フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小穴隆一「二つの繪」(37) 「影照」(12) 「女持ちの紙入」 | トップページ | 小穴隆一「二つの繪」(39) 「影照」(14) 「久米正雄・中勘助」 »

2017/01/21

小穴隆一「二つの繪」(38) 「影照」(13) 「車中の娘さん」

 

    車中の娘さん

 僕は女人たちに、「芥川さんはどういう女の人が好きだつたのですか、」と聞かれると簡單には説明できずに、どういふものかまはりくどい大正十四年の秋の娘さんを思ひだすのだ。さうして、輕井澤の歸り芥川、僕ちやん(比呂志君)蒲原たちの四人は田端でおりるので大宮で電車に乘りかへた、僕らのうしろからは下町風の質素な身なりの身だしなみのよい母娘が乘つてきて向ひ側に腰をかけた、娘さんが立上つて網棚に荷をあげようとする、電車が走つてゐるので二、三度よろめいてゐる、と、輕井澤にゐて、このてらになかときぐんやぶれきてはらきりたりときけばかなしも、と言つてゐて氣色がすぐれず、僕の顏いろをみてゐた毎日のその芥川が、すうつと立つていつてその荷を棚にあげてやる、娘さんが芥川に禮を言つて席に腰をおろす、娘さんはこちら側の僕の左りの席に置いてあつた芥川のスーツ・ケースにじつと目をさらしてゐる。ケースについてゐる小さい活字の芥川の名刺が挿しこんである名札入れが垂れ下つて、娘さんの正面に向いてゐる。娘さんはやがて合點して、ちよつと芥川のはうをうかがつてからこつくりをするとつつましやかなほほゑみをうかべる。といふ情景を思ひだして話をしてゐる。

 娘さんはどうして芥川の住所を知つたのか、芥川は、「こなひだの娘が禮のはがきをよこしたよ、」と言つてゐた。

 僕はさういふまはりくどい話しをしたあとに、芥川と知合ひになつたばかりの頃、いつしよに町を步いてゐて、なんであつたか芥川が「僕は身なりが綺麗であつても馬鹿と步くのは恥づかしいと思ふよ、」と突然言つてゐたことを忘れずにつけ加へてゐる。

[やぶちゃん注:「大正十四年の秋」以下のシチュエーションは宮坂覺年譜によれば大正一四(一九二五)年九月七日。軽井沢の避暑は定宿の鶴屋旅館に於いて八月二十一日(到着)からで、小穴隆一の来軽は八月二十八日頃、長男比呂志は九月四日に弟子の蒲原(かもはら)春夫が連れて来た。

「芥川、僕ちやん(比呂志君)蒲原たちの四人は」いつもの小穴隆一独特の奇妙な書き方に気づく。後に「僕ら」とあるようにこの「四人」には小穴隆一が含まれている。「芥川、私、僕ちやん(比呂志君)蒲原たちの四人は」とすべきところである。

「輕井澤にゐて、このてらになかときぐんやぶれきてはらきりたりときけばかなしも、と言つてゐて氣色がすぐれず、僕の顏いろをみてゐた毎日のその芥川」以前の章前後を参照。

「僕は身なりが綺麗であつても馬鹿と步くのは恥づかしいと思ふよ」芥川龍之介は大正七(一九一八)年十月発行の雑誌『婦人公論』に掲載された諸家アンケートの回答の一つと思しい私の嫌ひな女で以下のように述べている(リンク先は私の《芥川龍之介未電子化掌品抄》テクストの一つ)。

   *

 要するに莫迦な女は嫌ひです。殊に利巧だと心得てゐる莫迦な女は手がつけられません。歷史上に殘つてゐるやうな女はどうせ皆莫迦ぢやない人だから、この場合ちよいと例にはなり兼ねます。それから又現代の婦人になると、誰彼と活字にして莫迦の標本にするのは甚失禮だから、これも同じく差扣へて置きませう。兎に角、夫人たると令孃たるとを問はず、要するに莫迦な女は嫌ひです。唯、莫迦と云ふ語の内容を詳しく説明する時間と紙數とに乏しいのは、遺憾ながら仕方がありません。

   *

とも述べている。]

« 小穴隆一「二つの繪」(37) 「影照」(12) 「女持ちの紙入」 | トップページ | 小穴隆一「二つの繪」(39) 「影照」(14) 「久米正雄・中勘助」 »