八)年~弘仁二(八一一)年)は平安初期の武官。近衛将監から近衛少将を経、延暦一〇(七九一)年、征東副使に任命され、同十三年には征夷大将軍大伴弟麻呂に従って蝦夷を討った。同十五年、陸奥出羽按察使(あぜち)兼陸奥守、さらに鎮守府将軍、同十六年(七九七年)に至って征夷大将軍に任ぜられた。

「東夷征伐」ウィキの「坂上田村麻呂によれば、延暦二〇(八〇一)年に『遠征に出て成功を収め、夷賊(蝦夷)の討伏を報じた』。その後、一度、帰京し、翌延暦二一(八〇二)年に『確保した地域に胆沢城』(いさわのき)『を築くために陸奥に戻り、そこで阿弖流為』(あてるい)と盤具公母礼(いわぐのきみもれ)ら五百余人の『降伏を容れた。田村麻呂は彼らの助命を嘆願したが、京の貴族は反対し』て遂に二人を処刑している。延暦二二(八〇三)年には志波城(しわのき)を築城している。延暦二三(八〇四)年に、再び、『征夷大将軍に任命され』、三『度目の遠征を期した。しかし、藤原緒嗣が「軍事と造作が民の負担になっている」と論じ、桓武天皇がこの意見を認めたため、征夷は中止になった(徳政相論)。田村麻呂は活躍の機会を失ったが、本来は臨時職である征夷大将軍の称号をこの後も身に帯び続けた』とある。

「軍師」参謀格の大将。

「かむらしめ」「被(かむ)らしめ」。被らせて。

「威して」「おどして」。

「されば二百年三百年の古きものと見得ず」不審。後の「中古(むかし)や近き世の人の手に成れるものにはあらざるなり」という感想と矛盾している。

「俗をぬけ」後で「いといと古く雅(みやび)にして」と言っているから、俗っぽい粗野さが全くなく、の意で採る。

「中古(むかし)」二字へのルビ。

「長」「たけ」。面の長径。

「八寸又は九寸」二十四センチ強から二七センチ強。

「桂」ユキノシタ目カツラ科カツラ属カツラ Cercidiphyllum japonicum

「こもいと珍しければその形をここに内(おさ)む」前条で述べた通り、平尾の絵図を我々は最早、見ることは出来ない。岩木山神社に行くことがあったなら、是非とも見て見たいものだが、そんな機会は多分、私には訪れぬであろう。

「荒川村」現在の青森市荒川(あらかわ)。(グーグル・マップ・データ)。

「妙見堂」現在の荒川地区の東にある青森市問屋町の大星神社。(グーグル・マップ・データ)。底本の森山氏の補註に、『坂上田村麻呂が』『蝦夷平定後、横内(よこうち)の地(いま青森市横内)に鬼面七箇を納めて妙見社を祀ると伝える。明治三』(一八七〇)年に、『大星神社と改称した』とある。Yuki氏のブログ「くぐる鳥居は鬼ばかり」の大星神社・妙見宮・追分石 (北斗寺  青森市問屋町)が画像豊富! それによれば、やはり最初は平尾の言う通り、「十二」面あったらしい。そうして菅江真澄が「栖家乃山(すみかのやま:寛政八(一七九六)年の紀行)で次のように記していると現代語訳して呉れている。この妙見堂には『そのむかし、天台宗の北斗寺という寺があったという。神主阿保某のもとに代々伝わる獅子頭があり、また古い仮面が』七『つ蔵されている。神主阿保安政が語るには、「田村麿が征夷大将軍として蝦夷人をおびやかそうとしたとき、大勢の兵士らが着けた面だとか、北斗七星になぞらえて神事の舞がおこなわれたときの』七『つの面だとも言い伝えられており、むかしは』十二『面あったとかいわれています。この面を人に見せてはならないと、遠い先祖のころから唐びつのなかに深くひめかくして、さらに見せたことがありません」という』とあり、平尾の時代には既に七面しかなかったのである。

「くすびなるもの」「くすび」は上代語の「奇(くす)し」で「神秘的だ・不思議だ・霊妙な力がある」の意。畏れ多く神威を保持した神聖なるものの謂いである。だからこそ、「かたく禁(いましめ)て人に見することなかりし」なのである。]

« 谷の響 五の卷 十八 地中に希器を掘る | トップページ | 甲子夜話卷之三 17 文祿二年禁中御能番組 »