フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之三 12 松平加賀守辻番人、心入の事 | トップページ | 谷の響 五の卷 一 羹肉己ら躍る »

2016/12/02

甲子夜話卷之三 13 松平加賀右衛門家の事

 

3-13 松平加賀右衛門家の事

御旗本衆の中に、松平加賀右衞門と稱る人あり。大給松平の流なり。此人の名は嚴廟の時、上意にて賜しと云。其故は、此人の容貌前田の松平加州に能肖たるとて、人皆加賀々々と呼しを、卽上意にて名乘しと云。

■やぶちゃんの呟き

 前条の「松平加賀守」で軽く連関する。

「松平加賀右衛門家」不詳。

「旗本」「はたもと」。原義は「軍陣で主将旗のある本陣」の意であるが、転じて、主将の旗下にある直属の近衛兵を指すようになった。江戸期には、将軍直属の家臣(直臣(じきしん))として大名・旗本・御家人の別があるが、旗本は知行高一万石以下で御目見(おめみえ:将軍に謁見出来ること)以上の格の者を称した。旗本と御目見以下の御家人とを総称して「直参(じきさん)」「幕臣」と称した(但し、一万石以下のではあるが、名家の子孫で幕府の儀礼を司った「高家(こうけ)」と参勤交代の義務をもつ「交代寄合」は別格で、老中支配に属した)。以上は平凡社「世界大百科事典」に拠った。

「稱る」「しよう(しょう)する」。

「大給松平」底本編者は「大給」に「おほきふ」とルビする。ウィキの「大給松平家より引く。『大給松平家(おぎゅうまつだいらけ)は、松平親忠の次男・乗元を祖とする松平氏の庶流。十八松平の一つ。三河国加茂郡大給(現在の愛知県豊田市)を領したことから大給松平家と称する。松平宗家(徳川氏)に仕え、甲陽軍鑑に「荻生の少目」として登場する松平親乗が有名であると新井白石「藩翰譜」にはある。当主は武勇に優れ、「藩翰譜」にはあちこちの戦いで兜首を多数挙げたことが特筆されている』。『江戸時代には譜代大名』四『家のほか、数多くの旗本を出した。なお』、『新井白石の藩翰譜では、「荻生松平」と表記する』。前々条に出た岩村藩の乗政系はこの流れに入る。

「嚴廟」第四代将軍徳川家綱。彼の諡号「厳有院」に基づく。

「賜しと云」「たまはりしといふ」。

「前田の松平加州」加賀藩藩主の前田(松平)加賀守家当主であるが、この家綱の代ならば、前田利家の曾孫で第四代藩主前田綱紀(寛永二〇(一六四三)年~享保九(一七二四)年)である。

「能」「よく」。

「肖たる」「にたる」。

「卽」「すなはち」。

« 甲子夜話卷之三 12 松平加賀守辻番人、心入の事 | トップページ | 谷の響 五の卷 一 羹肉己ら躍る »