フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一 「二つの繪」(13) 「死場所」 | トップページ | 小穴隆一 「二つの繪」(14) 「妻に對する、子に對する、」 »

2017/01/09

柴田宵曲 妖異博物館 「人魂」

 

 人魂

 

 佐々成政が越中の大津の城を攻めた時、城兵よく防いだけれども、多勢に無勢で次第に弱り、愈々明日は最後と覺悟をきめた。女子供などは泣き悲しんで居つたが、その日も暮れ方になると、城の中から天目ほどの火の玉が、いくつといふことなく飛び出した。寄せ手はこれを見て、城中では死に用意をしたぞ、あの人魂の飛ぶことを見よ、と云つて皆で見物する。城主は降參を申し出で、城中の者の一命は助けてくれといふことだつたので、成政同心し、和議は忽ちにととのつた。上下限りなく喜んでゐるうちに日が暮れたら、昨日飛び出したのと同じくらゐの數の人魂が、どこからか飛んで來て、皆城中へ入つて行つた。この人魂の目擊者は幾千人もあつたわけである。人魂の記載はいろいろあるが、「義殘後覺」の大津の城攻めの際のやうに、大規模なのはあまり見當らない。

[やぶちゃん注:「佐々成政」(さっさなりまさ 天文五(一五三六)年(但し、他に永正一三(一五一六)年・天文八(一五三九)年説有り)~天正一六(一五八八)年)は尾張出身の安土桃山時代の武将。織田信長に仕えて歴戦、天正三(一五七五)年の一向一揆鎮圧の功により越中富山を領した。同天正十二年の小牧・長久手の戦いでは徳川家康方に応じ、翌年、豊臣秀吉に攻められて降伏、助命されて同十五年には肥後国主となったが、国人統制に失敗、その責めを問われて切腹した。

「大津の城」「大津」は「小津(おづ)」(古地名)が正しく、所謂、現在の富山県魚津市内にあった魚津城。天正一〇(一五八二)年に行われた柴田勝家を総大将とする織田信長軍(そこにこの佐々成政や前田利家らがいた)と上杉景勝軍との戦い。

「天目」「てんもく」で天目茶碗のこと。浅い擂鉢形をした抹茶茶碗。これは日本での呼称で、本来は中国福建省の建窯(けんよう)で焼かれた建盞(けんさん)を指し、鎌倉時代に浙江省天目山の禅寺から留学僧が持ち帰ったところから、本邦ではこの名で知られる。後に瀬戸などで写しが作られ、茶道で主に貴人用として用いられ、高台(こうだい)が小さいため、必ず天目台に載せて用いる。

「義殘後覺」「ぎざんこうかく」と読み、文禄年間(一五九二年~一五九六年)の成立とされる愚軒による雑話集。本話はその「卷之三」の「三 人玉の事」。岩波文庫刊の高田衛編「江戸怪談集(上)」に載るものを参考底本としつつ、読みはオリジナルに歴史的仮名遣で附し、恣意的に漢字を正字化、読点を追加して示す。

   *

 

   人玉の事

 

 いかさま、人の一念によつて、瞋恚(しんい)のほむらと云ふものは、有るに儀定(ぎぢやう)たる由、僧俗ともに、その説、多し。しかれども、つひに目に見たる事のなき内は、疑ひ多かりし。眼前にこれを見しより、後生をふかく大事に思ひよりしなり。

 これとひとつ事に思ひしは、人每に人玉といふものの有るよしを、歷々の人、歷然のやうにのたまへども、しかと肯(う)けがたく候ひしか。北國の人、申されしは、越中の大津の城とやらむを、佐々内藏介(さつさくらのすけ)、攻め申されしに、城にも強く防ぐといへども、多勢の寄せて、手痛く攻め申さるるほどに、城中、弱りて、すでに、はや、明日は討死せんと、おひおひ暇乞(いとまご)ひしければ、女、わらんべ、泣き悲しむ事、たぐひなし。まことに哀れに見えはんべりし。かかるほどに、すでに、はや、日も暮れかかりぬれば、城中より天目ほどなる光り玉、いくらといふ數かぎりもなく、飛び出でけるほどに、寄せ衆(しゆ)、これを見て、「すはや、城中は死(しに)用意しけるぞや。あの人玉の出づる事をみよ」とて、我もわれもと、見物したりけり。

 かかるによりて、降參して城をわたし、右をなだめ候やうにと、さまざま扱ひを入れられければ、内藏介、此の義に同じて、事、調ふたり。「さては」とて、上下喜ぶ事かぎりなし。かくてその日も暮れければ、昨日飛びし人玉、又、ことごとく何處(いづく)よりかは出でけん、城中さして飛びもどりけり。これを見る人、幾干といふ數を知らず。

   *

「扱ひ」降伏に際して交渉をすることを指す。「同じて」同意して。]

 吉原の西河岸にある娼家の女が、勞症で危篤に及んだ時、その家から人魂が飛び去つた。たまたま外を通りかゝる人があり、刀を拔いて人魂を斬つたら、女の病氣はそれきり快癒した(甲子夜話)

[やぶちゃん注:「西河岸」「にしがし」。

「勞症」「らうしやう(ろうしょう)」は肺結核のこと。以下の原文の「勞瘵」(らうさい)も同じい。

 以下の話は「甲子夜話卷之十八」の「人魂(ひとだま)を切(きり)て病(やまひ)癒(いゆ)る事」を指す。

   *

吉原町西河岸倡家の女、勞瘵にて危篤に及びたるとき、人だま出て飛去る。この時戸外を行く人あり。これを見て刀を拔て人だまを切りたり。是よりしてかの病平愈せしと云。理外の談なり。

   *

松浦静山は最後に全否定している点に着目されたい。]。

 日野伊豫守が若い時分に、家來の中に久しく煩ふ者があつて、到底本復しさうにも見えぬ。側向を勤めた者で、親しく召仕つたことであるから、その長屋を見舞つたりしたが、或日の夕方、他の家來を連れて馬場へ行き、病人の噂などをして歸つて來ると、その家來の長屋の門口に、煙草の吹殼りは少し大きく、蠟燭の心を切つたぐらゐの火が落ちてゐる。火の元が宜しくない、蹈み消したがよからうと云つてゐるうちに、その火は一二尺づつ上つたり下つたりしたが、軒端ぐらゐの高さになると、茶碗ほどの大きさに見えた。身の毛がよだつやうな思ひで家に歸つたところ、果してその晩病人は亡くなつた(耳囊)。

[やぶちゃん注:これは「耳囊 卷之九 人魂の起發を見し物語りの事」。私の訳注電子テクストでどうぞ。]

 かういふ記事を讀むと、人魂は單に靑い尾を曳いて、ふらふら飛ぶとは限らず、人のまさに死せんとするに當り、魂魄の空中に飛び去るものの如くである。倂し必ずしも死に瀕した者の魂には限らぬので、「甲子夜話」などは違ふ例をいくつも擧げてゐる。

 平戸の泥谷某なる者が、夜舟を浮べて釣りをしてゐる時、半里ばかり向うに切り立てたやうな絶壁があつて、そこには淸水が湧いてゐるのを知つてゐるため、艪を漕ぐ下男は、あの水をちよつと飮んで來たうございます、といふ。今は釣りの最中だからいかん、艪の手を離すな、と云つて上陸を許さぬので、下男は已むを得ず、艪を動かしながら居睡りをしてゐる。泥谷がひよいと見ると、下男の鼻孔から酸漿(ほゝづき)ぐらゐの靑光りをした火が飛び出した。火はふはふはと飛んで、例の淸水のある岸に到り、暫くたつてまた戾つて來た。漸く近くなつて、下男の鼻孔に入ると同時に、彼は目を覺ました樣子である。泥谷にどうしたかと尋ねられて、實はあまり咽喉がかわきますので、舟を岸に著けたいと存じましたが、御許しがございませんから、艪を押しながらつい睡つてしまひました、夢の中であの岸へ行き、水を飮んだと思ひましたら、目が覺めました、もう咽喉は少しもかわきません、と云つた。泥谷も何だか氣味が惡くなつたので、その晩は釣りをやめて歸つて來た。

[やぶちゃん注:「泥谷」は「ひじや」或いは「ひじたに」と読むか。他に「どろたに」「どろや」「なずたに」などとも読める。なお、以上は「甲子夜話卷十一」の「平戸にて魂火を見し人の事」の冒頭の一例。「魂火」の読みは「こんくわ」か「たまび」かは不詳。

    *

人世には魂火と云うものもあるにや。予が領内の泥谷某、釣を好み夜々平戸の海に浮(うかみ)て鯛をつる。これは碇(いかり)を投じては宜しからず。因(より)て潮行(しほゆく)にしたがひて海上を流れて釣り糸を下(おろ)す。ゆえに舟處を違へざる爲に、櫓を搖(おし)て流れ去らざらしむ。泥谷、乃(すなはち)、下僕に櫓を搖(お)させ、己は釣を下して魚の餌につくを待つ。又その海の向(むかふ)は大洋、其邊半里許(ばかり)に絶壁の岸あり。こゝより常に、淸泉、湧き出づ。下僕、主人を顧(かへりみ)て云ふ。先より櫓を搖(おし)て咽(のど)渇くこと頻なり。冀(ねがはく)は、岸に舟をつけ、泉水を一飮せん。泥谷云ふ、今、釣の最中なり、手を離つべからずとて、舟を岸に着くことを許さず。僕、止(やむ)ことを得ず、櫓を搖(お)し立(たち)ながら睡る。泥谷、これを見るに、僕の鼻孔の中より酸醬實(ほほづき)の如き靑光の火、出(いで)たり。怪(あやし)と思たるに、ふはふはと飛行(とびゆき)て、やがて彼(かの)岸泉の處に到り、泉流に止(とどまり)てあること、良(やや)久(ひさしき)なり。夫(それ)よりまた飛來(とびきたり)てやゝ近くなる。愈々怪み見ゐたるに、僕の鼻孔に入りぬ。其時、僕、驚醒(おどろきさめ)たる體(てい)なりければ、泥谷、いかにせしと問(とひ)たれば、さきに餘りに咽乾(かはき)たる故、舟を岸に着けんと申(まうし)たるを止(とど)め給ひしゆゑ、勉強して櫓を搖(お)しゐたれば、不ㇾ覺(おぼえず)睡りたり。然(しかる)に夢に岸泉の處に至り、水を掬(きく)し飮(のみ)て胸中快く覺えたるが、睡(ねむり)、醒(さめ)ぬ。もはや咽渇かずと言(いひ)たり。泥谷も、これを聞(きき)て恐ろしくなりて、好(このみ)なる釣りを止(やめ)て、其夜は歸りしと云ふ。

   *]

 また平戸の田村某は、一婢の容色あるのを愛してゐたが、妻の嫉みを恐れて敢て通ぜず、年季を了へて實家に歸つてから、時々ひそかに行くやうにしてゐた。或夕方出かけて行くと、中途の村堤のところで、十何間も先に靑い小さな火が、地上五六尺ぐらゐを飛んで行く。酸漿の實ぐらゐの火である。狐狸の所爲であらうと思ひ、已に斬らうとしたが、火はまだ距離がある、近付いてからの事として行くうちに、火は田村の先を行き、此方が止れば彼方や止る。いつの問にかその家の前に來て居つた。婢は窓の下に寢てゐるので、田村はひそかに戸を明けて入る例であつたが、今夜は田村より先に火が窓から飛び込んだ。愈々怪しく思つて、引返さうかとも思つたが、約束したことだから、入つて婢を搖り起したところ、どうしてこんなに遲くおなりでした、お待ち申してゐるうちについ睡つてしまひましたが、その夢の中で、お迎へに參りまして、村堤のところで目にかゝつて、御一緒に歸つたと思ひましたら、あなた樣がお起しなさいましたのです、と云つた。田村は婢の情の深いのを悦んだけれども、一方には恐ろしい感じも伴ふため、その後は行くことが稀れになつた。

[やぶちゃん注:「十何間」「じふなんげん」で凡そ三十メートル弱か(一間は一・八メートル)。「五六尺」は一・五~一・八メートル。以上は「甲子夜話卷十一」の「平戸にて魂火を見し人の事」の先に続く第二例。一部、原典の本文表記の歴史的仮名遣の誤りを訂した。

   *

又これも平戸のことなり。田村某が家の一婢、頗(すこぶる)容色あり。田村心に愛すと雖ども、妻の妬(ねたむ)を恐れて通ずること能はず。その婢、年期を以て里に歸る。里、殆(ほとんど)二里、田村時々潛(ひそか)に往き曉に及んで歸る。或日暮に又往く。時に小雨ふれり。道半ばにして村堤を行(ゆく)に、前路十餘間、地上を去ること五六尺にして靑光の小火(こび)あり。ほおずきの實(み)の如し。田村怪しみ狐狸の所爲とし、已に斬(きら)んとす。然(しかれ)ども火未(いまだ)遠し。因(より)てこれに近かんとするに、火乃(すなはち)田村が前に行くこと初の如し。田村立止(たちどま)れば火もまた止る。田村爲(なさ)ん方(かた)なくして行く内に、覺えず婢の家に至る。婢いつも窓下(さうか)に臥す。因て密(ひそか)に戸を開(あけ)て入る。今夜も常の如く入(いら)らんとするに、火は田村に先だつて窓中(さうちう)に入る。田村愈(いよいよ)怪(あやし)み、卽(すなはち)歸らんと爲(せ)しが、約信(やくしん)を失ふも如何(いかが)と、乃(すなはち)戸を開て入るに、婢よく寐て不ㇾ覺(さめず)。田村搖起(ゆりおこ)せば、婢驚き寤(さ)め、且(かつ)云ふ。君來(きた)ること何ぞ遲き。待(まつ)こと久(ひさし)ふして遂に睡れり。然るに夢の中に君を迎へんとて、出て村堤の邊に到るとき君に逢ふ。因て相伴ひて家に入ると思へば、君我を起し給へりと云。田村聞て下女の情(なさけ)深きを悦(よろこぶ)と雖ども、旁(かたは)ら恐懼の心を生じ、これより往(ゆく)こと稀になりしとなん。是も亦魂火なるべし。

   *]

 もう一つのもやはり平戸であるが、これは今までの例と違つて、自分の鼻孔から小火の飛び出たことを知つてゐる。酸漿のやうで靑光りをした火は、自分も傍の人も見てゐる間に、次第に高くなつて報恩寺の森に入つた。この人は富裕な商家であつたが、報恩寺は旦那寺である、あの火は魂であらうから、自分の死は近きに在る、家財を持つてゐたところで仕方がない、早く散じて快樂を盡さうと決意し、日夜遊び暮したけれども容易に死なぬ。全くの無一物となつたので、剃髮して道心者となり、乞食をして日を過して居つた。三四年たつて後、嘗て自分の鼻孔から小火の飛び去るのを見たのと同じ場所で、夕方涼んでゐると、報恩寺の森から星の如きものが飛んで來て、道心者の鼻孔に入つた。けれどその後の運命には著しい變化もなく、九十以上の長壽を保つた。或人の説に、もしこの人が家財を散じなかつたら、必ずあの時死んだであらう、財盡き身窮した爲に壽命は延びたのである、といふことであつた。

[やぶちゃん注:以上は「甲子夜話卷十一」の「平戸にて魂火を見し人の事」の先に続く第三例でこれで同条うは終わる。

   *

又平戸城下の町に家富める豪の商估(しやうこ)あり。或日城門外の幸橋(さひはいばし)にて納涼して居たるとき、その鼻孔より小火出たり。これも酸漿の實の如にして靑光あり。其人は云に及ばず、餘人もあれあれと云うち、次第に遠く去る。あきれて視ゐたるに愈々高くあがり、報恩寺の森に入りたり。商(あきんど)思ふに、こゝは我が檀那寺なり。あの火は魂なるべければ我(われ)死近きにあらん。貨財有(も)つとも死して後何の益ぞ。蚤(はや)く散じて快樂(けらく)を盡くさん迚(とて)、日夜飮宴(いんえん)し、或又遊觀(いうくわん)に日を送りたるに、程經ても死する樣子もなく、其中(うち)に家産竭(つき)て貧寠(ひんらう)の身となりければ、剃髮して道心者となり、市里(いちさと)に乞食(こつじき)せり。それより三四年を經て、夏夕かの幸橋に涼(すずん)で居たるに、以前小火の去(さり)ゆきたる寺林の木の梢より、何か星の如きもの飛出(とびいで)たり。怪しと望(のぞみ)ゐたるに、來ること近くなりゆゑ不審に思(おもひ)たるに、間近くなると餘人も怪(あやし)み見るうち、忽ち道心者が鼻孔の中に入りぬ。己も不思議ながら爲(せ)ん方もなく、さり迚(とて)貧が富にも復せず。多くの年月をおくり壽(じゆ)九十を越(こえ)て終れりと云。是又魂火の一つか。或(あるひと)云(いふ)。人世乘除(じんせいじゃうじよ)は何事にもあることなれば、此(この)商(あきんど)、財を散ぜずんば必(かならず)死せしなるべし。財盡(つき)身(み)貧窮せしより、壽命は延(のび)しならんと。斯(この)言甚(はなはだ)深理(しんり)あり。

   *]

 以上三つのうち、最初の下男の話は、南部のダンブリ長者と似たところがある。ダンブリ長者はその名の如く、蜻蛉がこの男の口と向うの山陰とを往復するのであるが、その夢に山陰の淸水を飮んで、すばらしい酒であつたと見る。そこへ行つて見たら、全く夢の通りであつた。この男が晝寢をしてゐる間、傍にゐた女房の夢に、ダンブリ(蜻蛉)と見えたのが、實は長者の魂であつたといふのである。平戸の下男が飮んだのは酒泉でもなく、それによつて長者になつても居らぬが、魂の泉に到る點に變りはない。こんな單純な話であつても、夜釣りの舟の上で、鼻孔から靑い火の飛んだりするのを見れば、成程あまり愉快ではあるまい。

[やぶちゃん注:「南部のダンブリ長者」旧南部藩(その中心は現在の岩手県盛岡市)に属した現在の秋田県鹿角(がづの)市に広く伝わる「南部ダンブリ長者」伝説。婿を探す娘がダンブリ(本文に出るようにトンボ(蜻蛉)の古名である)の導きによって一人の若者と出逢い、酒が湧く霊泉を見つけて長者となり、その娘吉祥姫は継体天皇の側室となったとする説話である。詳しくは「十和田八幡平観光物産協会」公式サイト内の鹿角地域の伝説を参照されたい。]

« 小穴隆一 「二つの繪」(13) 「死場所」 | トップページ | 小穴隆一 「二つの繪」(14) 「妻に對する、子に對する、」 »