フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一 「二つの繪」(11) 「死ねる物」 | トップページ | 小穴隆一 「二つの繪」(13) 「死場所」 »

2017/01/09

小穴隆一 「二つの繪」(12) 「漱石の命日」

 

      漱石の命日

 

「いままで度々死に遲れてゐたが、今度この十二月の九日、夏目先生の命日には、いくらどんなに君がついてゐてもきつと俺は死んでしまふよ、」

「その間一寸君は帝國ホテルに泊つてゐないかねえ、」

「いやかねえ、」

 芥川は鵠沼で僕にさういふことを言つてゐた。

 僕は芥川が死ぬまで、毎月九日がすぎるとほほつとしてゐた。

 芥川は昭和二年の春、麻素子さん(平松)と帝國ホテルで死なうとしてゐる。

[やぶちゃん注:本章は以上が全部で、底本の中では最も短い一章である。

「夏目先生の命日」夏目漱石は大正五(一九一六)年十二月九日に亡くなっている。例えば、死の前年の十二月九日は新全集の宮坂覺氏の年譜によれば、芥川龍之介も小穴隆一も鵠沼にいたが、小穴はこの日、妹尚子(ひさこ)危篤の報を受け、急遽、上京している(後の「降靈術」「手帳にあつたメモ」参照。後者に尚子は十二月三十一日に十三歳の若さで逝去したことが記されている)。その前年の大正一四(一九二五)年の十二月九日から六日程過ぎた頃には、かの、漱石の墓を探しあぐねるという奇怪なシークエンスを含む、痛切な内実告白年末一日」を脱稿しており、大正十三年十二月九日には龍之介の青春への挽歌信輔半生」を脱稿している(リンク先は私の古いテクスト)。これらには明らかに漱石の祥月命日との精神的な意味での強い連関性が認められるように私は思う。

「芥川は昭和二年の春、麻素子さん(平松)と帝國ホテルで死なうとしてゐる」前章で既出既注であるが、再掲しておく。昭和二(一九二七)年四月七日、妻文の幼馴染みで、文自身が芥川龍之介の自殺を監視させるために紹介し、親しくなっていた平松麻素子と帝国ホテルに於いて心中を決行しようとしたとされる出来事を指す。平松はホテルに赴かず、この小穴隆一へその計画を漏らし、文・小穴・葛巻義敏三人がホテルへ駆けつけ、自殺は未遂に終わった。この事件は不明な点も多い。この後の「帝國ホテル」でもその一件が語られている。]

« 小穴隆一 「二つの繪」(11) 「死ねる物」 | トップページ | 小穴隆一 「二つの繪」(13) 「死場所」 »