フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一「二つの繪」(35) 「影照」(10) 「永井・梅原」 | トップページ | 小穴隆一「二つの繪」(37) 「影照」(12) 「女持ちの紙入」 »

2017/01/20

小穴隆一「二つの繪」(36) 「影照」(11) 『「無限抱擁」のヒロイン』

 

        「無限抱擁」のヒロイン

 瀧井孝作が「無限抱擁」のヒロインと湯島に世帶をもつて、そのヒロインが髮結いさんをはじめた。芥川は、「女房をやつて、さきに髮を結つて貰つてから芥川の家内であると言つて祝ひを述べさせた、」と言つてゐた。

[やぶちゃん注:志賀に私淑しつつも『芥川の弟子と目され、小島政二郎・佐佐木茂索・南部修太郎とともに「龍門の四天王」と呼ばれた』瀧井孝作(明治二七(一八九四)年~昭和五九(一九八四)年:芥川龍之介より二歳年下)はウィキの「瀧井孝作によれば、大正八(一九一九)年、『時事新報の文芸部記者として芥川龍之介を知った』とあり、それに続けて『吉原にいたことのある榎本りんと結婚し』ているとあるから、以上はこの頃のことである。大正一〇(一九二一)年二十七歳の時、専業作家となり、後に「無限抱擁」纏めることになる『小説の雑誌掲載を始めた』が、翌大正十一年、『そのヒロインのりん』は亡くなってしまう、とある。実はこの年の大正八(一九一九)年十一月二十三日、小穴隆一はまさにこの瀧井孝作に連れられて田端の芥川邸を訪れ、以後、終生無二の親友となったのであった。長編小説「無限抱擁」は私は読んだことがないので、小学館の「日本大百科全書」の紅野敏郎氏の解説を引く。『新小説』掲載の『竹内信一』(大正一〇(一九二一)年八月)・『改造』掲載の「無限抱擁」(大正一二(一九二三)年六月)・『新潮』掲載の「沼辺(ぬまべ)通信」(大正一二(一九二三)年八月)・『改造』掲載の「信一の恋」(大正一三(一九二四)年九月)という、それぞれ独立した四短編を合わせて長編に仕立てたもので芥川龍之介自死直後の昭和二(一九二七)年九月に改造社より刊行された。『主人公信一は滝井孝作自身で、正真正銘の自伝的私小説。吉原で見そめた松子との愛情、その松子と彼女の母との』三『人暮らし、松子の結核による死の経緯が、勁(つよ)いストイックな文体で、詩情を含みつつ剛直に述べられている恋愛小説の傑作。俳句によって鍛えた写生の力と、省略による飛躍の力のみなぎる息苦しい文体だが、その真率な心情は読者に深いおもりを下ろす。滝井孝作の初期の代表作であるとともに近代の恋愛小説のなかの白眉』とある。]

« 小穴隆一「二つの繪」(35) 「影照」(10) 「永井・梅原」 | トップページ | 小穴隆一「二つの繪」(37) 「影照」(12) 「女持ちの紙入」 »