フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一「二つの繪」(26) 「影照」(1) 「芥川・志賀・里見」 | トップページ | 小穴隆一「二つの繪」(28) 「影照」(3) 「千圓の金」 »

2017/01/18

小穴隆一「二つの繪」(27) 「影照」(2) 「漱石・潤一郎」

 

       漱石・潤一郎

 文藝生活に於ける芥川に絲を投げかけた者を、僕は漱石、潤一郎と思ふ。芥川は、「夏目先生は五十圓以上の金は一度に拂はなかつた人だ。」と言つてゐた。芥川も夏目先生を或は見習つてゐたかも知れない。

[やぶちゃん注:ここで小穴隆一が言っているのは、恐らくは象徴的な謂いで、暴虎馮河のような賭けには出ない、自分の陣営保護は万全を期して注意していたことを意味するようにも採れるのであるが、芥川龍之介は、例えば、中国特派の際の大阪毎日新聞への予算要求などは異様なほど細かく、特派中の送金依頼などを見ても、慇懃を装いつつも細部ではかなり巧妙に社から金を引き出させようとしていることが判る。龍之介は遺稿阿呆一生」の「二十 械(かせ)」では、

   *

 彼等夫妻は彼の養父母と一つ家(いへ)に住むことになつた。それは彼が或新聞社に入社することになつた爲だつた。彼は黃いろい紙に書いた一枚の契約書を力にしてゐた。が、その契約書は後(あと)になつて見ると、新聞社は何の義務も負はずに彼ばかり義務を負ふものだつた。

   *

などと書いているが、寧ろ、龍之介は給与金額へ注文を出し、菊地寛ら友人紹介斡旋などの依頼で、毎日新聞社には相当な便宜を図って貰っている。遺書という抗議不能な物によって、土壇場で新潮社から岩波書店へ全集刊行を鞍替え要求している(それも師漱石と同じ岩波から出したいという我儘)ところなどを見ても、芥川龍之介という男の意想外の計算高さは認識しておく必要があると言える。そういう意味での計算高さは、〈ダンディ龍之介〉の印象が強い彼にしてあまり知られているとは思えないので言い添えておきたい。]

 

« 小穴隆一「二つの繪」(26) 「影照」(1) 「芥川・志賀・里見」 | トップページ | 小穴隆一「二つの繪」(28) 「影照」(3) 「千圓の金」 »