フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一 「二つの繪」(7) 「□夫人」 | トップページ | 柴田宵曲 妖異博物館 「轆轤首」 »

2017/01/05

逃げの余裕

僕はこの一年、安眠出来ずに、三時過ぎに目が覚めてしまうのを、実に困ったものだと思い続けている。

が、しかし、

「安眠出来ない。」

と言う輩の言葉を聴くと、僕は

「では、死にませう。」

と言いたくなるのを常としている。究極の安眠とは「死」であるが、しかし死にたくないというなら、その代償を捜す労をその人は惜しんでとしか思えぬからである。

何も出来ないと本気で思っているのなら、そ奴は活きている価値を自身が放棄しているとしか思えぬからである。

そう表明することで、誰かに救いを求めるのは、精神疾患というよりは、至高の怪しい神や、胡散臭い思想に自己証明を求めれば、よかろう。

俺はそうした愚劣な心の余裕を持たないだけである。

死を語る奴は必ずそうした「逃げの余裕」を無意識に担保している。

« 小穴隆一 「二つの繪」(7) 「□夫人」 | トップページ | 柴田宵曲 妖異博物館 「轆轤首」 »