フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柴田宵曲 妖異博物館 「狐と魚」 | トップページ | 小穴隆一「二つの繪」(35) 「影照」(10) 「永井・梅原」 »

2017/01/20

柴田宵曲 妖異博物館 「狸の心中」

 

 狸の心中

 

「想山著聞奇集」に心中の話が二つある。一つは大坂の話で、二三度遊んだに過ぎぬ女郎から心中を持ち掛けられ、今宮の森まで出掛けたものの、本當に死ぬ氣にはならず、最後に煙草を一服しようとして火を打つ途端、夜番の者に大聲で叱られたのを横合に逃れ去る。三日ほどたつて、昨夜今宮の森に心中があつたと聞き、それとなく尋ねると、女はやはり自分に心中を持ち掛けた女郎で、相手は遠國より來てゐた、かなり年を取つた男と知れた。「死神の付たると云ふは噓とも云難き事」といふ標題になるので、それほど變つた話ではない。もう一つの方は慥かに奇集の名に背かぬものである。

[やぶちゃん注:梗概は短いが、実は原典は挿絵もあり、しかも意想外に長大なので章末に回す。要はこれは不可解な心理現象としての病的な「心中」願望の異常心理を枕としたものであって、標題の「狸の心中」とはズレるから短いのである。

「今宮の森」「今宮」は現在の大阪府大阪市浪速区恵美須西にある「えべっさん」今宮戎(いまみやえびす)神社のこと(但し、現行では同神社の鎮守の森は航空写真では存在しない)。後掲する原典ではこの女郎のいた遊廓を「島の内」とし、ここからなら「えべっさん」は南西へ二キロ圏内になる。]

 尾張國熱田在井戸田村の百姓の娘にふみといふ女があつた。後には宮宿の築出し町へ來て、旗籠屋の飯盛女になつてゐたが、これに心中を持ち掛けられたのが髮結ひの抱への某である。約束の時刻にかねて死場所と定めた秋葉の森へ來て見ると、女の姿はどこにも見えぬ。それきり捨て置くわけに往かず、女の奉公先に立寄れば、九ツ(午後十二時)頃までは居りましたが、それから姿が見えません、と云つて搜索中であつた。女の方は九ツ時に家を出て秋葉の森で男と落ち合ひ、更にそれより二三町先の古木森々たる恐ろしい森へ行つた。こゝで道端の榎の木の五又にも六又にも岐れたところに、腰帶をわなにして懸け、その兩端で兩人一度に首を縊る。これを釣瓶(つるべ)心中といふのは、その腰帶を釣瓶繩に見立てたのであらう。男は至つて輕く木の又まで釣り上つたのに、女の方は重くて足先が地についたまゝ死なうとしても死ぬことが出來ない。夜が明けて通行人に發見されたが、腰帶の端に縊られてゐたのは、猫ほどの大きさの狸で、目方が輕いため、木の又まで釣り上げられ、又に引込まれて死んで居つた。女は死なれずに濟んだが、うつけ者のやうになり、この事を傳へ聞いた髮結ひの男も、少しうつけのやうになつた。この狸は人を化かす能力を具へた者で、この近邊に折々怪しい事のあつたのも、彼の所爲であらうと云はれてゐる。この晩は女をたぶらかさうとして自ら縊るに至つたのか、それとも狸自身死神に付かれて居つたのか、そこまではわからない。

[やぶちゃん注:これも原典(やはり挿絵附き)は章末に示す。

「尾張國熱田在井戸田村」現在の愛知県瑞穂区井戸田町附近と思われる。ここ(グーグル・マップ・データ)。私の妻の実家にごく近い。

「宮宿の築出し町」「宮宿」は「みやじゆく」で東海道五十三次第四十一番目の宿場。一般には「宮の宿」と呼ばれ、公的には熱田宿と称した。「宮の渡し」として知られ、熱田神宮の門前町・湊町でもあった。「築出し町」「築出」は「つきだし」と読み、同宿にあった三大遊里(神戸(ごうど)・伝馬(てんま)・築出の順にランキングされていた)の一つがあった。

「秋葉の森」恐らくは熱田神宮の南方直近と思われる。この附近(グーグル・マップ・データ)。

「二三町」約二百十八~三百二十七メートル。]

 狸の心中などは前代未聞の珍事かと思ふと、これにもやはり先例がある。本郷櫻の馬場あたりの奉公人同士の戀で、櫻の馬場で心中と決したが、日暮過ぎに男が來た時は、女は已に待つて居り、用意の紐を首に纏ひ、木から飛んだ。これは尾張の例と反對に、女は何の事もなく縊れ死し、男は足が地に屆いて死に至らぬ。そこへ約束の女がやつて來て、男の苦しむ體を見、且つ自分と同じ女が死んでゐるので、びつくり仰天して聲を立てた。人が集まつて來て介抱の結果、男は蘇り、一切の事情を打明けたが、縊れた女はいつの間にか狸の本性を現してゐた。若い二人の突き詰めた心持は、主人達の同情を買ひ、親元へ話して夫婦にするやうに取りはからつたといふのだから、心中話には珍しい大團圓である。狸は櫻の馬場心中の約束を聞き、笑談半分に女に化けたのであらうが、思ひがけず自分が死し、却つて二人のなかだちをする結果になつたと「耳囊」は記してゐる。

[やぶちゃん注:これはもう、私の「耳囊 卷之八 狸縊死の事」をどうぞ。

   *

 では、満を持して「想山著聞奇集」の二話を示す。第一段落目の大阪のエピソードは同「卷の四」の「死に神の付たると云(いふ)は噓とも云(いひ)難き事」。【 】は二行割注。一部に〔 〕でオリジナルに歴史的仮名遣で読みを振った。( )は原典のルビ。踊り字「〱」は正字化した。

   *

Ebisubasimitiyukinodan_2

 

 死に神の付たると云は噓とも云難き事

 

 予が壯年の頃、我方へ出入たる按摩に、可悦と云盲人有。此者、若年の頃、江府の屋敷方に奉公なし、遠國在廰の衆にも隨從して、所々步行〔ありきゆき〕、武道の事も粗〔あらあら〕心得居〔をり〕、氣性も餘程衆に秀〔すぐれ〕たるをのこにて、何事も物の數共〔とも〕思はざる氣質にて、放蕩抔も人に增りてなしたるよし。内瘴(そこひ)の症にて、忽ち盲人となりしかば、斯〔かく〕廢人となりて後は、三都の住居は無益成〔なり〕とて、速に按摩と成て、生國なれば尾張へ歸り、我〔わが〕名古屋に居をしめたり、此者、大坂在官の人の供して、かの地へ至り居し節、風〔ふ〕と、島の内の何とか云、大成〔なる〕女郎屋へ行て、纔〔わづか〕兩三度遊びしに、右女郎の云には、心中【江戸にては相對死〔あひたいじに〕といふ】してともに死呉〔しにくれ〕よといふ。隨分、死申べし。去ながら、何故に死を究〔もとむ〕ると聞ければ、惚〔ほれ〕たる故と云。其心に僞なくば、隨分、其意に任すべしと答しに、さらば、明晩、死申べしとの事にて、其夜は快く遊びて後、歸るに臨みて、約束の通り、明晩は、ぜひ早う參り呉よと、心に留て申せし故、勿論のことよと云捨て歸りしが、變成〔なる〕ことを申す女かな、明晩參れば彌(いよいよ)しぬ事にやと、不審は思ひながら、其翌夜は友達とともに出て、「道にて酒抔給〔たべ〕、遲くかの樓へ行見るに、女は待わびて、何故、斯は遲く來りしぞと怨〔うらむ〕る故、道にて友達に出合て、遁れがたく、心ならずも酒など呑〔のみ〕て時も移りたり、皆々も同道にて、辛うして來りたると云。死なふと思ふに、義理所にてはなし、多分は心變りし給ふ事と、宵より怨みて計〔ばか〕り居たりと云しかば、鳥は立とも跡を濁さずと云諺もあり、待べしとは思へども、友達の付合も是非なし、時刻こそ遲れたれども、來〔きた〕る上は、疑〔うたがひ〕も晴〔はら〕し申べしと答ければ、夫〔それ〕は嬉敷〔うれしき〕事とて、死〔しぬ〕る氣の樣子ゆゑ、如何して死ぬ積りぞと問へば、内は僞りて、夜芝居に行とて出て、今宮の森へ行て死ぬ積りの所、最早、今宵は時も移り、連〔つれ〕が有ては妨〔さまたげ〕にも成べく、如何せば宜しからんと云故、今宵死ぬには限るまじ、此世の暇乞〔いとまごひ〕に、今夜は存分に酒を呑て思入〔おもひいれ〕、騷〔さはひ〕で遊ぶと了簡を替〔かふ〕べしと云に、男と云者は氣性の能〔よき〕もの也、さらば、明晩は必ず早う壹人で來り呉〔くれ〕よといふゆゑ、承知也承知也とて、無上に酒も呑〔のみ〕、大勢快く踊り戲れて遊び歸りたれども、翌日に至り、よくよく考〔かんがふ〕るに、あの樣に死ぬ氣に成〔なり〕たるは、呉々〔くれぐれ〕も合點の行〔ゆか〕ぬ事なり、我等如きの男に惚〔ほる〕ると云もおかしく、又、身の上よきか、或は金に惚たりと云にもあらず、或は久敷〔ひさしき〕馴染にて、段々の情も深く成たると云にてもなく、其うへ、互に、生て居ては義理の惡敷〔あしき〕と云べき譯もなし。おかしき事とは思へども、其頃は血氣の事にもありしかば、何にも驚かず。總躰〔さうたい〕の事、物の數とも思はずして、此上の成行〔なりゆき〕は如何〔いかが〕するのか、往〔ゆき〕てみねば分らず。相對にて心中して死〔しぬ〕のも面白からん。何にもせよ、今宵も又參るべしと、暮合〔くれあひ〕より出かけ、五ツ時前に彼樓へ行と、女は待居、能〔よく〕來て下されしぞ、兼て約束の通りに、夜芝居へ參る也迚〔とて〕、夫々、内の片も付〔つけ〕、つれ立て出懸たり。夫より恵比須橋迄行〔ゆく〕と、橋詰に、片見世は、草履〔ざうり〕・草鞋〔わらぢ〕抔商ふ八百屋有。此所にて、彼女の云けるは、下駄にては道行ももどかしく、草履を求〔もとめ〕てはき申すべし、そなたにもはき給へとて、二足買たり。夫より橋の上へ行て、今の草履をはく迚、此川は名にし負ふ道頓堀にて、大坂一の繁榮なれば、橋の下には、行違ふ船も群をなしたるに、其樣成〔そのやうなる〕斟酌なしに、彼〔かの〕下駄を橋の上より蹴込〔けりこみ〕しまゝ、此時に至りて、此女は彌〔いよいよ〕死ぬ積り也と初て悟りたりと。扨、夫〔それ〕より、男にも、裏附〔うらつけ[やぶちゃん注:裏附草履。二枚重ねの底に革を挟んで補強したもの。女が嫌ったのは、恐らくは普通の草履よりも音がするからであろうか。]〕を蹴込て草履に替〔かへ〕よと云故、此新敷〔あたらしき〕裏附を入水〔じゆすい〕させるも無益なり、今の八百屋に預け來〔く〕るべしといへば、今死ぬ物が其樣なるとんぢやくが有べきかと申せども、死ぬる迄も費(ついえ[やぶちゃん注:ママ。正しくは「つひえ」。]は費也、八百屋に置〔おか〕ば八百屋の物と成べし、預け行〔ゆか〕んとむりに立戾りて、八百屋に預け、夫より浪花新地〔なにはしんち〕を通り拔〔ぬく〕るころ、彼〔かの〕女の顏色を能〔よく〕見るに、大〔おほい〕に替りて、最早、一途に死ぬ事と思定〔おもひさだめ〕たる有さまなれば、夫迄は、うかうかと女郎の申〔まうす〕に任せたれども、是〔これ〕切〔せつ〕に死〔しん〕で仕舞〔しまふ〕は思ひもよらぬ事ながら、此間中〔このあひだぢう〕、快よく約束して、今更いやともいひ難し、不慮〔ふりよ〕成〔なる〕事を納得して、長き命を此場限りに縮めたると云〔いふ〕も、智惠のなき最上〔さいじやう〕、如何〔いかが〕はせまじと思ひつゞけしが、最早、義理も是切〔これきり〕也〔なり〕、足に任せて逃〔にげ〕んと思へども、女も兼て覺悟の事故、懷より背中へ手を差入、命懸にて、下帶をしつかりと握り詰居るゆゑ、中々、力業〔ちからわざ〕にては、捥取〔もぎとり[やぶちゃん注:底本原文は「拔取」であるが、編者によって右に訂正注があるのに従って書き換えた。]〕て逃失〔にげうせ〕る事も成間敷〔なるまじく〕、兎やせまじ。角〔かく〕やせまじと思ふ内に、今宮の森迄、來りたり。兼て女の用意して持來りたる紐にてともに首を縊らんといへども、彼下帶は中々放さず。依〔より〕て先〔まづ〕少し成共〔なりとも〕、時刻を延〔のば〕さんと、此社〔やしろ〕にて多葉粉一ぷく、たべんと云。女郎の申には、もふ多葉粉所にてはなしと答〔こたふ〕る故、最早、此世の名殘り、此所まで逃來りし上は、其樣〔そのやう〕に急ぐ事はなし、好成〔すきなる〕たばこ位は呑せ呉よといひければ、さらばわらはも一うく呑申〔のみまうす〕べし、男の心は違ひたるもの也とて、彼〔かの〕社前にて、火打〔ひうち〕を出して、一打〔うち〕二打、打〔うつ〕と、思ひも寄らぬ直〔ぢき〕に後〔うしろ〕の戸をがらりと明〔あけ〕て、社より夜番〔よばん〕の者出〔いで〕て、何者なれば火を打〔うつ〕と、大ひなる聲して叱りたりければ、互に仰天せしはりやいに[やぶちゃん注:「張り合い抜け」か。ふっと力が抜けること。]、詰居たる手を放ちしゆゑ、直に深林へ逃込〔にげこみ〕たり。夫より女は定〔さだめ〕て探し尋ねたるならんに、彼〔かの〕可悦は、けしからぬ脇へ逃翦〔にげきり〕、道もなき所を無上にたどり駈戾〔かけもど〕り、元の惠比須橋の八百屋へ來りみれば、いまだ寢もせずに居たりしかば、裏附を取はきて足早にかけ歸り、夫より一二日は外へも出〔いで〕ず、内に居たれども、何分、右の事も心に懸り、欝々として樂〔たのし〕み兼〔かね〕る故、三日目程に、今度は方角を引離〔ひきはな〕れて天滿〔てんま〕の方へ出かけ、或茶屋に休居〔やすみゐ〕たるに、荷物を脊負〔せおひ〕たる商人來りて、彼荷を下して、ともに休つゝ咄しけるは、夜前、今宮の森に相對死有〔あり〕たり。女は島の内の女郎と申〔まうす〕事也と云ゆゑ、扨、我等と能〔よく〕似たる事も有〔ある〕ものかな、若〔もし〕も彼〔かの〕女にてはなきやと思ひ、何〔なに〕やの女郎にやと問〔とふ〕に、既に我行たる女郎屋故、心せきこみて、夫〔それ〕は何と云女郎なるやと又問へば、彼商人、女郎の名迄は承らず、何故、其樣に申さるゝ事ぞと云故、尤也〔もつともなり〕と心付、以前、あの内へは往〔ゆき〕て、大躰、女郎も近付〔ちかづき〕故、くどふも尋る也と申紛〔まうしまぎ〕らし、夫より人にも搜らせ、自身にも能〔よく〕尋見〔たづねみ〕るに、知己〔おのれ〕が死〔しの〕ふとせし女にて相手の男は遠國より來り居て、是も纔〔わづか〕四五度通ひ、餘程年を取〔とり〕たる男なりと云。此女には、世に云〔いふ〕、死神が取付〔とりつき〕たるものにて、かの旅の男にも取付たるにや。何にしても、うかうかと、ひやい成〔なる〕事に逢〔あひ〕しとて[やぶちゃん注:「ひやい」は恐らくは「非愛(ひあい)」で、「危(あや)ういこと・危(あぶ)ないめ」の意であろう。]、可悦より詳〔つまびらか〕に聞〔きき〕たるなり。予、思ふに、可悦には神有〔あり〕て遁れさせ給ひしか。又は、斯迄〔かくまで〕、心の慥〔たしか〕なる男故、死に神の侵し兼〔かね〕たるか。心得置〔こころえおく〕べき事なり。

   *

添えられた挿絵は現在の大阪市中央区の道頓堀川に架かる戎橋(えびすばし:ここ(グーグル・マップ・データ))――道行「恵比須橋」の段――である。よく見て戴きたい。……画面右手こちらの欄干の側に男女が顔を見合わせている……これが主人公の若き日の可悦と死神に憑りつかれた哀れな女郎である……何故それが分かるかって?……よく御覧なさい……そこから視線をずっと下の川面の方に目を移してゆくとやや左手に……彼女が死を覚悟して蹴り込んだ下駄が……描かれているじゃありませんか…………このタナトスに囚われた女は何か無性に哀れである……彼女が心中を遂げた老けた相手というのは……これ……私のことかも知れぬ…………

 次の第二段落のそれは、同書「卷の五」の「狸の人と化(ばけ)て相對死(あひたいじに)をなしたる事」である。同前。踊り字「〲」は正字化した。

   *

 

Tanukisinjyu

 

 狸の人と化て相對死をなしたる事

 

 尾張の國熱田在、井戸田村【東海道宮宿より半道程東の方なり。】百姓の娘に、ふみといふ女有〔あり〕て、生得〔しやうとく〕、身持惡敷〔あしく〕、後、遂に宮宿の内、築出し町【街道筋東の端松原へ出る所なり。】的場溜〔まとばだまり〕へ逃行〔にげゆき〕、しがらき扇屋など云〔いふ〕旅籠屋〔はたごや〕に、飯盛女〔めしもりをんな〕となりて勤居〔つとめをり〕、芝翫〔しかん〕【俳優中村歌右衞門の俳名なり。】と異名され、近邊にては、誰〔たれ〕しらぬ者もなき淫亂放蕩なるものなりしが、同所、髮結〔かみゆひ〕の抱〔かかへ〕の者に、何とか云男有〔あり〕て、なかんづく、一頃〔ひところ〕は此男と忍び合〔あひ〕しが、或日、今夜中、心中して【相對死の事也。】の死呉〔しにくれ〕よと、ふみの乞〔こひ〕しに任せ、男も其約束して分れぬ。扨、男つくづく考へ、變成〔なる〕約束をなせしもの哉〔かな〕とは思ひながら、その夜、約束の時刻も過〔すぐ〕る頃迄は、何のものかはと思ひ、酒などたべ、ざゝめき多行(あるき)しが、夜も更〔ふく〕るに隨ひて、約束せし事の忘れがたし、一〔いち〕づなる女心にて、今程は、さぞ待佗〔まちわび〕て居るべし、※(たばか)るも事によるなり[やぶちゃん字注:「※」は「姦」の「女」を三つとも「男」に替えた字体。]、まづ約束の場所へ尋行〔たづねゆき〕、その上にて、兎も角もせばやと思案を極め、かの約束場所高田村【築出し町より十二三町東。】秋葉の森へ行〔ゆき〕て見るに、文〔ふみ〕の俤〔おもかげ〕だにもなし。されども、夫切〔それきり〕にも打置〔うちおき〕かね、歸り來りて、文の主家を尋〔たづぬ〕るに、九つ比〔ころ〕までは居たれども、夫より居らずといふて、尋ぬる最中也。其外、近邊、かれ是〔これ〕、尋ぬれど、文のあり所、更にしれ兼〔かぬ〕るまゝ、不審に思ひなから、せんすべなく、其夜は夫切〔それきり〕に打置たりと。扨、文は其夜九つ時、内を出て、約束のごとく高田村秋葉の森へ行て見るに、かの男も來り居て、何をかたらひしにや、又、二三丁先、いつくしが森と云、千歳の古木森々として、主にても物すこく恐ろ敷〔しき〕森有〔あり〕。此所へかの男と二人行て、漸〔ようよう〕、夜も明〔あけ〕なんとする頃に及びて、道の端なる榎〔えのき〕の木の六尺計〔ばかり〕上より、五胯〔また〕六胯なりたる枝に、腰帶をわなに取〔とり〕て打懸〔うちか〕け、その兩端〔りやうはし〕にて、兩人一度に首を縊〔くく〕りて、【是をつるべ心中といふ】諸共〔もろとも〕に死なんとなしたるに、如何成〔いかなる〕事か、男は至〔いたつ〕て輕く、木の股迄〔まで〕つり上り、女は重〔おも〕りて、足先の少し地〔ぢ〕に付〔つき〕たるまゝ、死せんとすれども死なれず。とやせまじ、かくやせまじと思ふ折から、早、夜も明渡〔あけわた〕り懸りて、隣村御器所(ごきそ)村【半道程北なり。】の者、通り懸りて、其躰〔てい〕を見て大に驚き、能々〔よくよく〕見るに、女は誠〔まこと〕の女なれども、片端に速〔はや〕死して居たるは、猫程の狸なり。人よりは輕きゆゑ、木の股迄、釣上られて、首を木の股へひき込〔こま〕れて死居〔しにゐ〕たり。女は夫切〔それきり〕に助命はなしたれど、うつけものと成〔なり〕、又、其事を聞〔きき〕て後、驚〔おどろき〕たるにや、かの髮結〔かみゆひ〕の男も、少しうつけものとなりたると也。是は、予が家僕彌助〔やすけ〕と云〔いふ〕者は、井戸田村の直隣〔ぢきどなり〕、大喜村の者なりしが、かの男女とも、竹馬よりの友にて、しかも心中して、いまだ女と狸とともに、木に懸り居たる所へも駈付〔かけつけ〕て、正敷〔まさしく〕見たる事也とぞ。是は、かの人を化す狸にて、よの常〔つね〕の野狸にてはなきとしられけり。昔より此森の邊に怪物有〔あり〕て、折々人を威〔をど〕し、甚敷〔はなはだしき〕に至りては、威し殺したる事間々〔まま〕有。其上、此野邊〔のべ〕にて大に火を揚〔あげ〕、村々にて出火と心得、火消道具など持出〔もちいだし〕、近寄〔ちかより〕見ると消失〔きえうせ〕たりなどして、種々のいたづらをなして騷がせ、又、例のやつに謀られたりとて、侮る事、度々なれど、如何成〔いかなる〕ものゝ所爲〔しよゐ〕ともしられざりしに、此〔この〕變〔へん〕の後は、怪敷〔あやしき〕事一度もなし。皆、此狸のなせる業〔わざ〕にて有〔あり〕たりと、人々も初〔はじ〕て知〔しり〕しと也。

   *]

« 柴田宵曲 妖異博物館 「狐と魚」 | トップページ | 小穴隆一「二つの繪」(35) 「影照」(10) 「永井・梅原」 »