フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柴田宵曲 妖異博物館 「地上の龍」 | トップページ | 小穴隆一 「二つの繪」(25) 「芥川の死」 ~「二つの繪」パート了 »

2017/01/17

小穴隆一 「二つの繪」(24) 「最後の會話」

 

    最後の會話

 

「君、金はいらないかねえ、」

 ぶらつと僕の部屋に顏をだした芥川はさう言つてにやにやしながら突つたつてゐた。

「口止料みたいな金は俺はいらないや、」

「死ぬんなら死ぬで俺はいいよ、」

 やるな、と思つた僕はさう吐きだした。

「まあいいや、」

 芥川は顏を顰めてかなしい顏で笑つて僕の前に坐つた。てれてにやにやしてゐる。

「僕は、――君は僕の母の生まれかはりではないかと思ふよ、」

 ――何秒か默つてゐた僕をみて芥川はかういつて、義足をはづして坐つてゐた僕の膝に手をかけた。芥川が女であるならば、かう言つて彼女は縋りついたと僕は書くであらうが、縋られて僕は困つた。(僕の生まれた日は芥川の母の命日に當るといふ、言葉を繰返してゐた。)

「ここにかうやつてゐると氣がしづまるよ、」

 さう言つて汚ない疊の上に仰のけにころげてゐた芥川は

「ちよつとでいいから觸らせておくれよ、」

 芥川は鵠沼でも幾度かこの

「たのむから僕にその足を撫でさせておくれよ、」

と體をのばして僕の切斷されたはうの足に手をかけ、「君の暮しは羨ましいなあ、」とため息をしてゐた。僕は芥川にさう言はれるといつもかなしかつた。

[やぶちゃん注:以下でも記されるが、昭和二(一九二七)年七月二十一日のことである。宮坂覺年譜によれば、この日は午後に、内田百閒と一緒に自宅を出て、入院中の宇野浩二の留守宅を訪問して見舞いの品を届けている。その帰り、内田と別れた後に小穴の下宿を訪ねた。なお、当日の夜には前に注したように、以前から誘っていた佐多稲子が当時の夫窪川鶴次郎と来訪し、自殺体験を子細に龍之介から問われている。]

 二十四日の朝に芥川は冷たくなつてしまつた。芥川が僕の足を撫でて歸つたのは二十一日、十八日にもきて、五十圓の金を座布團の下にいれて歸つていつてる。金の事では決して人に頭をさげるなと言つて僕の不足を補つてくれてゐた芥川であつたから、十八日の五十圓には變と思はなかつたが、僅か二、三日しかたつてゐない二十一日にまた金をくれようでその瞬間芥川の死を感じた。僕は帝國ホテルのときの小穴隆一君へと封筒に書いてあつた「或阿呆の一生」の原稿のことと、ホテルで、「ここに二百圓ばかり持つてゐる。この金のなかの半分を封筒にいれて、それと、なほ手紙を書いて君に言渡しておかうと思つて、ちやうどそれを書きかけてゐたところだつた。麻素子さんがこなければこないでいい、一人で死なうと思つてゐたよ。」と言つてゐたことを思ひあはせて、まとまつた金を持つてきてゐるらしい芥川に僕は芥川の死を感じてしまつた。

[やぶちゃん注:「僅か二、三日しかたつてゐない二十一日にまた金をくれようでその瞬間芥川の死を感じた。」言葉足らずの謂いであるが、原型の「鯨のお詣り」の「最後の會話」では、『變、と感じたのは、二三日前に呉れておいてまた更にまた呉れやうとする事であつた。』(「やう」はママ)で達意である。小穴隆一の本書での改稿は表現上は改悪を感じさせる箇所が多いように感ずる。

「帝國ホテルのとき」昭和二(一九二七)年四月七日一度目の帝国ホテルでの心中未遂事件のこと。「帝國ホテル」の章を参照。]

「僕はほんとに君が羨ましいよ。」

 芥川はまた仰のけになつてひとりごとのやうに言つてゐた。

「死ぬといふことは君はどう思つてゐるのかねえ、」

「腹の中のほんたうのことを言つてくれないか、」

「生きてゐてたのしい事もなからうし、いつしよに死んでしまつたらどうかねえ、」

 芥川は今度は起きなほつて坐りなほしてからさう言つてゐた。

「俺は死ぬのはいやだよ、生きてゐることが死ぬことよりも恥辱の場合であれば死ぬさ、僕の場合では死ぬはうが生きてゐることよりはまだ恥だ。俺はまだこのままで死ぬのはいやだよ、」

 ぶつきらぼうに僕は言つてしまつた。

「ああ! それはほんたうの事だ、生きてることが、死ぬことよりも恥である場合は――ほんたうだ。」

「ほんたうだ、ほんたうだ、確かに君の言ふそれはほんたうだよ。」

 さう言つて頭を抱へてころぶ目の前の芥川を、かなしく冷やかに僕はみてゐた。僕はそのときの非人情な僕の言葉を、なぜさう言つてしまつたかと今日でも申譯なく思つてゐる。

 

 七月二十二日、金曜日である。

 不幸があつて大阪から上京してゐた水上の兄が晝間きて、弟が世話になつた禮を芥川によろしく言つてくれと言つてゐた。僕は田端驛の崖上にあつた「藪」で蕎麥を食つて水上の兄と別れて、夕日があたつてゐる芥川の家に立寄ると、先客に下島がゐた。この二十二日のことは下島の「芥川龍之介氏終焉の前後」昭和二年の文藝春秋九月號に載つてゐるが、芥川が僕には、どうせ西の方だと言つてゐるのに、下島へは明日か明後日頃鵠沼へと言つてゐる。下島が書いてゐるものだとその日の氣温は、華氏の九十五度といふ本夏最高のレコードを示した實に暑苦しい日であつた、となつてゐるが、下島が歸つたあとの芥川は、「また、死ぬ話にしようや、」のひそひそ話になつた芥川であつた。毎日のやうに會つてゐて、おなじ話になる、その話も途絶えたときに、僕は冷たい部屋をしみじみみまはした。さうしていま、華氏九十五度といふ日の夜とどう思ひすましてみても思へない、さぶさぶとしたぞつとしたものを感じてきて、僕は四、五尺離れて坐りなほした芥川の顏をまともにみることができなくなつてしまつてた。

[やぶちゃん注:「水上の兄」「手帖にあつたメモ」に出る『水上(茂)の兄』であろうが、この人物は新全集の人名索引でも不詳の人物である。

「どうせ西の方」(章題)に既出既注であるが、再掲しておくと、宮坂年譜によれば、死の四日前の七月二十日の条に、八月に『開講予定だった改造社主催の民衆夏期大学の講師を依頼され、電報で「ユク」と返事をする』とあり、旧全集書簡番号一六一九にも、改造社宛電報として、『ユク」アクタガ ハ』と掲げられてあるものを指すのであるが、しかし私はここでの芥川龍之介の謂い、そしてそれを聴きここに記した小穴隆一の真意は、正直――西方浄土――あの世へ行く――の謂いとしか思えないでいるのである。

「華氏九十五度」摂氏三十五度。]

 芥川がなにか聞えぬことを口をもごもご動かして言つて僕に笑ひかけた、それで僕は「わつ!」といひ、「俺はもうだめだ、」と言つて立上つてしまつた。僕が芥川の手をふりはらつて梯子段に足をかけたとき、芥川は引き戾さうと無言で肩に手をかけた。僕がまたその手のしたをすりぬけて梯子段の踏板を摑んだときには、「こどもを賴むよ、」と輕く肩を抑へてから、身をひるがへして部屋に戾つた。ぱちんと電氣を消す音を聞きながら僕は梯子段をすべり落ちるやうにおりてしまつた。出合頭に唐紙が開いて芥川の家族達の顏をみたが、「もうだめです、」「僕はもうだめです、」と僕は顏で二階のはうをさして夢中で下宿に歸つて布團のなかにもぐりこんでしまつて「なに、いつものなんで、大丈夫ですよ、」と言つてゐた芥川夫人と葛卷の聲をたよりに、明日またのぞいてみようと思ひながら、二十三日はこはくてどうしてもゆけず一日宿にころがつてゐた。

[やぶちゃん注:シチュエーションからも判るが、小穴隆一が芥川邸を出たのは午前零時頃であったらしい(宮坂年譜に拠る)。これが小穴隆一が生前の芥川龍之介に逢って語り合った最後となった(翌二十三日は小穴も述べている通り、芥川邸を訪ねていない。自死のための薬物服用は翌二十四日に日付が変わった午前二時過ぎと推定されている。]

 僕はいつきに梯子段を飛びおりたと前には書いてゐたが、義足では實際にさうはならず、そのとき「もうだめです、」と大きい聲で言つたつもりの僕の言葉もただ、わあ、わあいふ聲に家の人には聞えてゐたのかも知れない。芥川は電氣を消した暗いなかで泣いてゐたのであらうと思ふ。

[やぶちゃん注:以上で注していない箇所でも、今までの私の注で既に注している。過去章を検索されたい。]

 

« 柴田宵曲 妖異博物館 「地上の龍」 | トップページ | 小穴隆一 「二つの繪」(25) 「芥川の死」 ~「二つの繪」パート了 »